思いっきり。

70年代 家具も家電も暮らしにまつわるものは とてもカラフルでした。カラーテレビが普及したということもその影響かもしれませんが ポップで華やか 身の回りには色があふれていました。

レトロポップといえば 花柄のグラスやホーロー鍋、プラスチックでできたキッチン用品やポットや電子ジャーやトースターなどなど・・・思い出される家庭用品に良く見られるデザインです。文字通り 懐かしいものの代表みたいな感じで、どんな家にもありました。当時の電気屋さんや食器屋さんは さぞ賑やかだったことでしょう。家事に携わる奥様たちは その現代的なデザインや可愛いもので 家の中を華やかにして 来るべき新しい暮らしを夢見ていたのではないでしょうか。

その夢見るようなポップな感覚は 今でも私たちに 現代にはない明るさや可愛さ、何にも増して はつらつとした元気を与えてくれます。集めながら、普段使いするという方も少なくありません。

そんな 素敵な雑貨をより素敵に飾るには 当時のレトロポップな飾り棚が理想です。でも、意外と見つからないのが このタイプの家具。実際、在りそうでないのです。

Photo_2

しかも、水色・・・扉の窓のデザインも可愛くて、当時の大流行のデザインシールも綺麗に残っていて はがしてしまうのはもったいないのです。大切な レトロポップなコレクションを飾りながら使いながら 思いっきり楽しめそうです。

| | コメント (0)

そんな風に選べたら。

昨夜、テレビがあまりにも興味のないものばかりだったので リビングのポータブルプレーヤーで レコードを聴きました。

さて、何をかけようかと レコードを選ぶのですが 出しては仕舞いを繰り返すうちに、好きなレコードばかりのはずなのに 「今聴きたいもの」となると案外見つからないのです。家族も揃っていたので せっかくなら聞かせたいものを選ぼう・・・ただ自分が聞きたいというだけのものではないもの・・・2枚ほど選んで 針を落とします。30年ほど前に買ったレコードが 決していい音とはいいにくいポータブルプレーヤーのスピーカーから聞こえてきて・・・若い頃の感情が ふとよみがえってきます。何故この唄が好きになったのか・・・今も変わらない思いで 聴けること・・・いつでもそんな感情に触れられること・・・これからもずっといつまでも・・・。そんな風に思いながら音楽を楽しみました。

心に残る音楽・・・初めて聴いた時の気持ちを思い起こさせてくれるもの・・・そういうものはとても少ないけれど 人生の折に触れ、必ず存在します。出会えたことの喜びは きっと その時の感情を閉じ込めて置けるもの・・・。そう 思うのです。

音楽だけに限らず、暮らしを共にする道具も そんな風に選べたら・・・きっと素敵だな・・・そう思うのです。

Photo

| | コメント (0)

不思議なもので。

状態が とても良かったもので、古いままで 飾っていた文机がありました。いかにも 日本風なその佇まいのせいか しばらく売れずにいたので 思い切って塗装することにしました。本当は その元のままの姿をお楽しみいただきたかったのですが 古風で日本風なものは やはりうちには 似合わないのかもと再認識した次第です。

でも、塗装してみて 納得いたしました。古いものには間違いありませんが 色を塗ることで ある意味、洋風なものへと感じが変わったからです。これであれば ソファの前において センターテーブル代わりに使ってもいいのではないでしょうか。

ディスプレーは 色んな場所で出会ったものをごちゃごちゃと・・・でも、なんだかこの感じが 個人的にとても好きです。生まれた場所も 使っていた人もばらばらなのに こうして集まってみると なにやら楽しげです。一つ一つは がらくたなんですけれど。

不思議なもので 色を塗っただけで・・・がらくたを集めただけで・・・こんなに楽しげになるのですから。

Photo

| | コメント (0)

今年はここから。

新しい年を迎え、早一週間がたちました。お正月の間の飲みすぎ食べすぎで 少々お疲れ気味の方も多いかもしれません。この連休は その疲れを癒す絶好のお休みとなりそうです。

案の定、お店は いつにもましてのんびりムードが漂っていますが 新しい商品も入り、とても好きな店内となっています。そこで、久々に 店内を数枚の写真でご紹介しようと思います。

まずは 入ってすぐの医療棚コーナー。ファイヤーキングのピーチラスターのティーセットや フェデラルのマグも追加で入荷しています。

Photo

アメリカヴィンテージらしいポップな華やかさが大好きです。

で、窓辺のコーナーは ちょっとモダンに組み合わせてみました。コーヒーテーブルで味わうコーヒーは ソファでくつろぎながらとは 一味違う時間になることでしょう。ボーカル入りのスタンダードジャズを聴きながら カフェのひと時を・・・自宅にいながら。

Photo_2

何気ない懐かしい飾り棚も 飾り方しだいで こんなに可愛くなります。引き出しの 花柄プリントがいい感じです。

Photo_3

暮らしの中のファブリックは お部屋に温かみをもたらします。色とりどりで楽しみます。

Photo_4

プライベートな空間には 自分が好きなものを集めて・・・。懐かしさと可愛いいものに惹かれる気持ち、それは いつまでも心のどこかにあるものです。そんな大切な思いと暮らすこと・・・大事なのは それだけのような気がします。

Photo_5

今年のパスティーユは ここからスタートしていきます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

夢の途中。

いよいよ今年も暮れようとしています。今年も ご来店頂き、お買い物をお楽しみくださった皆様 本当にありがとうございました。夫婦ともども、心より御礼申し上げます。

お店も11周年を迎え たくさんのお客様との出会いがありました。ちょっと見の人には ご理解いただけない ちょっと変わった雑貨屋が今なお、こうして続けていられるのも 「何かおもしろいものないかしら・・・」と 御自分の価値観で暮らしの道具を選び、普段の暮らしを楽しく彩りたいという想いを膨らませていらっしゃる 一握りのお客様のおかげです。

私たち自身が 暮らしの中の雑貨というものの大切さを感じ、その大切さを共有してくださるお客様と少なからず出会えたことは、ただ雑貨を販売するお店では出来なかったことのような気がしています。お伝えしたいことを受け止めて、自分なりの考えを持って 行動してくださることに 私たちは 本当の喜びを感じます。それぞれの暮らしの中で 活かしてくださる雑貨・・・そういうものをお届けしたいのです。

私たちも素敵な雑貨のある暮らしを始めて ずいぶんと年月も経ちました。でも、自分たちが思い描く、理想の暮らし・・・そこに到達できる日は まだまだ先になりそうです。完成などないのかもしれません・・・。それでも そこに近づくために、まだまだ素敵な雑貨探しは続きそうです。そう・・・まだまだ 夢の途中なのです。

今年も今日が仕事納め。来るべき新しい年には いったい何が待っているのでしょう・・・。どんな素敵な出会いを重ねていけるのでしょう・・・。今から その出会いにわくわく心が躍ります。どうぞ 新しい年も変わらぬご愛顧よろしくお願い申し上げます。皆様に 良い年となりますよう 心からお祈り申し上げます。

新年 初売りは 1月4日(木)9:30~18:00 です。
しかしながら、今年は チョコホリックの商品がご用意できず、恒例の福袋を作ることが出来ませんでした。なので 福袋の販売はございません。でも、新年の初売りに お楽しみいただけることはないだろうか・・・と考えた結果、特別なものをご用意しようと思いました。

それが ファイヤーキングなどのアメリカのヴィンテージミルクガラスのマグカップです。新しい年を 新しいマグで、コーヒータイムのひと時を楽しんでいただけますように・・・という思いを込めて・・・。できる限りの数をご用意しましたので お好みの一品をあれこれ迷いながら 見つけていただければと思います。そして、うちのお店では 2度目のご紹介なのですが 素敵なケビント(医療棚)が入荷しました。嫌なにおいもなく、状態もとてもいいものです。このケビントに マグをずらっと並べて・・・う~ん。素敵です。是非、お気に入りの一品を見つけてみてください。

Photo

| | コメント (3)

小さめですが・・・。

もういくつ寝ると~お正月ですね。いよいよカウントダウンです。すでにお休みに入っているという方も少なくないでしょう。日頃の疲れをゆっくり休めて 新しい年を楽しく迎えてください。

うちのお店は 12月31日(日)~1月3日(水)までお正月休みを頂きます。初売りは新年4日(木)から通常営業となります。 

今日、新しい家具をお店に入れました。近頃 なかなか出てこなくなってきた家具です。扉付のキャビネットは 雑貨を飾るにも、食器棚にするにも 可愛く飾りながら収納できる素敵なものだと思っています。できれば 普段使いのものではなく 少し特別に感じているもの・・・そういうものを飾るためには ありがちなものでは その良さも半減してしまいかねまないと思っているのです。その方だけの空間にしていただけるように・・・そう願いを込めていつもリメイクしています。

今回のキャビネットは 割と小さめです。その分、収納量としては少ないかも知れません。それでも 大切にしているものを愛着を持って飾っていただくなら たくさんの夢をつめこんでもらえそうな気がするのです。

Photo

| | コメント (0)

食器も大切。

いよいよクリスマスです。準備のほどはいかがですか?プレゼントに チキンに、ケーキに 献立に・・・色々と大変です。

でも、それだけではありません。せっかくの料理を 素敵に演出してくれる食器も大切です。

うちは 季節問わずガラスの食器を扱っています。ガラスの食器は 夏向きなイメージがありますが そうではありません。キラキラする季節こそ ガラスの食器の出番なのです。

普段から素敵な食器をお求め頂いているお客様には 腕前を存分に発揮して素敵なテーブルにしてくださることでしょう。うちも、時々食卓に登場する 大事な食器の出番です。華やかですよ。

お料理も大切。そんな気持ちのこもった料理を盛り付ける食器も とても大切です。クリスマスの夜を素敵に彩る食器にもの足りなさを感じたら・・・どうぞ、見にいらしてくださいね。

Photo_3

| | コメント (0)

あの頃のワクワクを。

気がつけばもうすぐクリスマス。娘へのプレゼントも用意して なんとなくクリスマスの準備は進めていたけれど、子供の頃のような ワクワク感は 感じなくなっています。大人になってからも かみさんとのクリスマスは お互いにプレゼントなど用意して 心躍る楽しいものでした。娘も小さい頃は 喜ぶ顔が見たくて 同じようなワクワクを感じていたものでした。

小さかった娘も成長し、もうすっかり大人。プレゼントもきっと大喜びしてくれることだろう・・・と楽しみではありますが なにやら今までの自分の気持ちとは 少し変化してきていることに気付きます。

それは・・・きっと、自分自身が子供の頃感じていたようなワクワクした気持ちを感じられなくなっているからなのです。それもそうです。私もすっかりおじさん。ただ、のどから手が出るほど欲しかったおもちゃを待ち望む年ではありません。クリスマスは 家族で過ごせれば いい日へと変わってきたのです。しかも、娘もいつまで 親と一緒に過ごしてくれるか・・・なんてことを考えると 少し寂しさもあいまって・・・感慨深い行事へと変わってきているのです。

でも、せっかくのクリスマス。あの頃のワクワクを思い出して、そんな気持ちで迎えられたらいいなと思うのです。そんな時ふと目に留まったのが これです。

Photo

大嫌いだった病院の診察室で 青白い光を放っていた存在。中に置いてある 診察器具が妙に綺麗で・・・格好良く感じて・・・その時 欲しくてたまらなかった「変身サイボーグ」というおもちゃを連想していました。スケルトンのボディの中は 機械になっていて 色んなヒーローに着せ替えできるというおもちゃでした。悪役や相棒の動物もサイボーグという未来的でSFチックな世界観は とても魅力的でした。ストーリーを考え、遊ぶ・・・遊びは創造ということを体験させてくれたおもちゃだったのです。

そんな気味もちをふっと蘇らせてくれて、少しだけ あの頃のワクワクを思い出し クリスマスを楽しむ気持ちがわいてきたのです。こういうことかもな・・・と思い出せてよかったと思いました。皆様も 素敵なクリスマスをお迎えくださいね。

ちなみに 中の蛍光灯を普通のものに変えてあるので、お気に入りのコレクションを飾る特等席にいいかもしれません。工夫する楽しさはまさに創造。おもちゃと同じワクワクする感覚です。

| | コメント (0)

なんだろうこの違和感・・・。

先日、キャビネットがお嫁に行くことが決まったため 新しい家具を探しにいきました。

いつもお世話になっているその場所は 明かりの届かない薄暗いスペースがあり そこを目を凝らして見ていると、「なんだろうこれ・・・」という不思議な感覚のものが置いてあったのに気付きました。

明かりの届くところまで引っ張り出し、よく見て見ると わりとありがちな引き出しつきの小さなテーブルでありました。木目の化粧版の天板は 比較的良く出会う古い家具にありがちなデザイン。ところが 「なんだろうこれ・・・」と感じた違和感は ありがちなタイプとは明らかに違う作りにあったのです。丸く加工された脚も 見たことの無い太さ・・・引き出しの大きさも、どこかが違う・・・。そして 電話台などでよく見かける引き出しつきの飾り棚も、「なんか変だ・・・」と感じました。持って見ると 結構重い・・・あまり見かけない材質は 天然木で 合板ではないし・・・引き出しの表現も 見たことの無いデザイン・・・。

お店の雰囲気を変えたいという思いもあり 持ち帰ることにしました。で、よくよく観察すると・・・引き出しの中に どこか誇らしげな金属のプレートが張ってありました。そのプレートには “NEW YORK”のエンボスが・・・違和感の正体は 日本のものではなかったからだ!というものでした。材質が違う、デザインが違う、ネジが違う、釘が違う・・・そんなことで感じた違和感だったのです。そのいずれもが アメリカ製の家具。年代ははっきりしないけれど ミッドセンチュリーの雰囲気漂うデザインは おそらく’50~’60年代のもの。どこでどうして こうやって巡り会えたのか・・・出会いはやはり不思議です。

外国では ナイトテーブルという家具があります。ベットの脇に置いたり、ソファの横においてスタンドなどを置いたりするわけです。

そこで、日本製ですが 古いテーブルランプを置いてみました。モダンなデザインがぴったり、しっくり来ます。ミッドセンチュリーのデザインが 日本にも入ってきていたということですね。ちゃんとデザインされたものは 美しいものです。

日本の家具とは ちょっと違う雰囲気・・・そんな素敵な違和感を感じながら 日々の暮らしを送る。なんか 憧れます。

Photo

| | コメント (0)

お休みのお知らせ。

明日、12月13日(水)はお休みを頂きます。

お休み明けには きっと素敵なものをご紹介できることでしょう。
お楽しみに。

| | コメント (0)

«指折り数えて。