まどろむ。

私は 冬の間、アクティブなお楽しみが何もありません。スキーやスノボ、外遊びは 一切せず ただひたすら 耐え忍ぶ日々を送るのです。何かしら楽しみでもあれば 冬も悪くないと感じるかもしれないけれど 寒いのがやはり苦手です。

2月もはや 終盤を迎え 日差しも春を感じるようになってきて、文字通り 目の前がパッと明るく、華やいでくるような気がします。こんな日差しが覗く日は 春の到来を喜び はしゃぎまわる気分ではなく、どこかほっとした 穏やかな気分になります。お茶を飲みながら 暖かい日差しを浴びて ゆったりとまどろみたくなるのです。まだまだ 深い雪の下に眠る植物たちの 生命力や綺麗に花咲き誇る その姿を頭の中で 思い出しながら・・・。ようやく訪れる春を 遠くの空に思い描くのです。

冬のイベント「冬のマルシェ」も残すところ あと一週間となりました。ゆったりとした時間の中で 素敵な何かと出会いにお越しください。どんな出会いが待っていることでしょう・・・。

Photo

| | コメント (0)

普段着が似合う。

古いものには 味わいがあります。時間が積み重ねた 味わいです。

人はそれを 時にはぼろいと言ったりします。人それぞれの感覚であることは 言うまでもありませんが 私には 古いものが 感覚的にしっくりときます。新しいものの方に 違和感を感じるのです。

暮らしの背景に あるものは ごく日常の自然な風景でありたいと思います。肩の力を抜いて 自然に振舞える暮らし。着馴染んだブロードのシャツに ほつれのあるジーンズ・・・。自分らしい日常です。

高級家具に囲まれて、よそよそしい格好では 居心地悪く、自分らしくありません。だから、家に居てリラックスする時は 着るものも、その背景も 普段着中心の考え方です。

Photo

小さなテーブルを ジャンクに塗装してみました。スパイスラックも 自然な風合いです。普段着のお洒落に 似合いそうです。

| | コメント (0)

もの想う人に。

雑貨は 人が暮らしてきた中に それぞれの時代背景にあわせ作られ続けています。必要不可欠なものもあれば、なぜ買ってしまったのだろう・・・と流行に流され 飛びついたものもたくさんありました。

その時代時代に 雑貨は 色んな流行をもたらし、様々な 暮らしを支えてきたのです。

現代においても その傾向は 昔と変わらず、様々なものが生み出されています。インパクトの強いもの。シンプルなもの。派手なもの。可愛いもの。便利なもの。などなど・・・。作る人の考え方や 思いは 色んなものを生み出しています。でも、それらを 受け取る側としては 選ぶ理由を持っていたいと思います。衝動でいい場合と そうでない場合を分けておくことも 必要な気がするのです。

チョコホリックの雑貨は 懐かしさを感じられる可愛さにあふれています。パッと見の可愛さではなく、じっくりと見つめれば見つめるほど 色んな感情と触れ合えるのです。折りしも この時期は 出会いと別れ、新しい旅立ち、希望や不安・・・色んな もの想う事が増える時です。誰しもが 進む先に明るい日差しが注ぎますように・・・願う時であります。

雑貨にも そういう気持ちを後押ししてくれる作り手の想いが込められています。せっかくなら そういう想いを感じられるものを選んで欲しいと思うのです。勿論、何を感じるかは自由です。ただ、可愛い。それでもいいでしょう。でも、もう少し ゆったりとした気分で見てみると きっと、湧き上がる気持ちを確かめられるような気がします。もの想う人に おすすめの雑貨です。

Photo

追伸
イベント中ですが15日(水)はお休みをいただきます。まだまだお買い得品もたくさんありますので ゆったりした時間をご用意してお待ちしております。

| | コメント (0)

風景を作る。

雑貨に興味があるということは 暮らしの空間を自分流に演出するという事にほかなりません。正直、雑貨など無くても何の支障もなく生活できますし ほとんどの方は 普段の生活の思考の中には 無い、もしくは 考えても どうすればいいかわからないと お考えの方が多いような気がします。

少しだけ努力して 暮らしの空間を素敵に出来ないだろうか・・・と考えることは、決して無駄なことではないと 私は思います。人の数だけ独自の暮らしがあり、人それぞれが 考えてみるしかありませんが、想いは 自分にしか問いかけられず、その答えは 問いかけたぶんだけ きっと素敵な何かを生み出すに違いないと思うのです。「こうだったらいいのになぁ~。」と思い続けることには 何一つ無駄はありません。おそらく、生き方にも通じる何かを気付くことが出来るのでは・・・と思うのです。

音楽を聴くことも、映画を観ることも、本を読むことも、美味しいものを食べることも、芸術を愛でる事も・・・自分の想いを形作るものとして、楽しみたい。その 一部として 雑貨はあるような気がするのです。

お部屋の 少しの空間を利用して 好きなものを飾り、好きな風景を作ってみる。ただそれだけで 自分の想いを目にすることが出来るのです。

オリジナルのシェルフを作ってみましたが ご要望があれば 必要なサイズで、ご希望のデザインで お作りるすることも出来ます。どうぞお気軽にご相談下さいませ。

Photo

| | コメント (0)

始まります。「冬のマルシェ」

節分も過ぎて、市内各所で 排雪も進んでいます。春の入り口・・・まだまだ寒さは続きますが ちょっとだけ春の雰囲気を感じるようになってきました。

そんな 少し気分も軽くなってきたこの時期、恒例の「冬のマルシェ」が始まります。今年は 新しいもの、古いもの取り混ぜて セールを行います。店内に ディスプレーされた商品に 数々のお買い得品が隠れています。一部、除外品もありますが 赤札商品を多数ご用意しています。

『冬のマルシェ』   2017年 2月6日(月)~28日(火)
  
                *2月15日(水)はお休みを頂きます。

ゆっくりと散策しながら お気に入りの雑貨をお得に探すような感じで・・・お楽しみいただければと思います。さらに、1000円以上お買い上げいただくと 『オフチケット』が必ず当たる抽選会も開催!通常営業の時に ご利用くださいませ。

冬のロングランイベント「冬のマルシェ」。この機会をお見逃しなく!!

| | コメント (0)

お店のような。

久しぶりに 小さめのショーケースを作ってみました。小さめとはいえ 細かい作業の連続で 都合2週間ほどかかって やっと完成しました。全面ガラスで 昔風に作ったので 出来立てなのに すでに古臭い感じです。

ショーケースは 大切にしているものを 飾りながら眺められるから、コレクションしている人にとっては 無くてはならないものです。うちにも そういうものがたくさんあるので ショーケースがリビングの大部分を占めています。

そのほとんどが 昔 パン屋さんで使われていたものや、商店の什器として 又は 病院の医療棚として 使われていたものです。文字通り、品物や 探し物がすぐに見付けやすいよう ガラスで覆われているので 見栄えがとてもいいのです。古い食器も 古いおもちゃも埃をかぶらず綺麗なままで 収納できるので、何台あってもいい家具なのです。

でも、元々は パンやお菓子が入っていたことを考えると ショーケースの使い道は 普通の家においても 使える幅が広がるのではないでしょうか。

写真を撮るために 「何を飾ろうかな~」と物色していたら かみさんが・・・「お菓子を飾るのいいんじゃない。」って言いました。マフィンをオールドパイレックスの器に入れて・・・。焼き菓子なら 乾燥も気にせず 入れておけそうです。飾るものばかりしか考えていなかったので、目からうろこの出来事になりました。

確かに 何だか美味しそう・・・。お店のような 使い方もいいかもしれません。

Photo

| | コメント (0)

模様替えのススメ。

冬は ほんとに苦手です。寒いし、仕事もはかどらず 切なくなってきます。お店も お正月明けのまったりした空気から 抜け出す道筋が見えません。

お店に動きが無いものだから どうしたものか・・・と考えるばかりで 何も出来ずに居りました。でも、このままではいられないと 覚悟を決めて、店内の模様替えをすることにしました。

一箇所動かせば それだけでは終われず、あっちもこっちも手をつけざるを得ないので 模様替えは 一日がかりの作業になります。心にある 素敵な場面を思い出しながら それを目指して飾っていくので 小物が散乱し、いつ終えられるか 途方も無い作業となるのです。

それでも、何となく形が決まってくると それまで心を占めていた喪失感は 自然と消えていて、むしろわくわくとした 明るい日差しが見えてきます。お店の レイアウトを変えたからって 特に 何かが起こるなんてことは ありません。でも、明らかに 自分の気持ちが変わるのです。

その場面を見た瞬間、「ここでどんな暮らしをしてくれるのだろう・・・。」そんなことを 思い描くだけで 嬉しさがこみ上げてくるのです。「ただの 模様替えで そんなこと・・・」と思われるかもしれませんが 皆さんのご自宅でも きっと同じなんだろうと思うのです。

おお事にするのは 大変でしょう。でも、家具を少し移動するだけで、小物をちょっと飾るだけで・・・お部屋は 新鮮な空気に満たされます。そんなことで 気持ちがちょっと変わるなら 是非とも やってみるべきだと思うのです。

窓辺には 外をゆっくり眺められる環境があるといいです。春のお庭を想像しながら ゆっくりとお茶を楽しんだり・・・

Photo

子供たちにも 懐かしいものに触れて欲しくて・・・遊びながら ものを大切に使うことを知って欲しくて・・・・・といいながら 本当は そういう姿を眺めているのが嬉しくて。

Photo_2

自分も 何かをしたいけど・・・何をしようかしら。そう思ったとき 環境は大切です。素敵な何かを生み出すには 素敵な環境で暮らしたい。原動力は そんなことにあるような気がします。個人の空間があれば 出来ること見つかるような気がします。

Photo_3

新しいものを取り入れるのも いいことだけど、今ある環境を思い描く方向に 変えてみる。大変だけど きっとわくわくすることが 見つかりそうな気がします。模様替えは おススメです。

| | コメント (0)

早変わり。

お正月は とっくに過ぎてしまいましたが わたしが子供の頃、親戚一同集まって 本家で賑やかな 正月をしていました。この時期になると そのことを思い出してしまいます。

とにかく大人数の集まりなので テーブルも一つや二つでは足りず、台になりそうなものを引っ張り出してきて テーブル代わりにするなど それはそれは 迎える方とすれば 大変な準備をしていたものだと 思い知らさせれます。すでに、そんな集まりもなくなって久しく・・・あの頃が 懐かしくもあり、心に残る思い出です

私は 友達も居ないので 家に人をお招きすることが ほとんどありません。近所の仲良しさんも お互いの遠慮みたいなものがあり、よほど 何かがあって誘わなければ そんな集まりも無いのです。それに 狭い部屋に大人数をおもてなし出来るほどのスペースもありませんしね。人が集まる家は 賑やかで いいなぁ~と思うけど 昔のお爺ちゃんのような ことは 私には出来そうもありません。

それでも、将来を見据えて 広いテーブルがあるといいな・・・と思い、一つ用意しましたけれど、娘に家族が出来たら・・・そんな時が来る時まで 出番はまだまだ先です。

そのテーブルと同じスタイルの こんなテーブルがあれば きっと 不意のお客さんにも 対応できることでしょう。

最初は 2~4人で座れる 真四角のテーブルです。
Photo

スペースも最小限で 置けるテーブルです。でも、不意のお客さんが来る!ってなった時は・・・
Photo_2

2倍の広さのテーブルに早変わりします。これであれば 6人まではいけそうです。一台のテーブルが 急に大きなテーブルになるなんて ちょっとすごいと思います。

ただ、あくまでも中古品なので 天板は たくさんのシミがあり決して いい状態とはいえません。でも、クロスを敷けば そのシミも気になることは無いでしょう。それに、天板の下には 棚板もついていて 何だか素敵な感じです。脚にキャスターが付いていると言う事は 移動も楽々と言うわけです。今の家具屋さんでは見かけないデザインです。

Photo_3

本当なら 一般の ご家庭で使っていただきたいけれど お店などのディスプレー用のテーブルにしても いいかもしれません。その時々で 大きさを変えられますからね。でも、うちのお店には そういうお客様は いらっしゃいません。あくまでも 普通のご家庭で お使いいただく為に、気に入ってくださる方を 待つのみです。

見付けてく下さる方は はたして現れるのでしょうか・・・・・何気に ディスプレーしてあるものですから 見える人にしか見えないのですよね。

| | コメント (0)

春の準備。

センター試験が終わりましたね。うちの娘も 受験しましたが まだまだ気を抜けない状況が続いていて 親もふわふわと落ち着かない日々を送っています。受験生をお持ちの親御さんは 皆そうなのでしょう・・・子供の頑張ってきた姿を見続けてきたわけですからね。

子供たちが歩む道・・・温かく見守るしかないのです。

寒い冬が終われば 春がやってきます。いい知らせが届くことを祈って 静かに待つしかありません。

お店も そんな春を前に 新作が届いています。チョコホリックからは 新生活を始める方に ぴったりの雑貨が届きました。

Photo

「ふんわりランチボックス」は 蓋が平らじゃないので 作りたての見た目で 「いただきます!」できます。のり弁のはずなのに のりが無い・・・蓋をひっくり返すとくっついていて・・・ということもなくなりそうです。

ハートのコインケースとパスケースは チョコレートの型押しで、チョコ好きの女性の朝のテンションをちょっと上げてくれるかもしれません。

新しい季節と新しい環境・・・新生活の準備には チョコホリックが一役買ってくれそうです。

| | コメント (0)

雑貨感覚で。

低学年用の学校の椅子をリメイクしてみました。両方とも小さな椅子ですが 微妙にサイズが違います。

ペールグリーンはお兄ちゃん用。ベビーピンクは妹ちゃん用。二人並んで 絵本を読んでるイメージで リメイクしました。

実際に小さなお子さんが居なくても 花台にしたり、靴を履くときの腰掛にしたり・・・用途は色々です。何より こういう可愛いものがあるお部屋の景色は 何だか和むものなのです。

こういうものでも 一応は家具です。家具を買うときって 雑貨を買うような感覚とはちょっと違います。でも、あれこれ お部屋をイメージしてみる時、家具だって きっとその一部分です。雑貨感覚で 楽しんでみてはいかがでしょう。

お店にある家具も しばらく店頭にあるものの価格を見直して、少しお値下げしてみました。きちんと手直しし、不具合無く 長くお使いいただけるものばかりですが 家具というよりは 雑貨感覚。そんな気分で 見ていただけたらと思います。

Photo  

| | コメント (0)

«不思議な感覚。