たった一つの出会いから。

うちは雑貨屋ですが 古い家具も取り扱っています。そのどれもが古い家具をリメイク、もしくは徹底的に綺麗にしたものばかり。しかも、ただ並べるだけではなく まるでお部屋に置いてあるようにディスプレーしています。古い家具に抵抗のある方も、その魅力に触れていただきたいし、その一つ一つの家具が持つ個性により この先、どういう暮らしをしていきたいかを考えるきっかけになると 知って欲しいのです。

暮らしが新しく始まるとき、ほとんどの人は あれもこれも一度に買い揃えてしまいがちです。いろんな方のお話を聞いていると 買ってしまったものは仕方が無いから・・・と言う理由で諦めてしまう方も多い気がします。えてして、そういう家具は あるのが当たり前になってしまい 使う喜びや、もっと素敵にするには どうしようかな・・・と言う気持ちさえも湧き立たせることを出来なくしてしまっているような気もします。身近なところで ちょっと素敵な暮らし方をしてみたい・・・と言う気持ちを自分の中から引き出すことは 生きるうえで決して無駄なことではないのではないでしょうか。

滅多にいない魅力的な人は 何が魅力的なのでしょう。きっと興味のあることに真剣に取り組み、その楽しさを知り 常に自分を高めることをしているからではないでしょうか。そういう人が滅多にいないのは 仕事をするという労力以外の力を出そうとする人が少ないから。自分が何に魅力を感じるか分からないから・・・そんな風に思います。魅力的な人は 自分の好きなことを知っていて、それを身の回りでも表現できて、作り上げたものに自信のある人なんだと私は思います。でも、その想いや行動は そこに目を向けなければ見えてこず、黙っていては生まれっこないものです。だから大変であることを知りつつ、喜びに変えることが出来るのだと思うのです。

流行の洋服に身をゆだねることより 大切なことが身の回りにはたくさんあるのだと私は思います。そうして積み上げていったものが きっとこの先の自分を作り上げていくものだと私は信じます。だから、見逃して欲しくないし 諦めずにいて欲しいと思います。

どんなスタートでも始めは たった一つの出会いからです。私も こんな暮らしをしたいと思い 初めて手にしたのが 一台のミシン脚のテーブルでした。それから 一つ一つ大事なものが増えていき、古いものに囲まれて 自分らしく暮らし続けています。そして それはこの先もずっと続いていきます。そこで暮らす自分がどんな風に生きていき、何が残せるのか・・・それが生きる目標となっているのです。

だから、個性的な家具はとても重要だと私は思っています。見てくれではなく、使う人の気持ちにどんな思いが浮かぶのか・・・そこが重要なのです。うちは 可愛い雑貨も好きなので こんな可愛い椅子にも とても魅力を感じます。曲げ木の背もたれが少し華奢な印象ですが とても素敵なデザインです。シックなものがお好きな方には 秋田木工のウィンザーチェアや飛騨の家具の椅子もあります。同じ机やテーブルでも 置く小物や椅子のデザインで 自分らしい使い方が出来ることでしょう。

身の回りのものを一気にそろえることは自由ですが 私はあまりお勧めしません。(お店としては大歓迎ですが・・・)それよりも 一つのこの上ない出会いから始まることを 長く暖め続けることのほうが 自分自身に大切なものを気付かせてくれるのではないか・・・そう思うのです。

Img_0020

| | コメント (0)

オレンヂ /「秋の夜長のライトフェアー」開催。

最近は見かけなくなりましたが 昔、オレンジはオレンヂと書いてあったのをよく目にしました。ガムとか飴のパッケージに書いてあったからです。そんな綴り方の違いだけで オレンヂ色は私にとって 懐かしさの象徴のような気がします。

外で遊びまわっていた子供のころ・・・虫取りに出かけて 思わぬ大物と出会った帰り道、日が沈む前の夕焼けの色。八百屋さんの色とりどりの野菜を照らし出す裸電球の温かな明かりの色。それこそ 初めだけ甘い 駄菓子屋のガムのパッケージのオレンヂのイラスト・・・。オレンヂという色と チに"の綴りは まさにあの頃に連れて行ってくれる色なのです。

インテリアにオレンジという色を取り入れようなんて考えない人にとっては ただの派手な色としか映らないかもしれません。でも、インテリアに・・・というか 自分の暮らしに何を求めるのか・・・と考える人にとっては 欠かせない色だと思うのです。

こんなにも温かく、懐かしいものの魅力を引き立ててくれる色。それが 夜の暮らしの中心で そこで暮らす人に何を映し出し、見せてくれるのか・・・インテリアに照明は大切と思っても こんなに実感できるものはないような気がします。

何故か お店にはオレンヂの照明が集まってきています。一つ一つご紹介します。

まずは フレキシブルのデスクライト。好きなところを照らせるので 勉強は勿論、手作業をする人にとっては必需品です。

Photo_20191013140401

オレンヂ色の照明といえば やっぱりこれです。花柄のグラスやポップな食器やインテリアには こんなお花のようなデザインの照明がぴったり合います。明かりがついていなくても可愛く、照明はインテリアの一部と実感できます。

Photo_20191013140402

オレンヂの照明は ポップな部屋にしか合わないとお考えの方・・・そうではありません。オレンジの照明は シックでモダンなインテリアにも合うのです。オレンジのガラスに木のシーリングの組み合わせ。私にはモダンに感じます。

Photo_20191013140404

今となっては こういう照明は作られなくなっています。時代によってインテリアに何を求めるかの違いなのでしょう。一度選んでしまったら それっきりになりがちなのが照明です。暮らしの場面で 何か物足りなさを感じるとしたら それは明かりかもしれません。オレンヂという色は突飛な気もするけれど、この明かりの温かさは きっと素敵な思い出をよみがえらせ、この先の暮らしを心に刻んでくれるような気がします。

Photo_20191013140403

 追伸

10月16日(水)より「秋の夜長のライトフェアー」と題して 店内の照明類全品20%OFFセールを行います。

日暮れも早く、夜が長くなるこれからの季節・・・素敵な照明で いい時間をお過ごしください。

| | コメント (0)

期待の対象は・・・。

ショッピングモールの食器売り場を覗いてみました。耐熱食器が綺麗にずらっと並んでいました。昔も今も 調理には欠かせない耐熱食器ですが 昔のデザインをたくさん知っている私には 少し寂しく感じられました。調理器具ですから 余計な装飾は時代にそぐわず、また リスクを回避する理由から 昔のような花柄をあしらったり、デザインを施すことをやめてしまったのでしょう。長い歴史を刻んできた 日本製パイレックスの製造も終了してしまいましたし、いまは その会社も独自の製品を展開し、また本家パイレックスは 日本でのライセンスによる製造をやめ 自国で生産したものを輸出しているようです。でも、私の目には さほど変わらぬもののように見えてしまいます。どちらも 透明で変わり映えしないからです。

1970年代初頭、日本のガラスメーカーがパイレックスとライセンス契約を結んだことで 日本オリジナルのパイレックスの歴史が始まりました。最初は 輸入した無地のものにプリントを施すところから始まり、のちに 日本製パイレックスに独自のデザインを施し さまざまなラインナップを作り出してきたのです。

和食中心の食卓から 西洋料理へ・・・オーブンやレンジの普及とともに 耐熱ガラス食器は食卓に欠かせないものとなりました。結婚事情も変わり 核家族化が進んだのもこの頃。働く夫のために 手料理を・・・と主婦たちは 新しい家電を手に、洋食に取り組み始めたのです。だから 耐熱食器は結婚祝いの贈り物にとても重用されました。時代の先を行く 贈り物だったのです。レンジやオーブンも廉価版が登場し 広く普及し、それとともに耐熱食器も 広まったのです。

今や、レンジもオーブンもあって当たり前の家電となってしまいました。だから 耐熱食器もただの道具的な感じです。家族を想い 調理する人の気持ちは いつの時代も同じだけれど、考えてみると 何やら昔のほうが 面白かっただろうな・・・と思わずにはいられません。

かつて、みんなを楽しませたい!と もの作りしていた企業と 今の企業・・・なにが変わってしまったのでしょうね。いや、変わったのは消費者の意識かもしれません。一言で言うと そういう時代なんですね。でも、私は 悲観していません。新しいものに期待せずとも 私には 昔のものに対する期待がありますから。

Photo_20191008154701

写真は 日本最初のオリジナルパイレックス。「サワー」というシリーズです。キャセロールやミキシングボウル・・・様々なラインナップで登場しました。普段使いにとても重宝しますよ。

10月9日(水)明日はお休みをいただきます。仕入れに出ますので、昔のパイレックスと出会えたらいいな・・・と思っています。

| | コメント (0)

可愛いだけではないのです。

昔の食器は デザインも豊富で可愛いものがたくさんあります。その時々の流行を反映し、色んなデザインが生み出されました。そんな中から 私たちは 自分の好みのものを選ぶことが出来る楽しみを たくさんの方に知って欲しいと思っています。

見た目の可愛さは 勿論ですが 昔の食器は 実は可愛いだけではないのです。

Photo_20191004163201

懐かしいと感じる一番の代表は ホーローのお鍋。今でも現役で 使い続けているという方も多く、おばあちゃんの台所を思い出させる存在だからです。良いものは長く使えるという代表でもあります。黄色からオレンジのグラデーションドットが可愛いお鍋は ノリタケ製。あの陶器で有名なノリタケです。

手前のガラスのふたつきキャセロールは パイロセラムの超耐熱ガラス。直火に使えるガラスなので その使い方は 日本で言う土鍋と同じ、熱が冷めにくい特長を生かして、食卓での鍋料理や おでんにもぴったり。おでんセールで買ってきたおでんを食卓で温めながら・・・冬の食卓ですね。

お花のポットも ノリタケのプログレッションです。陶器でありながら 直火にも使える丈夫な陶器です。お湯が冷めにくいのだと思います。

こんな風に、見た目の可愛さだけでなく それぞれ特徴があるわけです。その特性を知り 暮らしで生かせれば きっといい物だってご理解いただけることでしょう。でも、やっぱりこの可愛さが選ぶ理由なんだと思います。

 

| | コメント (0)

一息の時間を。

毎日の忙しい合間の 一息の時間大切にしてますか?

美味しいお茶やコーヒーは勿論ですが そんな飲み物を飲む道具もとても大切だと思います。一息の時間は さぁ また頑張ろう!と意欲を呼び起こす時間。美味しいお茶もちょっと素敵な道具も どちらも大切なのです。

マグカップもいいのですが 時には こんなティーカップで紅茶を楽しむのもいいかもしれません。ファイヤーキングのアリスというシリーズのティーカップです。

Photo_20191004160601

アリスは ファイヤーキングの初期のシリーズで 1945~1949年に製造されました。その後の がっしりとしたミルクガラスとは違い、生地が薄く 繊細です。花柄の模様があしらわれ すごく優雅な印象です。紅茶にたっぷりのミルクを注ぐと ジェイドカラーが光を優しく透かし、柔らかな時間へと誘ってくれるようです。忙しい合間の 一息の時間を きっと次に向かうためのいい時間に変えてくれることでしょう。

| | コメント (0)

什器。

商店にとって什器は とても大切なものでありました。扱う品物をいかに良く見せるかにおいて これ以上重要なものはありません。

例えば 子供のころのおもちゃ屋さんには 人気のおもちゃがきれいに並んだショーケースがあり それは ちょっとやそっとで 簡単に手に取れるものじゃないんだよ~という扱いがされていて・・・そこに憧れを感じましたし、スポットライトの明かりを受けキラキラと光り輝き・・・とても魅力的に感じられたものでした。宝石店の高級品のような感じがしたものです。

駄菓子屋でも 可愛い什器に掛けられたた人気のお菓子が天井からぶら下がっていましたし・・・その商品の魅力を引き出して、きっとたくさん売れたことでしょう。

そんな風に 品物の魅力を引き出し 売り上げを左右する重要な役割を担っていたのが 什器という存在なのです。昔の什器は 商用ということもあり 簡単に壊れてしまうものは敬遠されるため 頑丈に出来ています。ゆえに 今の暮らしに応用できれば この先ずっと使っていくことが出来るでしょう。ガラスケースのようなものであれば 使い道もたくさん想像できそうです。でも、あるものの専用什器に関しては その使い道も限られてしまうでしょう。それが この什器、花や野菜の種のラックです。

Photo_20190929162101

種の袋は ポスカードよりも小さく もし、ポストカードを入れるならギリギリです。なかなかうまくいきません。でも、種を売る人がいるとすれば 味気のないプラスチックの什器に入れられた種より ずっと雰囲気は良くなり、売り上げも上がるかもしれません。種の魅力を引き立てるそんなかっこいい什器なのです。もし、違う使い道を与えてあげられるとしたら・・・この什器にしかない いい雰囲気を醸し出してくれることでしょう。

 

| | コメント (0)

余計なものほど面白い。

自宅には たくさんの可愛い食器があります。すべてを使いこなしているわけではありません。 「今手に入れておかないと もう出会えないかもしれない。」という想いで 買い集めたものの方が多いかもしれません。

正直、食器なんて ご飯茶碗とお椀とどんぶり、お皿や小皿、少し深めのカレー皿、割れにくいグラスがあれば 食事に困ることはありません。物を持たない人は こういうところで必要なものだけを持つ暮らしをお選びになっていることと思います。そういう暮らしを選ぶことも自由だし、いつ使うか分からないけどたくさんの食器に囲まれながら暮らすことも自由です。うちは たまたま素敵で可愛い食器を集めることが趣味というだけのこと。家族の誰にも理解されないものを集めるより よほど楽しいといえます。

家具もそうです。テーブルと椅子と食器棚、ソファーとテレビ台、ベットとたんすがあれば 充分に暮らせます。でも、それだけでは どこか味気ない・・・。その味気なさを味気あるものにするには 自分の中にある“素敵”を追い求めてみることではないでしょうか。

そのためには 自分だけが いいなと思えるものをお部屋においてみること。つまり、必要ではないもの・・・余計なものといえば 語弊がありますが 必要最低限から 少しだけ遊びが感じられるものという意味で 余計なものにこそ 暮らしを楽しむ要素が潜んでいるのです。

うちには ある意味、暮らしにとって余計なものがたくさんあります。だからといって 贅沢などでは決してありません。たくさんの食器も、ちょっと変わった家具も 暮らしを楽しむための余計だけど必要なものではないでしょうか。でも、そういう余計なものにこそ 暮らしを面白くするヒントが隠れているのだと思います。自分の中にだけある“素敵”と出会っていただければ・・・そんなに嬉しいことはありません。

Photo_20190927121701

| | コメント (0)

同じお部屋でありながら。

リビングが広いお部屋の方 結構いらっしゃると思ます。最近のお子さんは 自分の部屋よりも リビングで 家族がいる中で勉強するようです。そんな家族が集まる部屋を 広く取りたいと思うのは 今の時代の必然かもしれません。

テレビがついていて よく集中できるものだと感心しますが 娘もやはりそうでした。勉強が苦手だった私の時には考えられないやり方・・・せめて集中しないとと思って自室にこもって一夜づけのテスト前夜でした。

さて、そんな広めのリビング。皆さんはどんな配置で家具を置いていらっしゃるでしょう。ソファやテーブルは お部屋の中心にあり、テレビが見やすいように・・・。というのが普通の考えです。うちも帰ってのお楽しみはテレビなのでソファとテーブルは部屋の中心です。

だから、わりとそれ以外の家具は 壁につけるのが当たり前になります。リビングに入ると部屋全体が見渡せる。そんな配置の方が多いのではないでしょうか。案外、ソファやテーブル以外の家具を壁以外に置くという発想自体が あまりない気がするのです。

例えば 机などはやはりどうしても壁に向けて置きたくなりますが 外国のインテリア雑誌などでは 机がお部屋の真ん中にあったりします。窓に背を向けるのもよし、少し離して窓に向けてもよし・・・外国はお部屋に余裕があるからそんな置き方が 普通に見られるのかもしれません。余裕のない日本の住宅には ない発想です。

でも、もしリビングが広かったらソファやテーブル以外の家具を間仕切り代わりに置いてみると 部屋の雰囲気が一変するかもしれません。一つのお部屋に違う空間が現れるのです。ちょっと仕切られているだけで 小さなお部屋にいる感じになります。新しく 引き出しのみの家具をリメイクしました。背は低いのですが カウンターにもなりそうだな・・・と思いながらリメイクしました。お店では 机の空間を仕切るように、上にガラスのショーケースを置いてみました。机に座る感じがだいぶ違います。同じ部屋でありながら こっちとあっちではで 居られる感覚が違うのです。

秋物への衣替えの時期でもありますし、ちょっと発想を変えて・・・お部屋の模様替えも楽しいかもしれません。

Photo_20190922162501

| | コメント (0)

ほっては置けなくて。

買取にうかがった時、古いたんすを見つけました。処分したいということで お安く分けていただきました。

少し傷みがあり、引き出しも引っ掛かりがあったのですが、こういう古い家具は 出会いも少なく、また ただ処分されてしまうのは あまりにも惜しく、 手間はかかるけれど 何とか再び使えるようにしてあげたいと 思ってしまうのです。でも正直、そんなに引き合いのあるものではないですし お店においても ただの場所ふさぎになってしまうかもと考えましたが 不具合を直して、なおかつ 生かされることがあるのであれば リメイクの意味もあるのではないかと考えたのです。

おそらく、実際のたんすとして使うには よほどの古いものに対する理解がないと難しいでしょう。そして、ちゃんとした役割を与えてあげられない限り それこそ場所ふさぎにしかならないのです。

でも、きっと 誰でもじゃ無いにしろ きっと役割を与えてくれて 大切に使い続けてくださるかたもいるのではないか・・・と淡い期待も捨てることは出来ません。こうして ちゃんとリメイクできたことで、そんな少ないお客様を待つ準備は出来ました。そして、それはお値段にも反映し お手頃にさせていただきました。配達についても 近郊の方であれば 私がお届けにうかがいます。ご遠慮なく お申し付けください。

さて、どんな使い道が待っているのでしょう。手芸がご趣味の方なら 大量の生地が収納できますし、引き出しの中を細かく仕切れば 見せたくない細々がすっきり収納できそうな気もします。いずれにしても、工夫される方の下へなら とても嬉しく思います。

Photo_20190918143401

| | コメント (0)

穏やかな風。

久々に 両開きのキャビネットをリメイクしました。ガラスが6分割されたあまり見かけたことのないタイプのキャビネットです。たて1000㎜×よこ760㎜×奥行き280㎜と少し小さめ。でも、扉のデザインが ガラス窓の様でとても素敵です。

状態がとても良かったので 無塗装で・・・とも考えましたが リメイクしたほうがやはり うちらしい。この世にたった一つの個性的な家具となりました。お部屋にいい雰囲気を運んでくれることは勿論、大事にしているものをより大切にしようと思わせてくれる・・・そんな存在です。

ガラスが透明ではないので 扉をあけ放って・・・ディスプレー感覚で 飾っても楽しそうです。見せたくないときは扉を閉めて。

食器棚としても、コレクションケースとしても、もともとの使い道 本をしまっても・・・お部屋には きっと新しい穏やかな風が吹くことでしょう。

Photo_20190915150301

 

| | コメント (0)

«小ぶり。