« 「パスティーユ」を作りたかった訳 | トップページ | パスティーユの手仕事 »

ふらっと 一人旅

地下鉄の構内で、毎月 張り替えられるポスターを楽しみにしていた。地下鉄から降りてくる人波を避けて、このポスターの前に立ち、まず全体を眺め、コピーを読む、そしてまた全体を眺める。このポスターの前に立ち止まっているほんのひと時、ちょっとした旅に出る事ができたのです。

Photo_6

幻想的なクリスマスの風景、波打ち際に漂う南国のフルーツ、朽ち果てそうなボートが横たわる川辺、古い外国の図書館、花一面の野原、レースのカーテンが風に揺れる窓辺、ひなびた路地・・・。そのポスターに溶け込んだ私は、風を感じ、音を感じ、温度を感じていたように思います。

好きな時に ふらっと気楽に行ける一人旅。今も 時々 出かけています。

|

« 「パスティーユ」を作りたかった訳 | トップページ | パスティーユの手仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「パスティーユ」を作りたかった訳 | トップページ | パスティーユの手仕事 »