« ・・・のようなもの。 | トップページ | 育てて頂いているという実感。 »

原点。

私が古いものと出会うきっかけになったのが、ブリキのおもちゃとの出会いでした。   雑誌「POPEYE」のコレクター特集で 今はどなたもご存知のおもちゃコレクター 北原さんのコレクションが紹介された記事が載っていて 子供のときに遊んだ記憶のあるおもちゃが写真で紹介されていたんです。私の年代はウルトラマンや仮面ライダーの放送が始まった時で 子供時代をこれらのヒーロー達といっしょに過ごしてきたものですから 最初は懐かしさで集め始めました。東京に行く機会も結構あったので 仕事の合間を見て青山の骨董通りにいそいそと行ったものでした。20数年前はとてもいい時で 鑑定団の放送もやってなくてわりとお手ごろなお値段で買う事が出来ました。空き箱なんかはただでもらって帰ったものでした。今はご存知の通り とてもじゃないけどおいそれと買えなくなってしまいましたね~。若い時にもっと買っておけば良かったー!でも買えなかったー!

最初に買ったのが 一番右に写っている「鉄腕アトム」の戦車で 帰りの飛行機のチェックカウンターでひっかかってしまい 鞄を開けて係官に見せる羽目に・・・ひげを生やしたスーツ姿のいい大人がおもちゃを持ち歩いてるなんて・・・って思われたに違いありません。でも今となっては ちょっと自慢の品だったりします。

お店とは関係ないので この場に出す事はためらわれましたが 懐かしいものを扱う店をやりたかったきっかけをわかっていただければと思い、この場をお借りして 少しだけお付き合いいただければと思います。

今のおもちゃコレクターさんは どうせ高いお金を出すのだから箱付き完品を探す方が多いと思います。が、私の場合 所詮おもちゃという気持ちがあるのと遊ばれて部品が無かったり壊れているのが当然なので そんなのどうするの?ってものに惹かれてしまいます。だから、たまたま見つけた古いおもちゃは たいてい地面に転がっていたりするので 救い出してあげないとって思ってしまうんです。片腕が取れてしまったものや錆びてしまって動かなくなってしまったものこそ残さなきゃッて思うんです。(娘にとっては迷惑になってしまうんでしょうけど・・)

なぜなら、自分が当時遊んでいたものは何一つ残ってないからです。良くある話ですが捨てられてしまって もうどうしようもない。この虚しさ・・・今思い出しても あれもこれもたくさんあったんですよ。ふぃ~~。だから、もし おもちゃに限らず思い当たる節があれば、出来る限り捨てる事は考え直していただきたい。

知らず知らずのうちに物はどんどん増えていきます。だから、いつも犠牲になるのは古臭いものなんです。なんとか思い出というものを捨てずに大切にしていただければ・・・と本当にそう思うんですよね。思い入れをもって大事にしてあげれば生き生きと輝くんですよね~。私には生活を共にする素敵な雑貨と同じくらい大切です。

Dscf0031

|

« ・・・のようなもの。 | トップページ | 育てて頂いているという実感。 »

懐かしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ・・・のようなもの。 | トップページ | 育てて頂いているという実感。 »