« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

一人で歩く楽しみ。

作業場ではいつもラジオが流れています。先日、ちょっと一休みと手を止めた時、「映画を見に行くなら・・・一人で行く派?誰かと行く派?」という問いかけがありました。そんなの見に行く映画の内容によるって思いましたが 本当は一人で行く派に一票でした。お店を始めてから 用事がない限り休みを取っていないので 家族でどこかに出かけることがありません。かみさんや娘にはほんと申し訳なく思っていますし、さらにこの記事を読まれると怒られるな~と思いながら書いて います。

高校の修学旅行。京都の自由時間は新京極のアーケード街を一人で散策。古本をゲット。東京の自由時間は服屋巡り。原宿「Crew’s」、青山「Boat house」、「brooks brothers」でお目当ての洋服を買って。友達は興味がないものばかりだから、誘いもしなかったし、一人だから自由に歩けた。

社会人になってからも 好きなカフェには一人で行く。(目を閉じてうたた寝が出来る)見たい絵画の展覧会にも一人で行く。(見たい絵を何度でも見に戻れる)仕事帰りの一杯も本を片手に。(本を雑踏の中で読みたい)ジャズを聴きながらの一杯もやっぱり一人で行く。(店の人とジャズ談義をしながら、聴きたい音楽にひたれる)  興味のあることには没頭できる環境が大事だと思ってます。だから、家族や友達と行きたい場所と一人で出かける場所は違うんですよね。

自分に問いかけながら歩ける事。それが一人歩きの楽しみかな~。

かみさんと娘へ  いつか どこかへ連れて行くからね~。

Photo

| | コメント (4)

窓際にカフェ。

気持ちのいい天気です。窓際の1.5畳ほどのスペースにカフェコーナーを作りました。といってもお茶もなければパスタも出ませんけど、もっぱら頭の中でカフェ気分に浸ります。

シンプルな塩味パスタに缶ビール。ウクレレの音が聞こえてきて うとうとと昼寝してしまいます・・・・・・。今 これがしたいです。

Photo

| | コメント (2)

魔法のこなをかけて。

外国には 文化の違いから日本とは違う風習が多々あります。映画「モンスターズ・インク」や「ナルニア国物語」「ハリーポッター」を見ていて どうやら子供達にはクローゼットの中には不思議が詰まっていて 時には怪物が出てきたり、実は秘密の入り口でどこかに通じているという言い伝えみたいなことを信じる心があるようです。確かに押入れには何かを感じていたので、しかられて 閉じ込められた時は怖かったですね。反面 昼間でも暗いから懐中電灯を持ち出して、ちょっとわくわくした気分で楽しかった記憶もあります。不思議な事にわくわくするのは今も昔も変わりません。でも、子供の頃のように不思議に浸ってばかりもいられませんが 時にはピーターパンになってみることも必要かなと思ったりもしています。

このキャビネットは デザインがちょっと変わっていたので、思い切ってリメイクしました。不思議の国のアリスの不思議の部屋を想像してみました。シンプルも好きですけど、実は個人的にはこの方が個性的で好きです。少し冒険しすぎの感もあるかな~と思いますが、ある意味 パスティーユらしいのでずっとこのままあってもいいかな~とも思っています。なにせ 魔法のこなをちょっとだけふりかけてあるもので・・・。

Photo

| | コメント (7)

波ガラスのむこうに。

古い本棚を見つけました。昔の日本らしい家具です。上の飾り棚の彫りこみとか、引き出しの鍵穴についた桐を模した金属プレートが古さを感じさせます。波ガラスが似合う家具です。

生活空間にはたくさんの物が溢れているので、ついついこまごましたものをしまいたくなってしまいますが出来る事ならこのキャビネットはゆとりを持って大切なものを飾って欲しいと思います。波ガラスは中のものが丸見えにはならないんですが、なんとなく見えるところがいいんですよね。できれば、古いものを飾り、当時の人たちが見ていたその景色と同じように眺めて欲しいと思うんです。

お客様がみえた時、コレクションを自慢したいけど露骨にじゃなくて、ちらっと見え隠れしてて「何を集めていらっしゃるんだろう?」と思わせるという感覚は日本人的な奥ゆかしさというか・・・例えは変ですが、そんな感じがするんです。銭湯の入り口の男湯と女湯の引き戸の向こう側・・・みたいな・・・また変な例えですみません。なんかドキドキしてきます。

何を入れていただいても自由ですが、できればドキドキするものを入れていただきたいと思います。

Photo

| | コメント (2)

日々を重ねて。

店をオープンする時 近所の仲良しさんがバラの苗を下さいました。昨年も可憐な花を咲かせましたが今年は枝もぐんぐん伸びてたくさんのつぼみをつけていました。気温の上昇に伴い それらのつぼみがどんどん咲き始めています。窓を開けるとかすかではありますがそよ風に乗っていい香りがします。

Photo

植物を育てるって時間がかかります。それはわかっていても すぐに咲いて欲しくてたまらない気持ちになります。小さな苗に肥料をやり 水を与え、時には虫と戦い、病気を心配して・・その苦労に応えるようにたくさんの花を咲かせ楽しませてくれます。1年目よりも2年目、2年目よりも3年目、どんどん成長して より楽しませてくれます。焦ってもしょうがありません。精一杯手入れしてあげて 成長を待つんです。

お店もまったく同じで、1日1日を精一杯大事にして。ゆっくりゆっくりと成長していくと思っています。お客様に肥料や水を与えてもらい、少しずつ成長させてもらっています。今回のご依頼はお子さん用の絵本棚でした。とても大きいのでたっぷりの収納力です。上の棚にはお気に入りの表紙が見えるように前にむけて置けるようになってます。絵本棚とのご依頼でしたが リビングに置いてもいいですね~。   いろんなご依頼にお応えしているうちに錯覚かもしれませんが腕前もちょっとだけ成長させて頂いてるような気がします。

お店のバラと同じように パスティーユもちょっとずつ成長していけますように・・・。

Photo_2

| | コメント (2)

朝日の似合う器。

「カフェオレボウル」を使う習慣のある方って、お洒落です。私にはその習慣はありませんでしたので、今ひとつ理解できませんでした。一人暮らしを始めてからしばらくは朝食抜きの生活が続いていましたし、結婚して子供が生まれて朝食をとるようになってからも朝の忙しさで、ゆったりと時間を取っての朝食はとれていません。おなかを満たすだけでいいなら パンをかじればいいけど、もっと大切な何かが“朝ごはん”の時間にはありますよね。

日本人の食卓にはご飯と味噌汁。フランス人にはパンとカフェオレ。アメリカ人にはカリカリベーコンと卵料理とコーヒー。習慣が違うから カフェオレボウルに対して興味がわかなかったんですね。雑貨屋をはじめて 触れる機会も増えたんですけど、それでもまだ理解できない。頭の固さなのか、受け入れる度量がないのか・・・。少し勉強することにしました。すると、おあつらえ向きに、書店で『カフェオレボウル』というコレクション本に出会いました。そのものの歴史や、生まれた場所、生活環境、朝食風景を知るうちになんとなくではありますが、解かってきた気がします。

そこで、数点仕入れてみました。白い磁器に ステンシルで描かれたいろいろなパターンの図柄。形や大きさもさまざまで楽しくなってきます。手にとって眺めると、その魅力に触れられる気がしてきました。今後は、もっと注目していきたいアイテムになりました。

朝食を大切に考えることは、生きることの豊かさに気づかせてくれるのかもしれないと、いまさらながら 思う私なのでした。         でも、ぎりぎりまで寝ていたいしな~・・・。

Boul

| | コメント (4)

玄関が素敵な家。

この季節、車で走っているとお庭に目が行きます。いろんな花が咲き始めてとてもきれいです。お庭を素敵にされている家は玄関も素敵にされていることが多い気がします。

配達に伺った時にも感じますが、玄関を素敵にされているお宅は間違いなくリビングも素敵です。ドアを開けた瞬間に家全体の雰囲気を感じることが出来ます。お客さんとして伺ったときには こんな玄関ならお部屋はどんなに素敵なんだろう!って思わせてくれてワクワクしますし、自分の家ならただいま~っていう安堵感があるし・・家の顔って言葉がありますけどほんとにそうだな~と思います。お花が飾ってあるだけでも心遣いをかんじますね。

どうしても いつも過ごすリビングを素敵にしたい思いが強くなりますが 実は玄関を大切にすることで自然とリビングも素敵になっていくような気がします。

新しく入荷したこの家具、じつは古~い下駄箱です。傘をしまうスペースがあって、小さい引出しは 靴磨きの道具や自転車の鍵を入れておくのに便利です。元は下駄箱ですけどアイデア次第でいろんな使い道ができそうです。

Photo

| | コメント (4)

頭の中にあるけれど・・・。

本棚の製作のご依頼をいただきました。大型の家具の場合、実際にお部屋を拝見するところから始まります。お客様のイメージしていらっしゃるものを具現化するには必要な事なんです。どんな風に使いたいのか 何を収納するのか 何処に置くのかでディテールもサイズも変わってきますし、やっぱり具体的にイラストに起こすのにもインスピレーションが湧くんです。いろんなお話をしているうちに少しずつイメージが頭の中に浮かんでくるんですけど、その段階ではまだまだもやもやしていて 自分でもどうしたらいい?って問いかけてます。

イラストを何枚も描いているとようやく頭の中にぼんやり浮かんだイメージがはっきりとしてきます。持っている技術とそれがはたして現実に出来るのか?ともう 頭の中はぐるぐるです。ご依頼で作るものは経験のないものばかりだからプレッシャーもあります。でも、お客様が思い描いているものを超えられるようにという思いだけを持って、作業しています。出来上がってくると自分でも「お~!」と思うこともしばしば。その時には もやもやも晴れて 「そうだったのか!」と感じたりします。

出来上がったものをしっかりと見直す段階では、お客様は喜んでくださるか?というプレッシャーに変わり 見ていただいてお言葉をいただくまでは落ち着かず、ドキドキしています。このたびのご依頼では 引き戸をつけるのが初めてだったので、またお客様に勉強の機会を与えていただきました。いろんなものを与えていただいています。心から感謝申し上げます。

あとは お届けして、お伺いした時、頭の中にぼんやりイメージしていたものが現物となって現れてくれるかどうかです。お客様には気に入っていただきましたが、置いてみるまではやっぱり不安です。どうかぴったりとお部屋にとけ込みますように・・・。

Photo

この場をお借りしてお知らせしたい事があります。6月7日(土)運動会に付き午後3時開店の予定でしたが、この雨で中止が決まり、6月8日(日)に順延となりました。つきましては土曜日は通常営業となり日曜日は午後3時からの開店とさせていただきます。なにとぞご了承くださいませ。

| | コメント (2)

素敵だと思います。

男には触れられない場所なので 何を書いていいか思いつきません。

小さな女の子のいるお家ならきっと・・・「いいな~ママ。」って言われるかも。

鏡をのぞく表情がいつもと少し違うかも。

一日のいいスタートがきれるかも。

素敵だと思います。

Photo_2

| | コメント (2)

運動会に免じて・・・

6月7日(土)、娘の運動会があるので誠に申し訳ありませんが、午後3時からの開店とさせていただきます。ブログをご覧頂いているお客様にはこうしてお知らせできますが、もしも遠くから来てくださって 店が開いてなくてがっかりされることがあるかも・・と考えただけで 申し訳ない気持ちになります。だから無休でいこうと決めたのですが、普段 どこにも連れて行って上げられないので せめて運動会と学習発表会とお正月とお盆と・・・2人そろってみてあげないとと思い・・・。どうかご了承ください。

日ごろから 3時までどなたもいらっしゃらないこともしょっちゅうなので、心配は無駄に終わることでしょう。

あとは天候に恵まれることを祈るばかりです。

Photo

運動会のあとはやっぱりカルピスで乾杯。暑くなるといいな~。

| | コメント (2)

何もないところから始めよう。

白いまっさらなノートを前に これからのパスティーユを思い描いてみよう。

ご来店くださるお客様に“何か”を感じていただけるようなお店になっているか。お伝えしたいメッセージを表現できているか。なによりも気持ちよく過ごして頂いているか。

今までのことはどう感じていただいているのか知るすべもありません。私たちが精一杯できることをこれからも続けることしかできませんが、立ち止まってもう一度 書き出してみよう。そのことをもう一度胸に刻もう。

お店に立つとき。仕入れをするとき。製作するとき。リメイクするとき。思い出せるように。

一人一人のお客様の顔を思い浮かべながら、ずっと大切にしていただけるように、喜んでいただけるように。

せっかくお立ち寄りいただいた時間を大切な時間だったと思っていただけるように。

いつまでも変わることのないお店でいつづけるために。心に刻もう。何もないところから始めたのだから。

Photo

| | コメント (2)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »