« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

秋の夜長に一冊の本。

急に暑さが戻ってきて、夏を惜しむ時間が持てて良かったな~と思います。でも、やはり日暮れも早くなり 秋なんだな~と実感するこのごろです。

秋の夜長に読書を楽しむのは今も昔も変わりませんね~。さて、いったい何を読みましょうか。私は あんまりにもおもしろすぎて寝られなくなるのは困るので、短編小説が好きです。たとえ長編でも 一編一編が完結するお話がいいですね。もう何度も読み返していますが、シバレンの「眠 狂四郎」シリーズ。虚無な男の数奇な生き様。たまりません。そして、星新一のショートショート。活字を読んでて初めて声に出して笑った筒井康隆。おもしろい!

短編は自分の好きなタイミングでやめられるところがいいです。一杯のウィスキーを飲み干す頃、ちょうど眠たくなってきます・・・zzz

Photo

| | コメント (0)

よそ行きの服を着て。

今日ご紹介するものは いっしょの時代を過ごして来たもの達なので、レトロブームといわれるようなまるで希少価値があるかのように眺めるという気持ちは私にはありません。これらのものが生まれた時代背景や日本の作り手たちの真剣さに敬意を払い大切にしていきたいな~と思う気持ちで見つめています。

子供の頃、デパートに出かけるって一大行事でした。今では到底考えられない服を着せられて、ブレザーに半ズボンみたいな・・・嫌だったけどデパート行くんだから!って着せられるまま・・・。田舎から汽車に乗って札幌までの約二時間、頭の中では・・・「おもちゃ買ってくれるかな~、なんて言えば買ってもらえるかな~。勉強頑張るから!と思ってもいないことを言うのはずるいよな~・・・お手伝いするから・・・きっとしないだろうな~。無条件で買ってくれないかな~。値段によるかな~。」などと、わくわくドキドキしながら道のりを過ごしていました。デパートは田舎中の人達が集まったかのような賑わいで、サザエさんのお父さんみたいな人やカラフルなワンピース姿のご夫人がわいわいと買い物を楽しんでいます。まずは、母親の買い物に付きあわされ、気まずい婦人服売り場で「おもちゃゲットのために今は我慢我慢・・・」これが長いからさすがに飽きてきます。そうこうしているうちに昼をむかえ上のファミリーレストランへ。お決まりのお子様ランチは楽しみだったけど、目標達成前だから 味わって食べる気分じゃなくどこか上の空。隣で子供が食べていたフルーツパフェの足つきグラスと長ーいスプーンは印象的だったな。

おもちゃ売り場に一足先に乗り込み、キラキラ輝くおもちゃを一つ選んで ようやくの思いで目標をとげ、あとはもう好きにして・・・と満足感一杯。ちょっと休憩とエスカレーターで向かった地下一階。そこには・・・飴だのラムネだのヌガーだのメリーゴーランドのようにくるくる回る大型マシーンが!「何だこれ!すげー!」赤や青や黄色に緑の原色がぐるぐると回って、ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家みたいだ!(好きなものを好きなだけスコップですくってお会計するスタイル)「オレンジジュースでいいかい?」と見上げるとこれまたマシーンの中でオレンジジュースが噴水のようにシュワーっと噴きだしている!目も回る衝撃。原色のワンダーランドでした。

足つきのグラスはやはりどこかよそ行きの風情。お客さん用でした。この、柄と色合い、よそ行きの服を着て出かけたデパートで遭遇した出来事を思い出さずにはいられません。今宵、少しよそ行きの服を着て白ワインでもやりたい気分です。

Photo

| | コメント (2)

らしいもの。

「小引き出しありませんか?」最近よく聞かれます。雑誌を見ると必ず載っているので人気の小家具ですよね。人気があるので値段も上がってきていて、なかなか手ごろなものが見つからないので、たまに見つけても躊躇してしまいます。以前の価格を知っているだけに、こんなにするの?と感じてしまうものを扱う気持ちになれないんです。だから、ほんとに稀に手ごろなものが見つかったときに店頭に並びます。

小引き出しは古いものを扱っているお店を回れば必ず見つかると思いますが、今日、ご紹介するものは小引き出しならぬ“大引き出し”です。タンス?というかチェスト?という感じ。本当のタンスやチェストはたくさん見てきましたが、この手のタイプは今まで記憶にありません。ベビーダンスなどは合板で出来ているものが多いので、また違うタイプです。

シンプルに仕上げようか?とも思いましたが、何処にも売ってないものにしよう!と考え「子供部屋に置くべきか?」でご紹介した古いデカールを貼りました。

うちらしい家具になったな~と思っています。

Photo_2

| | コメント (2)

一目惚れ。

交差点の人ごみの中、すれ違う一瞬目が合ってドキッ!としたことがありませんか?一目惚れです。意識してないときに 不意にくるもんだからなおさらドキッとします。思わず振り返ってみると相手もこちらを見ていて・・・友達の知り合いだったかな~?昔の同級生かな~?・・・・・綺麗な人だったな~と思っている反対で「こんな出会いは2度とないぞ!追いかけて声をかけろ!」といっている心の声に対し、「そんなことをしても無駄だよ!変な人と思っただけなんじゃないの?」と言う声がして、すたすたと歩を進めていて、何事もなかったかのように忘れてしまう。

もし、考える前にかってに体が動いて、後を追いかけ声をかけていたら・・・若い頃の妄想は暴走します。でも、考えているからこそ いざ!という時に役立つこともあるような気もしますし・・・・・いやいや!一目惚れしたい!と思っているわけじゃないですよ!そんなこともあったな~って話しで・・・言い訳っぽく聞こえてきて・・・書くんじゃなかったと思い始めて・・・考えるだけなら自由じゃないか・・・と開き直ったりして・・・。

しかし、思い切って声をかけてもなんか違ったってこと、ありがちなんじゃないでしょうか。万が一知り合えたりしても、お付き合いするうちにがっかりすることのほうが多いかも。一目惚れは、燃えやすく覚めやすいものなのかもしれませんね。だから、成就した一目惚れに憧れるのかもしれませんね。

でも、ものに対する一目惚れはアリですよね。直感でビビッっときました。すごい美人さんです。

Photo

側面の小窓がなんとも小粋。

Photo_2

古いガラスの取っ手の綺麗なこと。

Photo_3

見れば見るほど、知れば知るほど、一目惚れが確信に変わって、ずっとそばにいて欲しいです。

| | コメント (4)

缶かんは捨てられない。

昨今、エコロジーという言葉を聞かない日はありません。エコロジーという言葉の元にいろんな事を想像させられます。思うこともたくさんありますが、エコロジーと声高に叫ぶことは大企業の方達におまかせして(無責任に何もしないという意味ではありません)、自分にできることをしていきたいです。

さて、エコロジーという言葉もなかった昔、お菓子や石鹸 身近なものは缶かんに入っていました。水あめやドロップ、贈答品・・・思い出してください。どこのお宅にもそんな缶かんが一つや二つあったと思います。地味な缶はいらなかったけど、カラフルで可愛い缶は手紙をしまったりガラクタを入れるのに重宝したものです。今は、缶入りのものが少なくなっていますよね。やはり コストが高いからなんでしょうか?それとも、リサイクルできる素材を使うことが企業ポリシーだったりするからなんでしょうか?

古いものの中でも、懐かしい缶かんは人気があったりします。捨てられずに残っていることが多いからです。今も昔もパッケージは重要で、デザインの良し悪しで売れ行きが違ったりします。ビニールのパッケージはいくら可愛くても取っておく気にはなりませんが、缶かんは捨てられません。中にしまった思い出の品々も同様に・・・。

私が思うエコロジーとはこんなことだったりします。

チョコホリックの新商品はティン缶です。一杯しまってどんどん重ねてず~っと使いつづけたいです。

Photo

| | コメント (0)

小物をこまごまと。

昨日、小さな旅に出かけ道すがらいろいろ見つけてきました。

日差しは暑いけど、涼しい風にちょっと寂しさを憶えながらの小旅行でした。

やっと見つけたパイレックスのふち飾り皿(可愛い黄色の小花プリント)、オリーブ柄のタンブラー、人気のワンカップグラス(ほのぼのと小花)、スイカを食べるのにぴったりの先割れスプーン等など・・・。

とりあえずご報告まで。ストーリーが浮かんだら写真でご紹介します。

| | コメント (6)

佇まい。

佇まい(たたずまい)と言う言葉が好きです。辞書を引いてみると、[立っている様子、そこにあるもののありさま、そのもののかもしだす雰囲気、身をおくところ、暮らし方]とありました。解釈の違いで“わびしい”ととらえられる方が居るかもしれませんが、自分にとってはこの一言で じわ~っと染み入ってくる何かが感じられる言葉なんです。

時を経てずっとそこにある建物には、大きな木が茂り、日陰の軒下は苔むしている。暮らしがあるから古くても、廃墟を連想させるものはなく 草花も息づいている。日のあたる縁側の拭き清められた廊下、障子を通して入るやわらかい光。花瓶にいけた一本の白いゆりの花・・・この先もずっとこのまま変わらない景色。“佇まい”という一言に過去も未来も感じることが出来ます。

人も同じで、立っているだけで絵になる人っています。思い浮かぶのは「健さん」かな。いろんな役を演じて感じてきたことが蓄積されてその人のなりとなって、自然ににじみ出ている感じ・・・。生き方は自然に出てくるものなんでしょうね。悲しみを知り、挫折を乗り越え、喜びを知った時、心の中にとどめたものを忘れずにいられたら、いつの日か語らずに、語れるようになるのかもしれません。

この小さなキャビネットも“佇まい”という言葉が感じられるのもになってくれればいいな~と思います。

Photo

| | コメント (2)

思い出を集めて。

久々のお休みをいただいて、第58回「勝毎花火大会」に行ってきました。その規模たるや国内でも最高レベルの花火大会です。昨年の人出は17万人、今年は2万発の打ち上げ花火が見られるとあってどんな夜空の競演が繰り広げられるのか想像がつきませんでした。近所の仲良しさんの車に乗せていただいたので、帯広までの道のりも楽しく向かうことが出来ました。(運転代われなくってごめんなさい。)

Hanabi

                      

(娘が撮ってくれた写真。見づらくてすみません。)

移動も場所取りも待ち時間も大変だったけど、今まで見たことのない大スケールの花火が見られて本当に感動しました。仲良しさん誘ってくれてありがとう!娘も夏の思い出が出来て嬉しそうでした。

思い出をしまっておけるようにコレクションボックスを作ってみました。上についている取っ手の金具がポイントです。

Photo

| | コメント (2)

お休みをいただきます。

誠に急で申し訳ありませんが8月13日(水)、お正月以来のお休みをいただきます。

お越しくださるご予定だったお客様、申し訳ありません。この日以外は開けておりますのでよろしくお願い致します。

娘にもこの夏1番の思い出を作ってあげたいと思います。

| | コメント (4)

オリンピックもいいけれど。

いつも商品から連想して記事を書いていますが、今日は久々に今の店内の様子をご覧下さい。帰省していてもインスピレーションがわきますように・・・。

Photo

入り口を少しジャンクなテイストで・・・。

Photo_2

新しいのに懐かしい。

Photo_3

シンプルと言う個性。

Photo_4

こんな部屋が好きです。

Photo_5

おねえちゃん、宿題頑張ってね。

こちらに帰省された方もお家にいらっしゃるかたも、オリンピックの合間に遊びにいらしてください。

| | コメント (4)

こんなの作ってみました。

出かける時、免許はどこに置いたっけ・・・鍵はポケットに入ってたはず・・・。おかしいな~?あった!あった!さぁ行こう!     以前はこんな光景が良くありました。5年程前、キーボックスを作ってからそんなこともなくなりました。自宅のにはふたのところに絵を描きましたが、こちらは無地。フックは3本つけましたが増やすこともできますし、免許入れやパスケースくらいのものならいっしょにしまえます。宅急便用のはんこもサッと出せます。

素朴な作りにしたのでインテリアのおじゃまはしないかと・・・

いつも何か作りたいと思っていますがアイデアが湧かず困っています。「こんなのあったらいいのに。」というアイデアがあれば気軽に聞かせていただけませんか?自分の技量でできるかどうかはわかりませんがいつの日か、お目見えするかもしれません。

Photo

| | コメント (2)

キラキラに弱い。

キラキラするものに弱い自分がいます。

雨上がりの葉っぱについた雨粒。水面に反射する太陽の光。飛び込みして上がる水しぶき。花火の銀紙。カブトムシの背中。トンボの羽。

好奇心一杯の子供の目。楽しくてしょうがない子供の笑顔。白球を追いかけて輝く球児たちの汗。

目標に向かって精一杯頑張っている人のまなざし。美しいものを美しいと心から感じている時の表情。恋人達の輝き。背筋を伸ばして歩みを進めるその姿。

本当の輝きは意識せず心からにじみ出るものです。いくつになってもキラキラ輝くものに心が満たされます。

いつまでもキラキラ輝くものたちを売っているお店になりたいと思っています。

Kirakira

| | コメント (2)

足取りも軽く。

夏本番です。毎日暑いですけど いい~感じです。お盆が過ぎたら北海道は秋っぽくなってきちゃうから、楽しみたいです。夏を。

大人たちも夏休みに入ると、テレビでは海外旅行に出かける人たちが話題になったりしますね。海外も避暑もいいですけど、帰省してのんびりするのがやっぱりいいです。うまいものを食べてビールを飲んでごろ寝して・・・せみやキリギリスの声を聞きながらスイカを食べる。夏ですね~  同居している今となってはこんな夏の過ごし方もできなくなってしまいました。少しさみしいですね~。

旅行となれば荷物も多くなります。夏場はとくに着替えが必要。お土産もあるし大変です。移動やパッキングはできればスマートにいきたいものです。チョコホリックの新商品は、トラベルバッグです。柄は「ローズ」「チューリップ」「ガール」の3種類、サイズもSMLあるので日程や人数に合わせて選んでいただけます。レトロなプリントが旅行気分を盛り上げてくれます。重い荷物もキャスタートランクならスイスイです。気分も軽く足取りも軽く、夏をエンジョイしに出かけましょー!

Photo

| | コメント (0)

雨降りなのに。

雨降りです。雨の日はいつにもましてのんびりです。アンニュイな気分に浸っておりますが、ボーっとしているのとはちょっと違って雨音が何かを思い起こそうとしていて意外と神経はピーンとしています。

BGMを低めにして雨音に耳を澄ましていると ある歌が浮かんできました。

「なーがい長い坂道を今登っていくぅ~ 好きだったうーみのささやきが 今は心にしみるぅ~ 甦る午後の安らぎもぉ~・・・」    そうだ、「白いページの中に」だ。検索してみよう。そうそうこれこれ。いいんだよな~。ラジオに聞き耳を立てていた頃を思い出します。「思いでは美しすぎて」もよかったな~。そういえば雨降りの日のジャケット写真だったな~。帰ったら聞こう。レコードで。なんだか楽しくなってきたぞ。

・・・・・・って気が付けば!雨漏りが!バケツバケツ・・・・・・

Photo

| | コメント (2)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »