« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

二人のダイニング。

二人でテーブルを囲む時がありました。楽しかった。

今は娘とかみさんとテーブルを囲みます。そして・・・将来、娘が結婚して所帯を持ったら・・・また、二人の食卓が始まります。

すごく、楽しみです。

Photo

| | コメント (0)

年月がかもし出す味。

木箱を集めてみました。大きいのは昔の大工さんの道具入れ。仕切りつきの木箱も金具を入れるのに使っていたようです。かなり古いものだと思うのですがやっぱりしっかりとした作りなので、道具入れとしても現役でまだまだいけそうです。

こういうジャンクなものは、素敵にするか、ただのガラクタにするかセンスが問われます。植木鉢を重ねて・・・じゃがいもとたまねぎを入れて・・・棚代わりにしても素敵です。

古い木はそこにあるだけで良い味を出してくれます。こんなものに心惹かれる秋まっただなかです。

Photo

| | コメント (2)

小さなこだわり。

チョコホリックの新商品が入荷しました。“なんか懐かしい~”可愛さ一杯です。

うちの娘は懐かしさなど感じるはずもありませんが、「可愛い~」といいます。私には懐かしい感じがするのでいいな~と思います。世代を超えて共有できる可愛さがチョコホリックなんですよね。

うちのお店に来て下さる方。特に初めて来て下さる方はあっちもこっちもきょろきょろされるので足元に段差があったりするとつまずかれたりします。構造上どうしようもないので申し訳ないなと思っています。でも、本当はじっくり手にとって見ていただくことで、小さなこだわりみたいなものを発見していただけるはずと思っています。表面を見ているだけでは気づかない何か・・・。「へーこんな所に・・・」っていうのがチョコホリックなんだなといつも感じます。小さな雑貨ですけど身の回りに置いておきたいものはこんなものが良いって、やっぱり思います。

ブランドバッグを持ったOLさんも、ナチュラル志向の若奥さんも、近所のお母さんも、小さな女の子もキラキラした眼で見つめてくださいます。

Photo

Photo_2

温泉の恋しい季節。ひなびた温泉に行ってみたいな。Photo_3

普段使いのコップをお片づけ。飾りながら楽しみます。

| | コメント (2)

ひらめきの舞台。

新しい机を見つけました。写真ではわかりづらいのですが、とても大きい机です。重さもかなりのもの。材料が厚いので重いんでしょう。本棚を置いてもたっぷりの広さがあります。足元にも棚がついているので収納力は抜群です。引出しの上のところにちょっとしたものが置けるカウンターを引き出せるのでこれまた便利。

実はこの机、おそらくある施設の館長さん用のオーダー机。うん。やはり、いいものの香りがぷんぷんしてます。

しばらく座って本を読みました。なんだかいいアイデアがぷかぷか浮かびます。

Desk

| | コメント (0)

琥珀色と翡翠色

琥珀色(アンバー)と翡翠色(ジェード)のガラス食器は人気があります。アンバーの食器は70年代に流行しましたが、近年その人気が復活し、当時作っていた日本のガラスメーカーが復刻版を出しています。一方、ジェードカラーの食器はファイアーキング人気の影響で、レプリカが作られたりしています。

アンバーに関しては子供の頃によく売られていたし、使った記憶もあるので懐かしさを感じます。ところが、ジェードに関しては同じ頃に作られた食器であるはずなのにほとんど見た記憶はありません。日本にもファイアーキングの食器は輸入されていましたが、ジェードに関しては輸入量が少なかったのかもしれません。(あまり詳しくないのであくまでも推測です。)ただ、日本製の花瓶だとか灰皿などはたまに見つかる事があるので、懐かしく感じられる方がいらっしゃるかもしれませんね。

いずれにしてもどちらも普通の食器屋さんでは見かけないので、いつもと違う気分が味わえそうです。あくまでも私のイメージですがアンバーのカップ&ソーサーにはミルクティーが似合いそうだし、ジェードのマグにはカフェオレが似合いそうです。温かい飲み物が恋しい季節、気軽に楽しみたい食器たちです。

Milk_glass

| | コメント (2)

そのままがいいもの。

「せっかくの古い家具に色を塗るなんてもったいない。」と時々いわれる事があります。「何でも白く塗ればいいってモンじゃない。」と思ったりもします。オールドパインのアンティークや猫脚の英国家具に色を塗る気は全くありません。でも、うちで扱う家具はとてもカジュアルなものばかりですし、スーツが似合う家具というより普段着に似合う家具のご提案なので、むしろ塗ったほうが素敵に感じられるものは積極的にペイントします。それは、今の住宅事情を考えると大多数の方は現代の家具に囲まれ生活していらっしゃいますので、それらの家具にも違和感無く合わせられるようにと考えての事です。たとえペイントした家具であれ古さはしっかり残っているので、古い家具とも相性はいいはずです。いくら古い家具に囲まれた雑誌に載っているような生活が素敵に見えても新婚時代にそろえた思い出の家具を追いやってまで買い換える必要も無く、むしろその家具に違和感無く合わせられる家具が増えていく事が理想と考えるからです。

しかしながら、うちで扱うカジュアルな家具の中にも「これは、そのままがいい。」と思うものがあります。このシャッター式のキャビネットだったり、今回仕入れた、脚の折りたためるロングテーブルなどです。黒いパイプの脚は所々錆が浮き、使い込まれた天板もいい感じです。テーブルやカウンターとしては勿論、長さが180cm程もあるので、上に物を飾りながら、下のスペースも籠などを置いて収納棚としても重宝しそうです。これもまた初めてお目にかかった家具なんですよね。(古いものは奥が深い)

これからも、木の質感やデザインによって色を塗るべきか、塗らざるべきか、イメージを膨らませながら、ご提案していきたいと思います。

Photo

| | コメント (0)

生活必需品。

これから冬を迎えて燃料代の高騰でいったいどんな冬になるやら・・・考えただけでもぞっとします。食べること暮らすことに精一杯の冬になりそうです。

うちは雑貨屋なので生活必需品といわれるものは扱っておりません。そこがなんとも苦しいところ。しかし、私は楽観主義者なのか こんな時だからこそ心が豊かになりそうな生活必需品じゃないものに惹かれます。アートや音楽・趣味なんかです。食べることには無頓着なのでおいしく食べられれば何でもよくって、甘いものや間食的なものには全く興味がないぶん趣味に走ります。だって心が躍るんですから。仕方ありません。仕入れるものも必需品じゃないものに目が行ってしまうので時代に逆らっているのかもしれませんね。でも、雑貨ってそういうものだってことは初めからわかっていました。普通には売ってないものに付加価値を見出してワクワク・ドキドキを感じていただけることは心に必要なはず・・・そう思いつづけていられるうちは、その考えを曲げるつもりはありません。時代に逆らってこんなちっぽけな雑貨屋が生き残れるとしたら、それは紛れもなくわざわざ足を運んでくださる皆さんのおかげです。そんな、お客様のために変わらずにいることが私達が考える恩返しの形です。どうぞ、ふらりと遊びに来て下さいね。

Photo

マホービンもお弁当タイムを楽しみにしてくれます。モチーフカトラリーもおやつタイムをキラキラと・・・

Photo_2

お料理の時も素敵なものに囲まれて・・・

Photo_3

飾るだけでもなんか満たしてくれます。やっぱ、雑貨は楽しいです。

| | コメント (5)

お弁当はうまい。

勤めていた時、釧路に3ヶ月ほど単身赴任したことがありました。たった3ヶ月だから、鍋1個持って暮らし始めました。仕事もハードだったので帰って自炊という気にはなれませんでした。コンビニで弁当やラーメンを買って帰る毎日。初めは良かったけど1週間もすると何にも食べたいものがなくなってきて、外食するようになって・・・それも飽きて・・・たった3ヶ月が長くて長くてしょうがありませんでした。きつかったな~。

どんなにうまい外食のメニューも毎日だと飽きてしまいます。(焼肉は別。でも毎日は無理。)ところが、手作りのものは毎日のことながら飽きるということありません。(かみさんサンキュ!)とくに弁当を作ってもらっていた時は、良かったです。冷凍食品がメインだったりしましたが、毎日うまい!たとえ日の丸弁当だとしても毎日のコンビニ弁当よりやっぱりうまい。何故なんでしょうね。

紅葉を見ながらのおにぎりと卵焼き。から揚げもお願いします。出かけたいですね。お弁当持って。    Photo

| | コメント (2)

これは可愛い。

チョコホリックの新商品が入荷しました。今回は・・・・モチーフ付きのカトラリー。りんごにチェリーにキャットにいちごにバラ。キラキラ付です。そして、人気のマホービン(4種)。10月は温泉とかちょっと旅行に行きたい月です。そこで、便利なモバイルポーチやパスポートポーチ。柄も可愛いので、旅行気分も盛り上がりますね。チョコホリックの雑貨は実際に使えるものばかり。いつも一緒にいられます。

古いものもたくさん見つかっています。どう考えても幼稚園用の机と椅子。こんなにちっちゃいのは初めて見ました。これは可愛い。食器も素敵なの揃いました。

机はこれから仕上げに入ります。明日には店頭でご覧いただけるように頑張ります。それでは行ってきます。

| | コメント (2)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »