« ずっと使います。 | トップページ | 手に取れる喜び。 »

一期一会。

古い家具ってほとんどが一期一会です。似たようなものに巡り合うことはあっても全く同じものに出会えることは滅多にありません。そこに たまらなく愛おしさを感じます。今日ご紹介する家具もどうやって使おうかと色々想像しているうちに、すでに愛おしくてたまらなくなっています。

カウンター調の引き出し家具なので、ダイニングテーブルの脇に置いて・・・上にはガラスのショーケースを置く。中にはお気に入りのマグやC&Sやガラス食器をディスプレーし、その日の気分で使う食器を決める。引き出しにはフォークやスプーン、お箸などが入っているので サッと用意して 料理の出来上がるのを待ちます。テーブルの反対側サイドにはソファやテレビがあるので、マガジンラックを下げて雑誌類はすっきりと見せる収納をします。リビングのこまごましたリモコンやいろんなものもたっぷり入るので、すっきりした印象のリビングが出来上がります。ダイニングとリビングを仕切る役割もあるので、念願のダイニングになりそうです。医療棚もパンケースももっと生かせるのになぁ・・・。妄想は止まりません。

一期一会とわかってはいても・・・自宅は最後の最後。お店を始めたからにはやっぱり我慢です。

Photo_3

|

« ずっと使います。 | トップページ | 手に取れる喜び。 »

リメイク・古家具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ずっと使います。 | トップページ | 手に取れる喜び。 »