« 熱帯夜。 | トップページ | お土産に。 »

読書感想文。

夏休みが近づいてきて 子供達はウキウキしている頃だと思います。プールに海に虫取りにお盆の帰省にもワクワクがいっぱい待っています。でも、楽しみばかりじゃなくて 宿題っていうやっかいなものも待ち構えています。

中でも絵日記や読書感想文というのは、答える問題とは違い考えて作り出すものなので 私にとっては苦手な宿題でしたね。

大人は「読書感想文はこう書けばいいんだ。」なんてのんきに言っていますが、子供にとっては難しい事。書き始めても「これはあらすじを書いたに過ぎないな。感想と言うのは・・・」と書き直す羽目に・・・。まさに 大人は言ってるだけでいいんだからずるい。って言われてもしょうがない。

じゃあ、今年はお手本でも見せてあげようか。と考えています。読むのはやっぱり純文学がいいかな。子供といっしょに本を読み感想文を書いてみる。壮大な(大げさ)計画を練っています。そして、先生に見てもらう訳にいかないので 子供に読んでもらう。

答えの無いことだけに 大人にとっても難しいことです。本を読み、何かを得て、子供といっしょに同じ感覚に浸る。ちょっとおもしろいことになりそうです。

とはいっても簡単なことじゃなさそうです。

Photo

|

« 熱帯夜。 | トップページ | お土産に。 »

リメイク・古家具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熱帯夜。 | トップページ | お土産に。 »