« たっぷり。 | トップページ | いざという時。 »

ゆっくりと感じます。

古い柱時計です。“昭和29年修理”という紙が張ってあるので 戦前のものと思われます。微調整をしたらしっかりと時を刻み始めました。

時刻を報せる鉦が鳴りますが、このタイプは渦巻状の鉦なので「ボ~ン・ボ~ン」と鳴ります。鉦が棒状のものは「カーン・カーン」と聞こえるので、それぞれの違いがあっておもしろいな~と思います。私の場合、腕時計もそうなんですが大体の時間がわかれば良しというところがあります。勿論信頼できる正確な時計を持っているからという訳ですが、古いものに正確さは求めません。でも、この柱時計 とても優秀です。

すごい精度の電波時計と同じように時を刻んでいたとしても、こういう時計が刻む時間は ゆっくりと流れていくような気がして不思議な安堵感を覚えます。

Photo

|

« たっぷり。 | トップページ | いざという時。 »

リメイク・古家具」カテゴリの記事

懐かしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たっぷり。 | トップページ | いざという時。 »