« 手紙。 | トップページ | ’s selection »

ビビビ。

ビビビと体に電流が流れたような衝撃を受けたという表現がありますが、まさにそんな感じでした。こんなに素敵な照明に出会ったことはありません。勿論、あくまでも私の感性に響いたものなので 個人的な感想ではありますが・・・。

その照明は綺麗な水色に紺色のラインがキリッと入り、そのお椀をひっくり返したような風貌は・・・宙に浮ぶカフェオレボウルのようで・・・だって、素材は陶器なもので・・・電球を入れない状態で見た限りはこんな感じでしたが 電球を入れてスイッチを入れて見たら・・・なんと!明かりが水色に・・・海の青のような水色です。そして、上からも小さな小窓から漏れる明かりが・・・夕暮れ時の灯台のようです。あ~惚れました久々に。

照明だけに、私にも電流が流れましたというお話です。

Photo_2

|

« 手紙。 | トップページ | ’s selection »

懐かしいもの」カテゴリの記事

コメント

 
 ほんと素敵ですね~。クールです!!

 夕暮れの灯台のあかりですか~~~、ふ~む・・・・家族が帰宅した時の「ほっ~~」とするあかり。安らぎと団欒・・・・・いいですね。

投稿: ロンサム | 2009年10月19日 (月) 22時04分

明かりでお部屋の雰囲気も 気分も変わりますよね。得られるものは、見た目のかっこよさじゃありません。おっしゃる通り その下で感じる家族の表情や変えがたい時間ですね。
                              パスティーユ

投稿: ロンサムさんへ | 2009年10月20日 (火) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手紙。 | トップページ | ’s selection »