« おもてなし。 | トップページ | 新鮮な空気。 »

理由がありました。

リネンの大判のテーブルクロスを見つけました。未使用のようなのですが、随分長い間 しまいこまれていたのでしょう。そこここにシミがあります。発色はとても綺麗ですし、ディナーを思わせるプリントも素敵です。

何故リネンなのか?少し調べてみると・・・ホテルのレストランなどでリネンのテーブルクロスが使われるのは、万が一 飲み物をこぼされた場合でも 水分の吸収が綿素材よりも優れているため お客さまの洋服を汚さないようにという配慮からのようです。それに、油など汚れがついても 落ちやすいようです。(ただし、染み込んでしまった汚れはとれにくいみたい) 手入れの仕方は・・・水洗いの後(漂白はできません)、しわをのばして乾かすこと。アイロンがけをする場合、半渇きの状態で行うとしわもパリッと伸ばせます。お風呂上りのバスルームで乾かすのもいい方法のようです。洗った食器を拭く場合、吸水に優れ、けばが残りにくいのでティータオルとしても昔から使われている素材です。

何にしても、パリッと糊付けされたリネンのテーブルクロスは気持ちのいいものです。ただ、こうして食器を並べてみると やはり相性の良し悪しがあるようです。色合いだったり、素材だったり・・・だから、テーブルクロスは特別な時のものという感覚があるのかもしれません。特別な時には きっと特別素敵な演出になることでしょう。

Photo

|

« おもてなし。 | トップページ | 新鮮な空気。 »

懐かしいもの」カテゴリの記事

食器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おもてなし。 | トップページ | 新鮮な空気。 »