« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

marche' du PASTILLE 3

夏真っ盛りです。楽しんでいらっしゃいますか?北海道以南は 猛暑日が続き、熱中症の話題が出ない日はありません。ゲリラ豪雨や災害に見舞われた地域の方たちの 心中を思うと のんきに「暑い夏最高ー!」などとばかり言っていられません。ただ、長く過酷な冬を乗り越えた先に迎えた 短い夏を 少しばかりはしゃぐ気分があっても、ばちはあたらないと思ったりもします。雨が降ったりやんだりの はっきりしない天候が続いていますが 体調管理にはしっかり気をつけましょうね。

さて、そんな中 今年も「marche' du PASTILLE」(パスティーユ市場)を開催いたします。期間は 8月1日(日)~7日(土)の一週間。店頭の古いもの(一部除外品あり)を10%~20%OFFにて お求めいただけるイベントです。今年も 赤(10%)と青(20%)のシールを貼付してある商品を対象に 御精算時に割引させていただきます。

チョコホリックをご愛顧下さっているお客さまには 「ハッピーバッグ」(数量限定)をご用意しました。価格は 3,150円。2種類あります。中身は・・・可愛くて 使えるものばかりです。

日頃から わざわざ足を運んでくださり、お楽しみいただいているお客さまへの 感謝の気持ちをお伝えできる 年に1度の大切なイベントです。隅々まで ご覧いただき お気に入りの一品を見つけてみてください。心よりお待ちしております。

なお、万が一 駐車スペースが無い場合は、ご案内いたしますので お声をおかけくださいますようお願い申し上げます。

| | コメント (0)

暑中お見舞い申し上げます。

今年はいい夏がやって来ました。皆様 お変わりなく お元気でいらっしゃいますか?

Photo_3

我が家は 皆 元気にして居ります。この暑さで いささかばて気味ですが、自然の風と心もとない扇風機のささやかな涼に助けられ 毎日、元気にお店を開けられる喜びを実感しています。

Photo_2

娘も 真っ黒に日焼けして 夏を楽しんでいる様子。もうすぐ夏休みですが、スケジュールは空っぽで 申し訳ない気分です。小学校最後の夏休みだから、二人で何処かに 出かけてみようか・・・と思っています。中学生にもなれば 父親に付き合ってくれることも 少なくなるでしょうから・・・。

Photo_4

なかなか 息抜きも出来ない忙しい毎日ですが、夏は やっぱり子供時分のことを良く思い出します。近くの川で かにやどじょうを取ったり、木の枝に糸と針をつけて魚釣りをしたり、自転車で少し遠出して クワガタ虫を探し歩いたり・・・いまだに 息抜きをするならこれだな・・・などと 夢見ている毎日です。

Photo_5

遠方で、お互い会う機会も見つけられずに居りますが、いつか ゆっくりした時間が取れたら きっと 会いたいものです。

Photo_6

その日まで 体には十分注意し、自分らしさを忘れずに いい年を重ねていきましょう。

Photo_7

お互いの頑張りを称え合えるその日を楽しみに・・・それでは また。

Photo_8

| | コメント (2)

質実剛健。

昔の大工さんの道具箱です。金槌やのこぎり、鉋やのみ・・・自分の大切な商売道具にあわせて道具箱も作ったのでしょう。永い間使い込まれた風合いは、まねして作ろうにも この味わいだけは やっぱり出せません。

一つ一つの道具の重さはたいしたことは無いけれど 集まると結構な重量になります。仕事中、探しているものが 見つからないと 作業の妨げになるので サッと探し出せる効率のよさが必要です。だから その人その人に合う形やサイズがあるのだと思います。

でも、大切なのは持ちやすさや 丈夫さだったりします。デザインは最小限の機能を持たせ、重い道具をちゃんと大切に運べる頑丈さ・・・それが使いやすいものなのでしょう。

道具箱だから道具をしまうのもいいです。でも、立てかけてみると ちょっと素敵な棚になります。他にもいろんな使い道が想像できそうです。

Photo  

| | コメント (0)

壁を飾る。

素敵な家具を見つけても 「置くスペースが無いからあきらめよう・・・」ということはよくあります。限られたスペースで 好きで集めたものを素敵に飾りたいというご要望のある方には、壁に取り付けるタイプのシェルフをお勧めしています。

オープンタイプのものや ガラスの扉を付けたもの、ご依頼を受けてたくさんの飾り棚を作らせていただきました。壁のあいたスペースを利用することは 限られた空間を広く使うことが出来、また ぽっかりあいた殺風景な印象を華やかにすることができるのがいいところです。絵やポスターを飾るのも素敵ですが よほど気に入ったものか いいものでなければ あきがきてはずされる運命を待つのみです。

一昔前には どのご家庭にもあったパンチングボード用のワイヤーラックを利用して、ちょっとジャンクなシェルフを作ってみました。羽目板でパネルを作り、穴を加工して 壁掛けタイプにしてみました。しっかりと錆が浮いていますが、パネルの塗装にもひと工夫しましたので 古めのものとの相性を損ねることはありません。

この時期はガラスの瓶にお花を生けて・・・気分次第で 気軽に置き換えられるのがいいなと思います。

部屋の中にいて 外の景色を眺められる窓の役割は大きいと思います。このシェルフも窓と同じくらいいい景色を作ってくれるかもしれません。

Photo  

| | コメント (0)

当時の風景。

いつも仕入れでお世話になっている方から 素敵なものをお譲りいただきました。

「WHAT WE DO Day by Day」という子供向けの生活の様子をイラストで見聞かせする アメリカの紙芝居みたいなものです。イラストが描かれたのは1947年。重版されてこれは1961年に印刷されたものです。1947年当時のアメリカの生活風景が12枚のイラストで紹介されています。

Photo

Photo_2

「At breakfast time everyone is hungry.Orange juice,cereal,eggs,buttered toast,and milk make a good breakfast.」 朝から栄養バランスもバッチリ!

Photo_3

「Having a friend come to eat,makes a party.Meat,vegetables,bread and butter,milk,and fruit make a good lunch.」 友達を呼んでのパーティー。お肉も野菜もくだものも・・・欠かせないのは やっぱりミルク。

Photo_4

「It is fun to help Mother cook.」 お手伝いは楽しくしよう!お母さんも大喜び。・・・とイラストを良く見てみると・・・食器はおそらくパイレックス。2枚目のイラストのお皿が多分 ディナーウエアシリーズではないかと・・・。

いずれにしても 1947年当時、アメリカではこんな風景が日常だったようです。

| | コメント (4)

元気の源。

目覚めが良くて、朝食がおいしいと 「さぁ!今日も行くぞ!」って気分になります。テレビの占いが良かったらなおさらのことです。

そんな朝をさらに楽しくしてくれるグッズが チョコホリックから登場です。

まずは洗面所周りを明るく可愛く。陶器で出来たディスペンサー、ソープディッシュ、歯ブラシスタンド、コップがおそろいです。プードル・キャット・ドットの3柄。肌触りの柔らかい新柄タオルも必需品。フラワー・ローズ・プードルの3柄。色合いが夏らしく さわやかです。

おはようからチョコホリック。元気の源になるかもしれません。

Photo

| | コメント (0)

この気持ちは何だろう。

子供時代に どこかで目にした記憶のあるものが身の回りにたくさんあります。「可愛いな。」「懐かしいな。」という感情が湧き出てきます。でも、それは私の場合 ホットミルクの表面のまくみたいなもので、ふとした瞬間に そのまくの内側の感情が浮き出てくる時があります。その感情は きっと自分だけのものだったりします。

友達の女の子の優しさに触れたとき・・・けんかして悔しい思いをしたとき・・・欲しいおもちゃを友達が持っていたとき・・・こっそり、ラジオの深夜放送を聞いた時・・・“小さな恋の物語”を読んだとき・・・トランプ占いに願いをこめたとき・・・怖い本を見てしまったとき・・・財布から小銭をくすねたとき・・・どんな気持ちだったかは 思い出せないけど、その場面は浮かんでは消えを繰り返します。

そんな時、本当の素の自分になっているような気がします。誰に見せるでもない 素の自分です。

だから、懐かしいものが大好きです。この環境に身を置けることを幸せに思います。

そんな感情を共有できるいつものお客さまの笑顔に出会えることが その気持ちの先に続く 何ともいえない思いだったりします。

Photo

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »