« 壁を飾る。 | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます。 »

質実剛健。

昔の大工さんの道具箱です。金槌やのこぎり、鉋やのみ・・・自分の大切な商売道具にあわせて道具箱も作ったのでしょう。永い間使い込まれた風合いは、まねして作ろうにも この味わいだけは やっぱり出せません。

一つ一つの道具の重さはたいしたことは無いけれど 集まると結構な重量になります。仕事中、探しているものが 見つからないと 作業の妨げになるので サッと探し出せる効率のよさが必要です。だから その人その人に合う形やサイズがあるのだと思います。

でも、大切なのは持ちやすさや 丈夫さだったりします。デザインは最小限の機能を持たせ、重い道具をちゃんと大切に運べる頑丈さ・・・それが使いやすいものなのでしょう。

道具箱だから道具をしまうのもいいです。でも、立てかけてみると ちょっと素敵な棚になります。他にもいろんな使い道が想像できそうです。

Photo  

|

« 壁を飾る。 | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます。 »

懐かしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 壁を飾る。 | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます。 »