« 夏は気まぐれ。 | トップページ | 元気の源。 »

この気持ちは何だろう。

子供時代に どこかで目にした記憶のあるものが身の回りにたくさんあります。「可愛いな。」「懐かしいな。」という感情が湧き出てきます。でも、それは私の場合 ホットミルクの表面のまくみたいなもので、ふとした瞬間に そのまくの内側の感情が浮き出てくる時があります。その感情は きっと自分だけのものだったりします。

友達の女の子の優しさに触れたとき・・・けんかして悔しい思いをしたとき・・・欲しいおもちゃを友達が持っていたとき・・・こっそり、ラジオの深夜放送を聞いた時・・・“小さな恋の物語”を読んだとき・・・トランプ占いに願いをこめたとき・・・怖い本を見てしまったとき・・・財布から小銭をくすねたとき・・・どんな気持ちだったかは 思い出せないけど、その場面は浮かんでは消えを繰り返します。

そんな時、本当の素の自分になっているような気がします。誰に見せるでもない 素の自分です。

だから、懐かしいものが大好きです。この環境に身を置けることを幸せに思います。

そんな感情を共有できるいつものお客さまの笑顔に出会えることが その気持ちの先に続く 何ともいえない思いだったりします。

Photo

|

« 夏は気まぐれ。 | トップページ | 元気の源。 »

懐かしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏は気まぐれ。 | トップページ | 元気の源。 »