« 出会いは不思議。 | トップページ | 強い味方。 »

お茶碗も大切。

昔から外国の暮らしに憧れがありました。映画の影響なのですが、「炎のランナー」に出てくる人々のファッションや暮らしの中の調度品には しびれました。勿論、ストーリーも大好きで 自分にとってのフェイバリットムービーです。その他にも影響を受けた外国映画は数知れずあるもので、うちでご提案したい暮らしの形は それらを切り取った場面のイメージが根底にあるのだと思っています。

しかしながら、暮らし方や会話やスタイルは 頑張れば真似できるかもしれないけれど、毎日の食事が 外国のものばかりというのだけは、きっと我慢できないと思うのです。ピザやパスタも大好きだけど毎日は無理。ステーキやパンやハンバーガーがいくらおいしくても きっと3日で飽きてしまうに違いありません。家で食べるいつものご飯が やっぱりうまいなと実感しているからなのでしょうね。

部屋を見渡せば、食器棚の中には 外国製の洋食器がいっぱい並んでいます。どれもこれも大好きな器たちです。では、ご飯をおいしくいただく 肝心のお茶碗は・・・というと キッチンのキャビネットに 少ない和食器といっしょに こじんまりと収まっています。食は生活の基本だから お茶碗も大切にしなきゃな~と思います。

そう思わせてくれたのは、この茶箪笥と出会ったからです。サザエさんの居間にありそうな茶箪笥です。でも少し 違和感を持たせました。ベニヤ張りだった扉を全て ガラスに入れ替えて 外側は塗装を施しました。こうすれば、今の暮らしの中にも自然に映ると考えたからです。ただ、内側は塗装せず 渋い焼き物をいれても合うように 古いままにしました。右手にある蛇腹の部分はシャッター式になっていて 食器以外の・・・コーヒーの瓶やお茶を入れておくのに良さそうです。ガラスは古いざらめの氷ガラスとシャッターの蛇腹にあわせて 波ガラスを入れました。和食器を素敵に見せる茶箪笥になったと思います。

でも、あえて洒落で 洋食器を入れてもいいかも・・・と浮気心が湧いてきたりしちゃうんですよね。どうしても。

Photo

|

« 出会いは不思議。 | トップページ | 強い味方。 »

リメイク・古家具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出会いは不思議。 | トップページ | 強い味方。 »