« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

少しづつ。

巷は クリスマスを通り越して 早、お正月の打ち出しを始めています。準備はお早めに・・・ということなんでしょうけど まだまだそんな気分にはなれません。

ワクワクしたのは子供時分の事としても、大人だってクリスマスは ワクワクするものです。プレゼントがもらえるってことじゃなくて、ツリーをバックに 子供の喜ぶ顔が見られるってこともワクワクの一つ。

街行く人が みな幸せそうで、その日ばかりは 素敵な何かが起こりそうで・・・そんな気分になれるから 子供も大人も楽しみに待ち望んでいます。

うちは 季節のイベントものの雑貨には あまり興味がありませんが、クリスマスだけは ちょっとだけ 感じていただけるものが並びます。キラキラしたオーナメントやキャンドルスタンドは 特別な夜に飾りたいものです。

クリスマスまで あと○日・・・早く来ないかな~って思っている子供のように、少しづつ気分を盛り上げていくのがいいんです。

Photo

| | コメント (2)

御礼。

4周年記念のイベントも本日終了いたしました。いつもお世話になっているにもかかわらず、お花やお菓子でお祝いくださった いつものお客様、感激いたしました・・・そして、体調の悪い中 わざわざお越しいただいたお客様、しっかり勇気をいただきました・・・そして、セール中にもかかわらず セール以外のお気に入りを見つけてくださったお客様、いつ来て頂いても 素敵なものが見つかるように 頑張ろうと思いました・・・そして、初めてお会いすることが出来たお客様、何かを感じながら いい時間を過ごしていただける店作りを目指していこうと再認識いたしました・・・そして、遠くから足を運んでくださったお客様・・・何度もお越しくださったお客様・・・そして、いつもお世話になってばかりのお客様・・・本当に 本当に ありがとうございました。心から厚く御礼申し上げます。

明日からまた心機一転、新商品をそろえて 通常営業に戻ります。イベントは終了しましたが、記念のオリジナル木製プレートはご用意できていますので 期間中来られなかったお客様、のんびりと遊びにいらして下さい。

この写真を撮っていて 気が付いたことがあります。確か、オープンの時のキッチンのディスプレーは・・・小さなテーブルとお揃いの椅子・・・同じ配置だったな・・・と。4年前とほぼ同じ風景から、5年目を始めようと思います。

Photo

| | コメント (0)

le 4 anniversaire

11月22日(月)4周年を迎えることになりました。皆様に支えられ、助けられ 4周年を迎えられることを夫婦ともども大変嬉しく思っています。これも 雨の日も、雪の日も ご来店くださるお客さまのおかげです。本当にありがとうございます。心からの感謝、そして 御礼を申し上げます。

そこで、日頃の感謝の気持ちを込めて 「4周年記念セール」を行うことにいたしました。期間は11月22日(月)~11月28日(日)の1週間。一部商品を除き、全品20%OFF(クレジットカードご利用の場合は15%OFF)の特別セールです。

チョコホリックの人気商品をはじめ、家具や照明、食器やキッチングッズ、グラスに生活雑貨・・・新しい雑貨も古いものも取り混ぜての特別セールです。

そして、周年記念のオリジナル木製プレートもご用意しました。セール品を含む2000円以上お買い上げの方にプレゼントさせていただきます。

クリスマスツリーのオーナメントに使っていただけたらと 始めたオリジナルプレート作りも今年で4種類目。まだまだ 寂しいツリーですが、いつか このツリーも一杯に飾れる日を夢見て・・・是非 この機会をお見逃しなく!お待ちしております!

Photo

| | コメント (6)

気分転換。

身の回りのものが変わったりすると いい気分転換になります。

私の場合、身の回りのものは すでにこう着状態にあり ここ何年も変えていません。バッグはポーターのビジネスバッグ。財布や名刺入れは ペッカリーのお揃い。ノートは15年くらい前のシステム手帳の中身を入れ替えて・・・使い込んでいるのでヌメ革がすっかりいいあめ色に・・・とこんな具合に ずっと同じ物を愛用しています。変える必要のないものを選んで使っていますが、新しいものを持つと 気分も新鮮になるかも・・・と思ったりもします。

チョコホリックだけでも 年間にたくさんのバッグやポーチや手鏡・・・身の回りで活躍する色んな商品が登場します。お手頃で可愛い雑貨なので、お求めいただきやすいということもあるのでしょうが バッグがお好きな方は、新しいデザインが出るたびに お求め下さったり・・・女性と同じように男性にも 手頃でいいものに出会えれる環境があれば、“新しいものに変えて気分転換をする”という その気持ちが理解できるようになるのかもしれません。

チョコホリックの新商品のご紹介です。フラワーメイクボックス、コーティングシリーズのミニトートとポーチ・財布、キラキラのコンパクトミラーと名刺入れの登場です。そして、プレゼントが多くなるこの時期、ラッピングもちょっと可愛く・・・マスキングテープ(3種類でワンパック)が初登場です。

気分を変えると 新しい何かが起こりそうな気がしてきます。

Photo

| | コメント (0)

冬の暮らし。その2

家で過ごす時間が長くなると 普段手を付けづらい事をする時間が増えてきます。年末も近いということもあり、大掃除とかお片づけとか・・・冬は冬で、いろいろと忙しいものです。一仕事終えて、のんびりお茶でも という時間は 年末の予定を考えながら過ごす大切な時間でも有ります。音楽を聞いたり、テレビを見たりでも いいのですが、時には静かな中で過ごすのも、冬ならではの 時間のとり方のような気がします。夏は窓を開けるので 車の音や、近所の子供達の遊ぶ声が聞こえてきます。この時期は 音の流れるものを止めると、本当に静かです。ただ、柱時計の音がコチコチと聞こえてくるだけなのです。

先日、柱時計を数台見つけてきました。動くかどうかわからずに、仕入れるので ちょっとドキドキしましたが、調整すると しっかり時を刻み始めました。

この時計はおそらく昭和初期のもの。渦巻きの鐘で ボーンボーンと少し大きめの音が鳴ります。広めのお家なら 他の部屋にも聞こえることでしょう。

Photo

こちらは SATO CLOCK。昭和20~30年代のもの。デザインがモダンで、棒状の鐘が2本、優しく繊細な和音が楽しめます。

Sato_clock

こちらは 昭和の中期から後期にかけての 比較的新しめの ぜんまい、カレンダーつき柱時計。こちらも 棒状の鐘で 優しく繊細な音がします。時間も正確で優秀です。

Photo_2

そして、こちらはオキュパイド。戦後、占領下(1945~1952)のもと日本で製作されたものです。少し小ぶりなサイズが可愛く感じます。渦巻きの鐘で ボーンとなります。60年ほど前の生まれながら まだまだ現役。これからも時を刻み続けます。

Photo_3

古いものを気軽に楽しむなら、小さな置時計はいいかもしれません。レトロなデザインでポップな色合いが素敵です。目覚ましなので、ねじは1日しか持ちません。手がかかるけど 可愛いくコチコチ動き続けます。

Photo_4

冬の静かな日常は、こんな時計がゆったりとした時間を与えてくれます。

| | コメント (2)

冬の暮らし。その1

家で過ごすことの多くなるこの時期、気持ちよく快適に 過ごすためのアイテムをご紹介していきたいと思います。

夕暮れが随分と早くなりました。ここのところ天候も悪いので、昼でも 薄暗いから 早めに明かりを付けたりします。日暮れ前の まだかすかに夕陽が残る時間には こんな間接照明が雰囲気です。

Photo

とっぷり日が沈む頃、夕食の準備が進んだら、食卓の電気を付けます。エコ電球もいいですが、クリアの電球がやっぱり好きです。

Photo_2

夜も更けてきたら 昔ながらのランプでのんびりというのも乙なものです。冬の夜は長いから 色んな味わいの明かりも楽しみの一つです。

Photo_3

| | コメント (0)

特等席。

一人の時、お茶を飲むには 雑誌や新聞が必要です。オープンテラスなら 歩く人を眺めながらというのも時にはいいですけど、やっぱり手持ちぶさた。愛読書を持ち歩くのもいいですよね。

家の中にも そんな読書スペースがあったらいいと思いませんか。窓際のほんの1畳分に座りやすい椅子と小さなテーブルを置いて・・・好きな音楽が静かに聞こえて・・・昼のひと時がゆっくりと流れます。

お休みの昼の過ごし方がちょっと変わりそうです。専業主婦の方は 昼の特等席になりそうです。

Photo

| | コメント (0)

思い描いて。

スチールの取っ手つきのケースを見つけました。おそらく、昔の電動工具のケースだと思うのですが、はっきりしたことはわかりません。元の色は 単なるグレー。錆が浮いて おんぼろだったのですが・・・それを生かして 何かに出来ないかと・・・イメージを膨らませました。

ジャンクなものは やっぱりジャンクに!塗装はしっかり塗らずに 少し雑に。そして、サンドペーパーで 剥がして、剥がして・・・下の部分に穴を開け ゴムの脚をつけて、古いつまみをつけました。素材がハードなので 見た目を柔らかく・・・扉にフリーハンドで 枠を書いて・・・完成!

イメージ通りのちょっとハードな でも、優しい印象のキャビネットになりました。スチールなので、マグネットでメモをとめて・・・思い描いたイメージそのままの姿がここに生まれました。

Photo

| | コメント (2)

店内風景。

過去のブログを振り返ってみました。そこには 思い出深いたくさんの家具や雑貨が写っていました。お求めいただいた方の顔を思い浮かべながら 懐かしくも、今はどんな風にお使いいただいているのか・・・思いを馳せています。

とても珍しく二度と出会えないもの、自分でも欲しかったものが画面の片隅に写っている事もあり 単品でのご紹介もいいのですが 「引いて写した写真も大事だな。」と思ったのです。

そこで、今現在のお店の風景を残しておこうと考えました。

まずは入り口、チョコホリックの雑貨が中心を占める食器達。ガラスキャニスターやグラス、マグカップやお鍋・・・どこか懐かしさが感じられる 可愛く新しい雑貨たち・・・

Photo

そして、入り口から奥へ続く壁際・・・女性にとっては 家の中の自分の基地になるかもしれません。机代わりのミシン台と収納たっぷりのチェストと小物達。このミシン台は、天板のみをフラットな物に変え、フロントの小物入れと 引き出しをそのまま移植しました。鍵もかかるように工夫してあります。

Photo_2

これまで たくさんの日本製のグラスを見てきました。でも、まだまだ見たことのないものとの出会いがあります。いったい どれだけのグラスが日本の食卓をにぎやかに彩ってきたのでしょう・・・

Photo_3

お店の中心、外が見える窓際の席は とても居心地のいい場所です。こちらには アメリカから来た 同じ時代を生きてきた食器たちが並びます。外の光に透けるミルクガラスの柔らかさに 異国の暮らしぶりを想像します。ゆっくりした時間の中で ちょっとした小旅行に出かけた気分に浸ります。

Photo_4

柱時計がコチコチ、ボーンと時を刻むこのスペースは 机と黒板が幼い時の記憶と、今を気持ちよく過ごすときを表現しています。自分の中では 仕事部屋のイメージ があるのですが・・・こんなオフィースが理想だったりします。

Photo_5

キッチンはあくまでも明るく、機能的に。新鮮な野菜のみずみずしい色合いが似合うキッチンは おいしさを生み出す大切な場所ですから・・・プリントの可愛いホーローグッズは愛着を持って長く付き合えるものです。

Photo_6

食器はどうしてもしまいこんでしまうもの。でも、スペースさえ確保すれば 見せる収納も、キッチンの景色となって素敵だと思います。面倒がらずに 入れ替えながら色合いをそろえてコーディネートすれば いつでもキッチンは新鮮な場所になります。

Photo_7

今日のテーブルは バラ尽くしです。午後のほっとしたひと時、ゆっくりコーヒーをおとし 甘いものでもいただきましょう。ゆったりした音楽でも聴きながら・・・

Photo_8

最後は もっとも贅沢な部屋。今の時代 こんなスペースはなかなか持てません。部屋に余裕が有れば持てるのでしょうけれど・・・完全なプライベートルームをイメージしてみました。(独身のときの 自分の部屋のイメージ。)でも、こんな時代・・・こういうスペースこそが必要だと思います。じっくり物思いにふけることの出来るスペースは かけがえのない時間を与えてくれるものです。自分にとって大切な何かを気づかせてくれる時間が持てるのですから・・・

Photo_9  

自分らしい暮らしを送られる方へ。これからも “何か”を感じていただけるように いろんなご提案をし続けて生きたいと思います。

| | コメント (2)

くすぐったい気分。

「最近、こちょばしてないなぁ。」・・・何のことかとお思いでしょう。しばらく忘れていた感覚として、脳裏によみがえってきたのは、赤ちゃんと遊ぶとき お腹や脇の下を こちょこちょこちょばすと お腹の底からころころと笑うのが可愛くて、なんだか自分もくすぐったい気分になったなぁ・・・という感覚。もうただ 無心に 笑わせることに集中して、こちょばす側もこちょばされる側も、ある意味 真剣勝負の世界。勿論、引き際が肝心だから いつまでもしつこくするのはご法度ですけどね・・・この感覚が「わかる!」というかたいらっしゃると思うのですが・・・もしかして・・・私だけじゃないことを祈ります。

古いものの中には 見ているだけでくすぐったい気分になるものがあります。それは、どうやら懐かしさや想像の中に潜んでいる気がします。

Photo

女性でいえば 鏡台に座り、お母さんの真似をして口紅をいたずらしてつけて見たりした時。(女性じゃないのではたして くすぐったい感覚なのかは あくまでも想像の世界。)

男性でいえば 大海原をヨットで航海しているところを想像してみたりした時。

Photo_2

こんなもの達が 赤ちゃんと無心に遊ぶ 喜びを思い出させてくれたりするのです。

| | コメント (0)

小さな家具。

人気のある小引き出しやブックスタンドなどは、なかなか見つからなくなってきました。小さな家具は人気があるのでしょう。御多分にもれず、うちも入荷すると ご紹介する前に売れてしまいます。

見つかりにくいものは 作るしかない!と思い、久々に オリジナルの小さなキャビネットを作りました。オリジナルの雰囲気はそのままに お求めいただきやすい価格設定にしました。気に入って下さる方がいたら、いつでもご覧いただけるように定番化しようと思っています。デザインや塗装など、ご意見あれば 遠慮なくお聞かせ下さい。

Photo

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »