« 楽しみのお手伝い。 | トップページ | 冬の暮らし。その3 »

さぁ、いくよ。

娘の友達に 「サンタさんに何をお願いしてるの?」と聞いてみました。すると とても現実的な答えが返ってきました。

今の子は、おもちゃは普段から買ってもらえるので、特にクリスマスにお願いしよう!って考えはないのでしょうね。しかも、サンタクロースが存在しているということさえも否定しているので、現実的なものの考え方になるのでしょう。

私が同じ年の子供だった時は、このときとばかりに 新聞の折込チラシが入ったその時から あれもいいし・・・これも欲しい・・・とチラシがぐちゃぐちゃになるまで 見回したものでした。

親になった今は、自分自身がサンタクロースの存在を信じ、疑うことはありません。当然、おもちゃをお願いするようなことはありませんが イブの夜にはきっと素敵なことが起こると思っているのです。だから、娘には「信じられないなら信じなきゃいいさ。」と言います。プレゼントをくれるのは 親だってことはわかりきったことだけど、ものではない願い事は 見えない存在(信じるもの)にしか叶えようがないのですから・・・。そんな、考え方があることを知って欲しくて・・・大きくなっても きっと聞き続けることでしょう。

「サンタさんに 何をお願いしたの?」って。

今頃は、どんなに忙しい思いをしていることでしょう。出発の準備が出来た頃でしょうか。

Photo

|

« 楽しみのお手伝い。 | トップページ | 冬の暮らし。その3 »

懐かしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽しみのお手伝い。 | トップページ | 冬の暮らし。その3 »