« いいものはいい。 | トップページ | 大切に。 »

生活を共にする雑貨。

パスティーユは雑貨屋の看板を出しています。「あ、雑貨屋だ」と気づいた方に 食べ物屋でもなく 喫茶店でもなく 雑貨のお店としてお越しいただくための看板であります。

その看板には あるメッセージを込めました。昭和20年代のレタリング帳を元に デザインしたその文字は ロマンチックな女性らしい雑貨でもなく カントリーや北欧風でもなく シンプルで都会的なものでもなく、ましてやアンティーク雑貨をイメージしたものでもありません。扱う品物は雑多ではありますが かと言って 100円ショップのように何でもあります。というお店でもありません。雑貨屋でありながら 生活必需品といわれるものは ほとんど無いのです。

しかしながら、“雑貨”の看板を掲げています。それは、消耗品としての雑貨ではなく 暮らしの中で生活を共にしていく道具達を扱っていますという意思表示なのです。

先日、いつもお世話になっているお客様から カウンターテーブルの製作の御依頼をいただきました。時間をかけて 探し回れば 似たようなものは見つけられるかもしれません。でも、お客様がイメージして御依頼くださったものは この世にたった一つのものなのです。そのお気持ちを大切に製作いたしました。

お届けに伺うと 早速、御主人が椅子(以前お求めいただいたスツール)に座り パソコンを設置していらっしゃいました。その姿を見て こうして暮らしの中で使いながら、共に過ごしてくださるんだな・・・と感慨深く思ったのです。

Photo_3

グラス一つも家具も 私にとっては 生活を共にする大切な道具であります。そんなもの達のことをこれからも私は 雑貨と呼ぼうと思います。

|

« いいものはいい。 | トップページ | 大切に。 »

パスティーユオリジナル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いいものはいい。 | トップページ | 大切に。 »