« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

作戦会議。

今年もあと残すところ一ヶ月となります。本当に月日の流れが速いと感じるようになりました。

いいことも 良くない事も過ぎ去って、この先に待っている何かを受け止めながら 心に刻んでいくのでしょう。時の流れは速くても どんなこともしっかり心に留めて 前に進みたいと思います。

ところで、12月はイベント続きですね。クリスマスに忘年会、年賀状の準備に大晦日から新年を迎える準備・・・それに・・・大掃除も・・・。イベントというか・・・みんな大忙しです。それぞれ、どうしましょうか?決め事が多いので大変です。作戦を練っておく必要も出てくるのではないでしょうか。

家族で話し合うも良し。ですが 一人のときにも お茶の時間を利用して あれこれ考えを巡らせるのもいいかもしれません。(一人作戦会議です。)

今日、アメリカからの荷物が届きました。ミルクガラスのマグカップです。イチゴのスタッキングマグもウェストフィールドのチェックマグも 何だか 楽しいヒントを思いつかせてくれそうな・・・私にはそんな気がしてきます。

Photo

| | コメント (2)

ますます。

本日、5周年のイベントが終了しました。たくさんのお客様に 支えていただいての5周年を実感いたしました。「続けてもらわないと困るわよ。」と言ってくださったことが 胸にジーンと響きました。こうして 支えてくださっているお客様に 恩返しできることがあるとすれば 今後も 「素敵だな・・・」と思える暮らしを御提案し続けることのみです。

「この場所で過ごす時間が大好き。」と感じていただけますように、ほかでは出会えない パスティーユらしい 御提案を続けていこうと思います。

お忙しい中、足をお運びくださったお客様 本当にありがとうございました。心から御礼申し上げます。そして、期間中 何かの事情で来られなかったお客様 オリジナルプレートは御用意しておりますので お時間のあるときに 足をお運び下さいませ。“何か”が見つけられる時間を御用意してお待ちしています。

ますます頑張ろうと決意を新たにした 数日間でありました。

Photo

(このアメフト人形は私物です。こんな気持ちです。と表現したかったのです。)

| | コメント (0)

長い付き合い。

みなさんの身の回りにあるもので “長い付き合い”と呼べるものは いったいなんでしょう。

うちのお客様は 古い物好きのかたも多いので 「子供の頃からずっと持ち続けています。」というものをお持ちの方も いらっしゃるかと思います。そういうものは 本当の宝物ですね。決して手放されることが無いようにして、受け継いでいただきたいものです。

私が “長い付き合い”と呼べるものは 若い頃に買った ミシンテーブルとアンティークの椅子であります。はや、30年来の付き合いになります。この先も 当たり前のように ここにあるので 一生の付き合いになりそうです。こうして 長い付き合いになるものを選べたことは 好みが変わらずに今も 同じ気持ちを持ち続けていられるからです。自分がいいと思えたものは やっぱりいつまでもいいと思えていることに 私は安心を覚えます。これから出会うものも やっぱりそう思い続けられるものを選ぶと思うのです。

Photo

| | コメント (0)

le 5 anniversaire

月日のたつのは 本当に早いもので 11月22日で5周年を迎えることになりました。

たくさんのお客様にお支えいただき、記念すべき日を迎えます。夏の暑い日も、大雪に見舞われた日も お買い物をしてくださった皆様のおかげです。夫婦共々 心から御礼申し上げます。

そこで 今年は『le 5 anniversaire』スペシャルセールを行います。古いものを中心に、一部除外品を除き 店頭商品が10%~30%OFFになります。(クレジット御利用の場合は5・15・25%OFFとさせていただきます。)

また、今年も5周年記念木製オリジナルプレートを御用意いたしました。2000円以上お買い上げの方に プレゼントさせていただきます。日頃の御愛顧の感謝の気持ちを込めて・・・今年も夜なべで仕上げました。本格的な冬の到来を前に 是非御来店くださいませ。

5

| | コメント (2)

休み無し。

ちょっと乱暴な言い方かもしれませんが、人って 心から好きなこと以外のことをする時は 疲れるみたいです。

毎日の仕事や家事、誰かがしてくれるわけじゃないから 自分が頑張ります。家族のため、将来のため、自分のため、人様のため・・・日々していることは 何かのためです。しなければいけない事をするのは ストレスも疲れもたまっていきます。みんな そういう風に暮らしています。お休みがあるのは そんな疲れを癒すためにあるみたいな気がしてきます。

でも、心から好きなことに没頭している時は 案外 疲れないものです。本当にやりたい趣味やスポーツをした後は 心地よい疲れが待っているのみです。

同じく体を動かしていても、その違いはいったいどこにあるのでしょう。簡単に言うと、“やるか” “やらされるか”の違いだと私は思います。でも、そんなに単純じゃないことは 私にもちゃんとわかっておりますが、毎日同じことをしていても 心の持ちようで 変わってくることは それでも確かなようです。

女性は大変です。毎日の家事に加え、仕事をしているかたもいらっしゃいます。それに、綺麗でいるための 努力が加わるのですから。でも、「しなきゃいけないから化粧する。」と思っていたら きっと疲れてしまうような気がします。実は 今 お昼にやっているドラマにはまっています。お化粧を通した 人たちのお話です。自分らしい美しさを気付かせてあげるプロセスが面白いのです。(化粧にはまっているわけではありません。あしからず)

きっと、どんなことも心が求めて行動することには 底知れない力があるのでしょう。それを見つけることも 難しいことではありますが、頑張らずに頑張れることをたくさん見つけていくことが 大切な気がしてなりません。そう思うことに お休みは無いからです。

チョコホリックの雑貨たちは そんな女性達の心強い味方だと思っています。

Photo

| | コメント (0)

design by the mom.

御注文をいただいて、久々に お子さん用のままごとキッチンを作りました。ベースは以前お作りしたものですが ディテールはリクエストによるものです。

「扉をつけて・・・棚をつけて・・・サイズを少し大きめに・・・配色は・・・」とイラストにしてお持ちいただきました。そして、お子さんが大きくなって ままごとを卒業されたら 飾り棚として使えるように・・・ということでした。小物を取り外しできることは勿論、シンクのボウルの穴は 閉じられるようになっています。お客様にご覧いただく前の御紹介ですが、気に入ってくださるかな~とドキドキです。

いったいどんなお料理を作って御馳走してくれるのでしょうね。楽しみですね。「ママがデザインしたんだよ」って話してあげれば、きっと素敵な贈り物になることでしょう。

余談ですが、「人は物に執着するのではなく、物にまつわる思い出に執着するのです。」といつか見たテレビで言っていました。思い出をいっぱい詰め込んで ずっとお使いいただけるよう 思いを込めて製作いたしました。

Photo_2

| | コメント (2)

ちょっとウキウキ。

お店の前の道路工事もようやく終わりました。工事中は大変御迷惑をおかけ致しました。せっかくお越しいただいても 御案内の不備でお立ち寄りいただけなかった方もいらっしゃったかもしれません。また、駐車しにくい中 お越しいただいた方にも いろいろと御迷惑をおかけした 工事でありました。

でも、終わってみれば 駐車場も以前より ずっと使いやすくなりましたし、店の前も とてもきれいに生まれ変わりました。色々あり、複雑な心境にもなりましたが いざ 出来上がって新しくなってみると・・・なんだか少し心が弾みます。今後は 車も止めやすくなりましたので また ゆっくりと御来店くださいませ。

仕入れに出かける時、「何か素敵なものに 出会えますように。」といつも思っています。でも、心の持ちようで いいものを見逃してしまうということも よくあることです。古いものとの出会いは 一期一会。もう出会えないかもしれない・・・と思う時ほど 手にとってじっくりと どう付き合って行けるかと思いを馳せます。

この 木琴を手に取った時も じっくり 思いを馳せました・・・・・木琴をただの木琴として使うのは 面白みも何もありません。例えば・・・・・「ご飯ができたよー」という合図に・・・キンコンカンコ~ンと鳴らしてみる。各自別の部屋にいても、「あ、ご飯だ。」とわかるみたいに。でも、どこにでもある木琴なら そんなことは想像も出来ません。この木琴だから 思いつくのです。木を削った具合で 音を調整してあるので どこか微妙に音程が違ったり、音階の表記が音符でしてあったり、裏には 達筆でドレミ・・・と書いてあったり・・・なんか 古いものの温かみを感じるからです。

「もういらないな これ。」と思ったものでも 見る角度を変えてみて、新しい使い道がもし見つかったら・・・なんだか ちょっとウキウキしてきませんか。

Photo

| | コメント (0)

らしさ。

チョコホリックの新商品が入荷しました。いつも思うのですが オリジナリティにあふれ、チョコホリックらしいなぁ~・・・と。似かよった可愛い雑貨は他のメーカーさんにもたくさんあります。でも、どこかが違う・・・一貫した雰囲気があるのです。

どこかで見たことあるような・・・時にはそんな商品もありますが、それでもチョコホリックらしさは 決して失われることはありません。今回も そんな“らしさ”あふれる商品です。

そして、御存知の方もいらっしゃるかもしれませんが 明日いよいよ スイマーとチョコホリックのMOOK本が発売されます。スイマーとチョコホリックに携わる人達のことも載っていて、その“らしさ”を垣間見ることが出来ます。お店にも 数冊入荷しておりますが 書店にて お手にとってご覧になってみてください。特別なおまけ付です。

新商品は プリントのキャンバス地バッグと刺繍が可愛いお財布。そして、蓋付2重構造のステンレスマグです。

Photo

下にあるのは 昔のストーブ台。黄色のきのこは 実は陶器のスパイスボトル。アメリカからの荷物に入っていましたが・・・昔の日本製です。輸出されたものの、このたび里帰りとなりました。

チョコホリックのある暮らしにも いろいろな解釈がありますが、うちが考えるチョコホリックは この写真の雰囲気だったりします。うちらしいでしょ。

| | コメント (4)

環境を整える。

稀に 「このお店で見るから素敵なのよ。」とおっしゃる方がいらっしゃいます。それは そうかもしれません。何故なら 壁も床も照明も 私達が考える環境を整えているからです。

うちのお店には 古いものがたくさんあります。その昔、普通に どんなお宅にも確かにあったものが 目に付きます。当時は “素敵に暮らしたい”という思いから 可愛い食器やお部屋に置くものを買い求めるということがよくありました。ところが 家の内装や家具などまでに 気を配ってお部屋作りをされる方は やはり特別な環境の方に限られたものだったはずです。だから、化粧版のテーブルに 花柄の食器・・・みたいな組み合わせが 当たり前とされて、およそ お洒落な暮らし・・・とはかけ離れたちぐはぐさが目立つようになってしまいました。 ある時代には “田舎くさい 鼻つまみもの”的な扱いを受けることとなってしまい ただ懐かしいだけのものになってしまったのです。

アメリカから輸入される 食器などや暮らしを参考に 日本のメーカーで作られたものは、当時の一般家庭の暮らしには もしかすると不釣合いだったのかもしれません。でも、数十年を経て 近代的な今の暮らしに 当時のものが マッチするか・・・というと それも違うような気がします。一般的な家具屋さんは 今でも 当時とそんなに変わったと感じることが出来ないからです。 

そんな風に考えると 「このお店で見るから素敵なのよ。うちで見ても素敵に見えないんだよね。」というのは 当然なことかもしれません。よく聞くのは 「マネキンが着てるから 素敵に見えるけど 自分が着ても 素敵にならない。」という言葉です。流行のものが似合わなくたってかまわないと 私は思います。自分が好きなものが一番似合うと思うからです。でも、実際は 流行のものを着てみたいし、着こなしてみたいと思うのが 普通の考えです。ところが それを受け入れる準備も環境も整わないうちに 手を出してしまったものは、 必ず たんすの肥やしになってしまいます。

雑貨の世界にもたくさんのものがあり、好みも千差万別です。雑貨好きの人は たくさん居ると思いますが 好きな雑貨を取り入れる環境は整っていらっしゃいますか?その環境に 似合う雑貨を選んでいらっしゃいますか?ちぐはぐに ならないようにするには 流行の服を着る前に 自分を知ることが大切だと思います。暮らしにおいても、今の環境に 似合う雑貨選びをするか、好きなものに囲まれて暮らすための環境を整えるかの どちらかが、雑貨選びを楽しめる近道のような気がします。つまり、自分の暮らす姿が見えて来るのだと私は思います。

お店の中の 一つ一つの商品が環境を整えるヒントになるといいなと いつも 私は思っています。

Photo

| | コメント (4)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »