« 偶然かもしれませんが。 | トップページ | キッチンは・・・。 »

和室を楽しむ。

たいていの場合 家には和室があります。近代化された最新の家や注文住宅にも 和室を設ける方は たくさんいらっしゃると思います。それは 仏壇を置くためだったり 客間としてのお部屋として考えることが多いのではないかと思います。

ところが実際には たまに見えるお客さんのために がらんとした空き部屋状態になっていたり、たんすを置く部屋になっていたり、子供が遊ぶ部屋になっていたり、洗濯物を干す部屋になっていたりします。普段の生活空間が 手狭になってくると 置ききれない物が和室へと追いやられて 収まっていたりすることが多い気がするのです。

本来、和室は 脈々と受け継がれてきた 日本の生活文化を楽しむためのお部屋であります。和服を着て畳に座ることで 日本人としての感覚が蘇ってくることもきっとあるに違いありません。おそらく、ほとんどの人は 家を持とうと考えた時、それを思って 和室をなかなか排除できずにいるのだと思うのです。しかし、日々の生活の中では そんな余裕を持てる暇もなく 和室は本来の使いかたをされずにいることが 多いのではないでしょうか。

ちょっと特別な日は 和室で食事を取ってみる。お客さんが来たときは 和室へお通ししてみる。それだけで 和室はきっと無くてはならない お部屋になると思うのです。でも、今の時代 和室をしつらえるのは 少し贅沢なことなのかもしれません。頻繁に使うことのない部屋なのですから。和の家具を置き、季節の花を生ける・・・想像すると素敵なのですが それがなかなか出来ることではありません。

でも、こんなテーブルがあれば 和室でたまの食事も楽しむことが出来そうです。一枚板の少し大きめの座卓です。大人4人がゆったりと いい距離で食卓を囲むことが出来ます。少し暗めの照明で 楽しむお料理と日本酒は よき日本の暮らしを思い起こさせてくれることでしょう。でも、使う食器は 焼き物や和食器だと気分じゃないので お気に入りの可愛い食器が並ぶといいと思います。

Photo

|

« 偶然かもしれませんが。 | トップページ | キッチンは・・・。 »

リメイク・古家具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 偶然かもしれませんが。 | トップページ | キッチンは・・・。 »