« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

どんな味付けを。

先日、娘にチャーハンを作りました。たびたび挑戦するも 焦げ付いたり、味がしなかったりと さんざんなチャーハンを食べされられる娘も気の毒だな・・・と思っていたのですが、ようやく 自分でも納得のおいしいチャーハンを作ることに成功しました。でも、娘の反応は・・・・・「いつもと同じ。」とそっけない素振り・・・娘のいけず・・・。

まぁ そんな風に自分が作っても 同じにならない料理の味付け。調理する人の数だけ 同じチャーハンでも それぞれの個性があってしかるべきものです。

では、暮らしぶりに付いてはどうでしょう。あえて 暮らしぶりについても“味付け”と呼ばせてもらうとしたら、それはもう 世帯の数だけ 様々な“味付け”があるはずです。どんな家を選び、どんな家具を配置し、どんな生活雑貨に囲まれて・・・どのように暮らすのか。考え方一つが この先の暮らしの味付けを変えていきます。より楽しく・おいしくを暮らしの中にも 取り入れたいと私は思います。

そこで、新しい家具が入荷しましたので ご紹介します。一つは 久々の片袖の机です。少し大きめのサイズなので 広々としています。引き出しの深さも 一段一段違うという 凝った作り。塗装しなおして すっかり綺麗になりました。

Photo

そして、細かい仕切りが手の込だ書類棚は オイルで仕上げました。わりと幅があるので たっぷりの収納力です。

Photo_2

机は可愛い印象ですけど 古いものジャンクなものとも合いますし、チョコホリックの可愛い雑貨にも相性ぴったり。書類棚は 渋いのですが カラフルな生地などを収納しても 見やすくて 探しやすくていいかもしれません。どちらも その方の“味付け”次第で 生かされる存在になったと思うのです。

あなたなら いったいどんな味付けをされるのでしょうね。私は これからゆっくり考えます。

| | コメント (2)

傍らに。

古いものを訪ね歩く時、ふいに時間がギューンとさかのぼるような錯覚におちいる時があります。小さい時に うちにあったものとの出会いじゃなくても そうなります。

幼少の時の記憶というのは ふいに現れるから不思議です。学校に通い始める前というのは 家の中が全ての世界だから 記憶の深いところに刻まれているのかもしれません。タイル張りが印象的だった古い台所・・・スプリングの跳ね返りが楽しくて 飛び跳ねて壊してしまった 布張りの赤いソファ・・・玄関の下駄箱の上の 仲良しねこの陶器の置物・・・フリンジのカバーの掛かった足踏みミシン・・・そのどれもが 心の底の風景として 刻まれています。

実際にうちにあったものではなくても どこかで触ったことのあるものや、見かけたもの・・・それらと同じ感覚のものに 妙に惹かれてしまうのです。ただし、それらは 単なるノスタルジーから得られる感覚とは違います。素朴で ちょっとお洒落で、今の時代に 生み出されることの無い 当時のメーカーの人の手や感情が生み出した暖かさを感じられるものだから、心惹かれてしまうのだと思います。

花のモチーフが素敵なこのキャリーケースも 幼少の頃の記憶の中に 確かにあるものです。色とりどりの毛糸が入っていて 長い編み棒が刺さっていた印象です。そうだとすれば およそ40~50年前のものとは思えないくらい ちゃんとしていて綺麗です。よくぞ この状態で残っていてくれたものだと感心します。誰しもが必要としたものではなかったから、 思い切って買ったものだからこそ大切にしよう・・・と、ものに対するその気持ちが伝わってくるのです。“そう思わせてくれるもの”って素敵だなぁと 眺めれば眺めるほどに そう感じるのです。私にとって “いいもの”とは そういうものだと思うのです。

昔の家の中という小さな世界の暮らしの傍らに こういうものがたくさんありました。この先 生み出されるものたちもこうあって欲しいと思うのです。

Photo

| | コメント (0)

「夏のマルシェ」

どんな夏をお過ごしですか?オリンピックも終わり、たくさんの思い出が出来たのではないでしょうか。

でも、まだまだ夏はこれから・・・・・Marche' du PASTILLE 2012 「夏のマルシェ」を開催いたします。

期間は 8月18日(土)~31日(金)の2週間。

今年は 家具や雑貨・食器など古いもの、懐かしいものが店頭価格より 10%~20%OFFとなります。一部除外品があり、のシールが付いたものが対象です。(クレジット御利用の場合は それぞれ5%・15%OFFとなりますので御了承下さい。)

そして、今年は ちょっと特別なものを御用意いたしました。

「夏のマルシェ」のために作成した 『パスティーユ オリジナルポストカード』を2000円以上お買い上げのお客様にプレゼントいたします。

夏の素敵な風景を切り取った 完全オリジナルポストカードです。日頃の御愛顧に感謝を込めてプレゼントさせていただきます。

まだ残暑の続く、決して快適な店内・・・とはいきませんが ゆったりした時間の中で お気に入りの一品を 是非この機会に見つけてみてください。心よりお待ちしております。

   

| | コメント (0)

お盆休み。

お盆ムード真っ只中。お店も 帰省された方とか 初めてお越しくださるお客さまが目立ちます。実家に帰ってきた 安堵感というか お休みの のんびりした感じとかがうかがえて なんだか一番好きな季節です。気温もいい感じに上がってきて 今夜あたり 近所の子供達が花火に興じる姿を見ることが出来そうです。

そんな中、チョコホリックの新商品が入荷しました。以前も ご紹介したことのある 陶器のサニタリーグッズです。ディスペンサー・歯ブラシスタンド・コップ・ミニケースが揃いました。

実家といえども 朝の目覚めは 自宅とはちょっと違います。夜更かしの 酒盛りも ついつい羽目をはずしがち・・・でも、できれば早起きをして 北海道の短い夏を少しでも満喫したいと思います。少しだけ 爽やかな朝が迎えられそうな・・・そんな気がします。

追伸

8月16日(木)お盆休みをいただきます。家族で田舎の空気を満喫してこようと思います。翌日より通常営業となりますので よろしくお願い致します。

Photo

| | コメント (0)

どうぞごゆっくり。

お客様がいらっしゃると いつも「どうぞごゆっくり見てくださいますように・・・。」と心の中で つぶやきます。でも ほとんどの場合、一巡りされて ささっとお帰りになる方が多いです。聞こえてくるのは 「おばあちゃん家にあるよね。」「そうそう。」という会話です。

何かを感じていただけただろうか・・・お帰りになった後で いつも思うのですが きっとそのかたがたには 何の印象も残ることはないんだろうな・・・と思うのです。仕方のないことだけど 趣味嗜好の違いが はっきりしているやりかたしかできていないので、「伝わらなかったな・・・。」と思うしかありません。それを 好んでやっているので ほんとに仕方のないことなのです。

でも、いつも足を運んでくださる お客様は お店の中を時間をかけて 何度も何度もご覧いただいています。お話を伺うと、一度ゆっくり見ても 気付かなかったものが 何度も見ているうちに見えてくるのだそうです。そうして、暮らしに合いそうなものを見つけてくださるのです。

忙しい毎日の合間に ゆっくり時間が取れるのは とても難しいことです。でも、もしゆっくり時間が取れたときには 心行くまで 何かを想像しながら過ごせる時間を楽しんでいただきたいと・・・毎日シャッターを上げながら そう考えるのです。

私のゆったりした時間は 月一回更新される あるホームページを見ることです。あるジャンルの事について 写真を交えながら語られる その方の思いを軽快な語り口と共に楽しむのです。何年もやっていらっしゃるので 初めから読もうとすると それこそ何時間もかかります。ほんとに時間のあるときにしか 読みふけるわけにもいきませんが ほんとに楽しくて、出会えてよかった・・・と感謝しています。

そんなわけで今回は お店の中の一つ一つの景色をゆっくりと眺めていただこうと考えました。お店でご覧いただいているお客様にも もしかしたら気付かずに通り過ぎてしまったものが見えてくるかもしれません。

それでは、どうぞごゆっくり。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5  

| | コメント (2)

会いに行く。

お盆の時期を迎えますね。帰省の準備は 順調でしょうか。しばらくぶりの 親戚やいとこ達に会えるのは お盆の楽しみの一つです。わいわい賑わって 夜更かししたり、スイカやとうきびなど 夏の味覚に舌鼓をうったり・・・・・一つ一つの出来事が 夏の思い出に加わっていきます。

自分の実家に帰るなら それこそ 思い出の品を眺めれば、幼い日の自分に会えるかもしれません。夏だから そんな気分に浸るのに たくさんの時間はかからないはずです。

そんな時期にぴったりの チョコホリックの新商品が入荷しました。いつも 追加発注がきかない人気商品の「キャスタートランク」です。S・M・Lのスリーサイズで 柄は フルーツ・ローズ・フォレスト(森の動物)の3種類。お泊りの準備が 楽しくなりそうです。そして、夏の必需品 「タオルハンカチ」もイラストデザインが 可愛いです。そして もう一つ、「ビニールバスケット」は 発想一つで 色んなシーンで活躍します。取っ手を重ねれば かごバックとしても使えます。

Photo

家族や親戚に会いに行くのも、幼い日の自分に会いに行くのも この時期ならではのお楽しみです。  

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »