« 乙なもの。 | トップページ | 作り手の意思。 »

本棚。

人生において 良い本との出会いは欠かせないものです。

それが 子供の時であれば、感情を揺さぶるものとなり 心を育てる一端となりうるものです。

若年期においては 親から学ぶこと以外の 考え方や生き方を示す 道しるべとなりうることも稀なことではありません。

その時期を経て、ある程度 自分なりの考えかたが固まってきつつある時でさえも ある本をきっかけに 気付かされ 考え方や生き方までも変わってしまうこともある・・・それが 本の持つ力だったりします。

いろんな人の物語を読むことや 考えかたに触れることで、自分にとって必要な 知識を得て、思い、悩み、自分のなすべきことを見つけていくことが “生きる”ということだと思っています。だから いい本とたくさん出合うことが大切なのだと思うのです。

本を読まなくても たくさんの人と出会い その人と話し、考え方に触れ、感銘を受け、自分の中に 少しでも良い部分を取り込みたいと常に思っていれば、いいことなのかもしれません。ところが そうできないのが 人間だし、合わない人とは そんなことをしても あまり意味が無く、疲れてしまうだけです。物言わぬ本は 自分に合わなければ 途中で読むのを止めてしまえばいいだけなのですから 相手を傷つけることもありませんし、自分が傷つくこともありません。

ただ、いろんな人がいて その人達以上に様々な本があるので どんな本と出合うのかは、やはり選ぶ側の問題となってきます。それこそ、自分にとって “良い本”というものは 手元に置いておきたくなるものですが なかなか簡単に出逢えないものだから 古本屋がたくさん存在するのでしょう。多くの人が 良い本との出会いを求めるが故の 結果なのかもしれません・・・。

ともあれ、自分にとって大切な本は どんな人にもあるはずです。それが 多いか、少ないかは その人の言動や行動を見ればわかる気がするのです。

シンプルだけど 良い本棚を見つけました。大型の本も納められる本棚です。

この本棚をいっぱいに埋めるだけの本との出会いは 自分には まだまだずいぶんと時間がかかりそうです・・・もし、いっぱいになった時、どんな本棚に なるのかが楽しみでもあるわけです。

Photo    

|

« 乙なもの。 | トップページ | 作り手の意思。 »

リメイク・古家具」カテゴリの記事

コメント

先週は帰省の際
またたくさんの雑貨をありがとうございました。

目に入る度に毎日どきどきします。


花瓶を買って関東に戻ったら
偶然知人から花をいただきました。

理由はなく、なんとなく渡そうと思ったらしいので、
なんだか不思議な話です。

水彩絵の具を滲ませたような青い花と、白いバラが活けてあります(^^)


ところで
以前いただいたフェデラルのマグと、
アルコパル(ミスド)のティーカップ、

夜が冷えるのでホットミルクを作りたいのですが、
レンジにかけても大丈夫でしたっけ?


お時間のあるときに教えていただきたいです。

投稿: | 2012年9月24日 (月) 01時35分

帰省の際はお立ち寄りいただいてありがとうございます。元気な姿を 見れて安心しています。ピンクの白鳥のミルクガラスの花瓶は 出会えてよかったですね。メージにピッタリですよ。

さて、カップの件ですが どちらも耐熱なので 電子レンジ勿論OKです。ホットミルクがよりあったかく感じることでしょう。

体に気をつけて また会える日まで元気でね。

                               パスティーユ

投稿: がんばりやさんへ | 2012年9月24日 (月) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乙なもの。 | トップページ | 作り手の意思。 »