« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

良いお年を。

今年最後のブログとなりました。596話目の記事となります。

ものとの出会いがあり、心の底に眠っていた思い出や 自分はこうありたいと思う事を至らぬ文章で書き綴って来ました。時々読み返すと 思わず夢中になり 時のたつのも忘れて 読みふけり、気が付けば何時間もたっていた・・・ということもあったりします。自分で書いておきながら、思わず共感していたり・・・二度と出逢えないものたちとの写真での再会の楽しみもありますが やはり、気持ちを書き残すって大切な事だと 今更ながら思ったりしています。

今年の営業も残すところ後一日となりました。振り返ると 今年は数年来 不況といわれていましたが こんなに実感として 不況を感じる年は無かったと思います。それくらい大変でした。そんな中でも このブログを見て、一つの雑貨に込めた思いを感じてくださり わざわざ足を運んで買い物してくださる皆様のおかげで 何とか年の瀬を迎える事が出来ました。勿論、見てくださっていなくても通って買い物して下さっている皆様のおかげでもあります。この場を借りて、夫婦共々 心から御礼申し上げます。この一年も 御愛顧いただき ありがとうございました。あと一日 気を引き締めてシャッターを開けようと思います。

きっと年が明けたからといって 急に何かが変わるとは思えません。ただ一日一日を大切にしていきたいと思うばかりです。年が新しくなっても 商品が売れてお店の風景が変わっても、パスティーユらしさは 変わる事はありません。初めてお会いしたお客様に 「このお店はいかがでしたか?」と問いかけた時、「雰囲気が好きです。」とおっしゃって頂いた時のように 言葉では表せない その雰囲気こそを大切に この先も地道に頑張っていこうと思います。

皆様 どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。そして 来年もよろしくお願いいたします。

お正月休みは 12月31日(月)~1月3日(木)です。

初売りは 1月4日(金) 9:30開店です。チョコホリックのHAPPY BAG(数量限定)を御用意してお待ちしております。

来たるべき年も この“雰囲気”を大切にしていこうと思います。

Photo

| | コメント (4)

色あせない想い出を・・・。

いよいよクリスマスです。子供達は 早く明日にならないかな~とワクワクしている頃でしょう。たくさんの笑顔が幸せを運んで、この街も明るく元気になるといいな~と思います。

私の子供の頃の この時期の記憶は 決して色あせることなく、心の中で輝きつづけています。うちの娘にも きっといつか 思い出してもらえるようなクリスマスにしたいと思います。考えてみれば 一緒に過ごせるクリスマスも 後何年あるか・・・まだ、考えずにおこうと思います。

そういえば 写真を撮る事がめっきりと減ってしまっています。撮っておけば良かったな・・・と思う時期がきっと来るのでしょうね。今年は 撮ってみようかな・・・嫌がることはわかっているんですけどね・・・。撮った写真は 増えすぎる前に整理しておけば・・・と数年前に感じたことを思い出しました。まめにしておくことが大事だったんですよね。

今年最後のチョコホリックの新商品は アルバムとティン缶です。布張りの表紙は バンビといちごのプリントの2種類。ティン缶は 小物や薬入れにぴったりのミニサイズと内蓋付きの密閉タイプ。そして 取手付きのランチボックス缶です。

ティン缶は アイデア次第で色んな使い道があります。裁縫道具を入れたり、救急箱代わりにしてもいいみたいです。プレゼントを詰め込んで・・・というのも素敵だと思います。

いつか見た映画のように 思い出の品を詰め込んで・・・というのも素敵です。

色あせない想い出をいっぱい詰め込んで 置きたいと思います。

Photo

| | コメント (0)

クリスマス。

いよいよクリスマスですね。街中は さぞかし賑わっていることでしょう。

お店を始めてから そんな賑わいもずいぶん長い間 ご無沙汰しています。

子供達や恋人達、家族みんなに素敵な時が 訪れる・・・そんな予感のする日です。楽しみですね。

そんなクリスマス・・・お店でも何か出来ないかと 考えていた時に ふと思いついたのが、自分だって 何かもらえると嬉しいな・・・ということでした。そこで!12月25日までに ご来店いただいたお客さま皆さんに・・・『パスティーユオリジナルポストカード』(以前のイベントで作ったものです。)を差し上げようと思います。お買い上げに関係なく、ご来店くださる方へのプレゼントです。

クリスマスですから こんなことがあってもいいんじゃないでしょうか。そんな気分になったのです。ここだけの話ですけれど・・・。ご遠慮なく、いっしょに楽しみましょう。

そして、一つお知らせがあります。本日、12月22日(土)は 都合により 午後4時までの営業とさせていただきます。明日からは 通常営業に戻ります。

| | コメント (2)

ただ一つの。

このブログをご覧いただいている方は ご存知かもしれませんが うちではオリジナル家具の製作をしています。店頭では 小さなポップに書いてあるだけなので ご存知ない方もいらっしゃると思います。

時々、そのポップを見て 「どんなの作ってるんですか?」と聞かれ 今まで製作してきたものの写真を見ていただく場合もありますが 興味本位の方がほとんどです。私が逆の立場でも、それは そうだと思います。家具は 普通、売ってるものを買うものです。意に合わないものでも 妥協するするのが当たり前だと思います。探し歩く大変さを考えれば、「これでいいか。」となってしまうものです。それにもまして、家具を含めた 部屋作りに興味のある方は このブログをご覧いただくのと同じように、まれな方だと思ったりもしているのです。

でも、私は若い頃から 古い家具を探し歩いてきたなかで、いつか使うかもしれないからと買い求めたものも少なくありません。そういう買い方が いいかどうかは別として、今の暮らしの中で生かされ、この先もずっと使い続けることを考えれば、そういう買い方をしてきたことは 結果 良かったと思っています。一つの方向性で 変わることなく、ずっと思い続けたことで 自分の暮らしぶりを形作ることができたわけですから・・・。

お店でも 本来は、家具をお探しの方には 古い家具をリメイク、ないしは手直ししたものをお勧めしています。それは、いくら頑張ってみても 古い家具のかもし出す 雰囲気や味わいには かなわないからです。そこにあるだけで 暖かい存在感を感じられる家具は きっと ずっと付き合っていけるものだと思っているからです。そこにあるのが 仕方なくでは無く、あえて選んだものだからです。同じものと 出会えない個性も、肌触りも、少したてつけの悪くなった扉も、古いものゆえの個性で 愛しく感じられるのです。暮らしの雑貨にこだわりがあるからこその 古い家具なのです。

しかしながら、置くスペースが限られていたり、売っているのものに満足できない時・・・・ そのお気持ちになんとか応えたいという思いで、家具のオーダーを始めたのです。事あるごとに触れてきましたが 私は 修行を積んだ職人ではありません。でも、古い家具を見続けることで 得た感覚は無くはないと思っています。時間はかかっても 丁寧に作ることは 長くお使いいただけることにつながっていくと思っています。せっかくの 思い切って決めていただいた“オーダー”という手法なのですから そのお気持ちに応えるべく努力するのは当然のことです。でも、技量が低く、お応えできない場合もあるので 申し訳ないと思うこともしばしばですが・・・。

だから、オーダーをいただくお客さまは “本気”だと思っています。その本気に お応えするには 私も軽い気持ちでは お受けできません。職人ではないだけに そこだけが大切なことだと思って作業にあたっています。

この世に ただ一つだけ生まれる家具なのですから。

Photo

今回のオーダーは 少し小ぶりなテレビ台です。ちなみに 椅子は古いもののリメイクです。 

| | コメント (2)

近づいていく感じ。

窓の外は雪景色。日の暮れる時間も早くなり、お店は 電球の明かりでセピア色に変わります。

窓辺には綺麗なガラスの小瓶がたくさん並び 外の白い世界を少し幻想的に見せてくれます。

ここのところ 翌朝の除雪の事ばかりを気にして 冬を憂いてばかりいましたが こんな景色を見ると 冬も悪くないと思ったりします。気が付けば クリスマスも年末年始もすぐそこに来ています。

いい香りのするキャンドルも グラデーションでとても綺麗です。一つ一つ切り離して 灯していきます。笑顔あふれるその日に 少しずつ近づいていく感じが 子供の頃のワクワクする気持ちを思い出させてくれるのです。

Photo

| | コメント (0)

贈り物。

クリスマスが近づいてくると 新聞のチラシが賑やかになってきます。おもちゃ屋さんのチラシは 今でも子供達に ワクワクする夢を見せてくれているのでしょうか。

私の子供時分には それはそれは楽しみでなりませんでした。「何をお願いしようかな・・・あれもいいけどこれもいい・・・あ~決められない!」といいながら、一枚のチラシをぼろぼろになるまで見続けていたものでした。

その頃とは 打って変わってしまっている昨今、人気ゲームは なかなか手に入らず困った状況になっていると聞きました。「ダウンロード版なら 手に入りますよ。」という店員の 受け答えに、「サンタさんからのプレゼントなので・・・」と悩んでいる親がたくさん居るというのです。確かに、お金を払う事で 手に入るにしても 形の無いものですから困ったものです。サンタ自体の存在を疑っている子供にとっては ダウンロードでもいいのでしょうが、親としては 「サンタは居るんだよ。」と夢のある話を信じてもらいたいところです。でも、よくよく考えると ゲームソフトそのものも 形のあって無いような物です。携帯ゲームのレアアイテムを手に入れる様子と似ている気がします。お金を使っても 実際には 何も手に出来るわけではないのですから・・・。

でも、いくら時代が変わっても 贈り物を贈りあう時期というのは 自分がもらえるわけでもないのに 何故かわくわくとして 嬉しい気持ちが湧いてきます。お店にも プレゼントを探しに見える方がいらっしゃいます。その 楽しげな様子がこちらにも伝わって・・・なにやら暖かい気持ちになります。

チョコホリックの新商品は 気軽な贈り物にぴったりです。

Photo Photo_2 Photo_3

お財布も メラミンの食器も、フロアワイパーも 普通には出逢えない可愛さです。

贈り物の醍醐味は 相手の好みを優先しがちですが 自分の趣味を贈るのもいいものです。思いがけない贈り物は 相手をドキッとさせるかもしれません。

Photo_10

食器の組み合わせも自分の好みで・・・

Photo_7 Photo_9

椅子や家具なら・・・自分も嬉しくなってしまいそうです。

相手の事を思いながら選ぶ喜びも、どんな顔するかな・・・という期待感も 贈り物には込められます。そんな時間を持てるのも 贈り物の良さなんだと思います。

 

| | コメント (0)

あうん。

“あうん”の呼吸という言葉があります。相手の事を理解し、それにあわせて物事を行い合う事。と私は 思っています。辞書での解釈は違うかもしれないけど おおむね近いのかなと思い込んでいます。

相手のして欲しい事をわかって、それにあわせることって 本当はすごい事です。余程、双方の事を分かり合えていないと 成り立たない事であります。こちらがして欲しい事と相手がしてくれる事が ぴったり合うわけですから、気心が知れたくらいじゃできない事だと思います。

でも、お店に居てもほんとにわずかの事ですが 遭遇する時があります。同じ趣味、嗜好の見ず知らずの人が お店を見てくれて こちらの表現したい事を理解し、話してくださるときです。めったに無いので、そんなときは 鳥肌が立ったりします。でも 評価してくれるかどうかは別の話なので、あうんの呼吸というほど 気分の晴れるものではありませんが・・・。

実は とっても素敵なアンティークの鏡を譲っていただきました。大きな鏡です。木枠には尾長鶏の絵がかかれ 細かい装飾がしてあります。かみさんとは それこそ あうんの呼吸で お互いの心の中が「素敵だ!」といってるのが分かり合えるくらいのものでした。

でも こういうものは わからない人にとってはただの古い汚い鏡としか映りません。仕方のない事ですが いくら話そうとも伝わらないものは 伝わりません。それこそ、言葉ではなく 「いいね。」と心でいってくださる方のもとへ 行ってしまうことになるかもしれません。そうなれば いいかもしれないけど、反面 そういう方が現れない事も 望む気持ちがあるのは きっと かみさんも同じはずだと思ったりもしています。

Photo

| | コメント (0)

内面。

“外見も大事だけど 内面が肝心”という言葉を若い頃は たくさん考えていたような気がします。人と人のつながりの中で、肝心要なことと思っていたからだと思います。

人は少なからず 他人からどんな風に見られているのかを気にするものです。だから、外見に 気を配ります。家や車、髪型や服装・・・はたから見て遜色ないものを選択しています。この概念のない人は 気ままな自由人です。余程の確固たる意思を持っているか ないしは無頓着な人だと思います。

外見は 人それぞれだから、言う事もありません。でも、内面は 人とかかわって暮らしていく以上、考えずにはいられません。

色んな人がいて 世の中が成り立っているので、それの良し悪しを語ることは出来ません。でも、いくら時代が進んで 外見が変わろうとも 人の内面は そう変わるものではないと思っています。だから 昔も今も、変わらずに色んな事件や事故が起こり続けているのだと思います。技術やテクノロジーがいくら先へ進もうとも それを使う人の内面は変わっていない事を危惧する人がいてもおかしくないと思うのですが・・・いかが思われますか?

例えば、トンネル崩落事故が起こってしまいました。痛ましい事故です。起こるはずも無いと思っていたために起こってしまった事故です。航空会社は 痛ましい事故の経験を経て その悲劇を繰り返さない工夫を私たちの見えないところで 日々繰り返しています。(テレビで見た限りですが。)それでも 起こりうるのが事故です。もし、そのトンネルを管理している会社が外見に気を配るだけではなく、内面にこそ気を配っていたら・・・それを気にし続けている責任者の人がいたら・・・違うニュースが流れていたのかもしれません。

ニュースで流されている事は かかわりのない事のように思えますが “内面”というフィルターを通して見てみると 日々暮らす中で 決してひとごとと思ってはいけない気がしてくるのです。毎日乗る 車の運転は身勝手になっていないだろうか・・・人のうちの前に フンを置きっぱなしにするようなことはしていないだろうか・・・それぞれの人が それぞれの立場で 考える事を続けていかないと・・・と思うのです。

こんな事に考えを巡らせても 無駄といえば無駄であります。しかし、お店を続けていくからには、「外見は大事だけど 内面はもっと大事!」という考えかたを深く思い続ける事が大切だと思っているのです。

こんなお話の後ですが 先日入れたキャビネットの御紹介をします。

イベントのお知らせの時に使った写真のキャビネットです。見た目には 扉の飾りがとても印象的で モダンなスタイルですが、手入れをする際、細部まで見てみると 見えないところが実にしっかり、丁寧に作られているのです。ありがちな 見えないところは手抜きをしても大丈夫的なところが 微塵も無いのです。

数十年の時を経て 作った職人さんの内面までも映し続ける素敵なキャビネットが そんな若かった頃の気持ちを蘇らせてくれたのです。

Photo

| | コメント (2)

またゆっくりと。

本日で6周年記念イベントも終了いたしました。

いつもお世話になっているお客さまにも、そして 新しく出会った客さまにも お祝いのお言葉をいただき 感激の毎日でありました。心から御礼申し上げます。ありがとうございました。

空クジなしの抽選会は 今回初めてのことでありましたが とても楽しんでいただけたような気がしました。くじ引き用のビンゴマシーンに 驚かれる方が多く、毎年作っている オリジナル記念プレートの影が薄くなってしまうほどでした。(ちょっぴり寂し・・・)

暦は 12月。今年も後少し。7年目の営業に またゆっくりと歩みを進めようと思います。あっ、木製プレートは まだまだご用意しておりますのでご安心下さいませ。ゆったり店内でお待ちしております。

年末は それこそ忙しくあっという間に過ぎてしまいます。皆様には 風邪などひかれませんよう ご自愛くださいませ。

Photo

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »