« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

かけがえのない出会い。

いつもお世話になっているお客様から 家具の御注文をいただきました。今まで テレビ台、カウンタータイプの食器棚、ローテーブルなど お部屋の中心となる家具の製作依頼をしてくださっていたお客様です。

ある日、いつもお会いしていたはずなのに 「赤ちゃんが生まれました。」とお話を伺ったのです。私たちは ビックリしました。赤ちゃんがお腹にいることなど 全く気付けずにいたからです。突然のことに ほんとに驚きましたが、抱っこさせてもらうと、ちっちゃいからなのか 素直に抱かせてくれて ぴっとりと私の肩にもたれて、ずっとこうしていたら 眠ってしまうんじゃないかな・・・そう思わせてくれるほど おとなしくしてくれました。ついこの間まで お二人の暮らしだったのに 新しい家族が増えた驚きと、抱っこして感じた確かな存在感を とても幸せに感じたのです。

御依頼は この子のためのチェストと伺い、いいものを作りたいという熱い気持ちが湧いてきました。だいぶお待たせしてしまいましたが いいものが出来たと思います。

私自身にとって、この子に出会えて感じた暖かな気持ちと この子と出会わなければ この世に存在していない このチェストは かけがえのない感情を抱かせてくれました。

Photo_2

  

| | コメント (0)

工夫を楽しむ。

前にご紹介した 古いテーブルランプがあります。小さなフリッカー(ロウソクのようにゆらめく)電球をつけて・・・それだけでも素敵だな・・・と思っていたのですが 気に入っていただける方にめぐり合えず、奥の部屋を静かに照らしつづけておりました。

似合う笠といつか巡り会うかもと思っていましたが その出会いも無く 半ばあきらめておりました。どうすれば 笠が無くても素敵になるか・・・しんしんと降り続く雪をぼんやり眺め 途方に暮れていた所・・・ふっと 頭の中にあるアイデアが浮かんだのです。

ヴィンテージの刺繍の入ったハンカチを利用出来ないだろうか・・・電球に直接生地が付かなければいいわけだから・・・持っていたあれを使って・・・・・・やってみたら、素敵じゃないですか!薄い生地が 光を柔らかく透かして、刺繍の部分に陰影が浮き上がり 本来のハンカチとしての使い道よりも きっとずっといい役割を与えられたように、見事に生き生きとし始めたのです。

こうして 色々考えを巡らせ 暮らしに生かしてあげることができたら、せっかく出会えたものを使わずに お飾りにしてしまうことよりも ずっと素敵な何かが待っていると思うのです。

工夫を楽しみながら 自分なりの暮らしを作っていくことって 本当に楽しいと思うのです。

Photo

| | コメント (0)

春の装い・・・。

ここ2・3日、お日様がぽかぽかとして 除雪に追われた日々を忘れさせてくれました。このまま 春が来ればいいのに・・・と思うけど 北海道の冬はまだまだ続きます。

でもこの時期、本当なら 春を感じさせてくれるものが街中にあふれていました。セールも一段落し 春物の洋服がショーウィンドウを飾って・・・春色が街を染めていました。ファーストファッションが主流と感じられるようになってしまった昨今、以前のように 前倒しで商品を作らなければならなかった時代と違い、売れるものを売れる時期にタイムリーに 作る事が出来るようになってしまったことが なにやら寂しく感じられてしまいます。

確かに、この時期 氷点下の北海道で 春物を着よう!と思う人は居ないはずです。でも、以前は ちょうどこの時期に入荷する春物は 各メーカーが力を入れた商品が打ち出されるので 「まだ早い!」と思いつつも こぞって買い物したものです。そうしながら 春が来るのを待ちわびたものでした。

24時間開いているお店・・・お正月も開いているショッピングモール・・・いつ行っても同じ商品が並ぶ洋服屋・・・便利で 品質に遜色ないものがあれば良し、と大半の人が受け入れている今の風潮が 私には寂しいと感じられて仕方がないのです。

何はともあれ もう一月もすると 春の足音が近づいてきます。かすかに聞こえてきたその足音が感じられる チョコホリックの新商品が入荷しました。

新商品はいつも新鮮な感じがするのですが 今回は 色合いもデザインもまさに新商品です。プリントコーティングシリーズは 長財布とがま口の小銭入れとがま口タイプのポーチです。プリントも細かいところもこだわったチョコホリックらしいシリーズです。そして、様々な形の裁縫セットも登場しました。持ち歩ける小さなものから お部屋における籠入りのものまで(手のひらサイズです。)用途に合わせて選べます。そして、茶こし付きの蓋付きマグカップ。蓋付きは 保温効果もあり 埃が入るのも防げます。どれも春色で 新鮮なのです。

Photo

春の装いにぴったりの 可愛い雑貨が揃いました。待ちわびる日々も 少しは楽しく感じられそうです。

あっ!それと 随分前に 『出会えてよかった。』という記事で 御紹介したチューリップペンダントライトを赤・黄・ピンクの全色揃えました。いよいよメーカー在庫もなくなりますので この機会をお見逃しなく。

| | コメント (0)

重きの置き所。

先日、かみさんの誕生日にワインをもらいました。ささやかな食事とそのワインで お祝いしました。特別なワインじゃなかったけど ふんわりした酔い心地で美味しくいただきました。

お酒は好きなので ワインも時々飲みますが わりと酔いやすいので 量を飲む事は出来ません。でも、料理といっしょに楽しむワインは 特別な日のお楽しみだったりします。

ハイソサエティーなお宅なら きっといいワインを選んで、一脚数万円もするようなクリスタルのグラスで ワインのうんちくを語りながらの食事になったりするのでしょうが そんな場所へ行った経験も無いので、ワインの楽しみかたみたいなものは 自分にはわかりかねます。テレビでも 高いワインと安いワインの飲み比べをして 「高いほうを当てることが一流の証。」みたいな事をやっていて 間違える人がたくさんいるわけで、その深さに首を突っ込むことは初めからするつもりも無いのです。安いワインでも 楽しみの重きの置き所を知っていれば 充分だと思っているのです。

お店の中を さぁーっと見渡して テーブルに用意してみました。リネンのテーブルクロスに似合う色合いであわせてみよう。それがテーマです。ワインですから フルーツ柄のアルミのトレーが気分です。デキャンタ代わりの水差しに 手ごろなワインを移し変えて 赤ワインが似合う カラーグラスを用意します。チーズをつまみながら あーでもないこーでもない・・・他愛の無い話で ワインも進みます。ヴィクター・ラズロのちょっと切なく懐かしい歌声が 頭の中で静かに流れます・・・。

そんな楽しいワインなら 毎日でもと思いますが 特別な時にとっておこうと思います。

Photo

| | コメント (0)

本当の休日。

休日はどんな風にお過ごしですか?

一生懸命働いて 心も体も休めて また働くための鋭気を養う・・・お休みってもともとそんなものなのかもしれないと ふと思いました。

独身なら お休みはごろごろ寝て過ごそうと あちこち歩き回ろうと自由でありました。ところが 所帯を持つとなかなかそうは行きません。「普段仕事で遅くなるのだから お休みの日ぐらいは どこかへ連れて行って!」という家族の要望に 忙しいお父さんは 休日までも忙しい思いをする・・・なんて話は よく聞く話であります。

方や 働いている奥さんも 働きながら 子供の世話をし、食事の支度に家事にと 負けず劣らず大忙しの毎日を送っているのではないでしょうか。

そんな 日頃の忙しさから開放される 連休を利用した ちょっとした旅行も楽しみの一つではありますが・・・意外と準備に追われることや 行った先での混雑に翻弄されたりして そういう休日も 実は 疲れが伴ったりするものです。

こう考えると、本当の休日って何なんだろうと 思ってしまうのです。

自分の事で言うと、お店を始めて 定休日を取らないと決めてから お正月とお盆、あと急な用事が起こらない限り お休みは取っていません。不定休というのでもありません。基本的に お正月とお盆しか お店のお休みは無いのです。そんな事情もあって かみさんには 日曜日に休んでもらっているけれど 普段出来ない家のことをやってくれているので 休んではいられないだろうな・・・と申し訳なく思っています。

ずっと前にも書いた記憶があるのですが、人って勤勉に出来ているのだと思います。何にも予定が無い休日に ごろごろ過ごして1日が終わってしまったら、心のどこかで 後悔したりするものです。あれもこれも出来たのに・・・・と。体は休まっても 心は休まっていなかったりするのです。

これも以前書いた記憶があるのですが、自分が本当に好きなことをして過ごす時間は 体を動かす事であっても 案外疲れるという事は無いような気がします。そう、逆に心地良いと感じるものです。不思議ですよね。体より心の充実が もしかしたら本当の休日を過ごす事につながるのかもしれません。

自分が楽しむために行動する事、それは連れ立ってできることではないから 思うままに一人で誰に気兼ねすることなく 歩いてみる・・・家の事、家族の事、自分の事・・・色々考えながら歩いてみる。そんな中で出会う おいしいもの 似合う服 ためになる本 探してた音楽 長く付き合える家具 家事が楽しくなる台所用品 暮らしを彩る雑貨・・・もしもそんなものに出会えたら、その休日は 本当の休日になると 私は思うのです。

うちのお店、ちっぽけな存在ではありますが そんな休日を過ごしていただける時間だけは たっぷりと御用意しています。お正月とお盆以外は いつでも開いているのですから。

Photo_3

Photo_13 Photo_14        

 

| | コメント (0)

趣味。

お見合いの席で 初めての人と対面した時、その人がどんな人なのかを知る術として 相手の趣味を知りたいと思うものです。共通の話題になるかもしれないし その趣味とはどんなもので 何処にその面白さがあるのかを知ることは 相手の心根に触れる事の出来る話題だからです。

はたして もしも、そんな場面に出くわした時 自分ならなんていうんだろう・・・当たり障りの無いところでは 「映画鑑賞です。」とか「読書です。」とかかも知れないけど、そんなんじゃ 自分を知ってもらおうとする意味が無いから きっと避けるでしょう。相手がどんな映画が好きなんですか?とか 何処に感動されたんですか?とか 聞いてきたら きっと深い話も出来るのかもしれないけれど、知らない映画の事をペラペラしゃべっても おそらくは退屈な思いをさせるだけの事になってしまうから、一応は聞いては見たものの・・・的な空気になってしまうんでしょうね。もしかしたら、聞いてくれる相手が興味を持って聞いてくれたり、共感してくれたりすることが 気の合う人かそうでないかがわかるバロメーターなのかもしれませんね。

ただ、趣味というのは 人それぞれで、特に深~い趣味をお持ちの方は 一言では表せず 相手にはわかってもらえない・・・というジレンマがあったりするものです。そんなときは その話題を避けてしまうから 本当の自分を表現する事を自ら 避けてしまうんです。もしも自分なら・・・相手の人と付き合いたい!と第一印象で思ったら、きっとさらけ出すだろうな・・・と考えるでしょう。相手にとって 気になる人にならない事には 何も始まらないからです。とは言っても、大声で言えないような趣味の場合は 隠し通すべきですけれど・・・。

本当に趣味というのは 人それぞれ色んなものがあるようです。ただ、「素敵な趣味をお持ちだな・・・」と思うときは その事について色んな知識を持ち、長く続けられているな・・・と感じた時です。自分なりに本などで調べ、時に歴史をさかのぼり、実際に 色んなところに足を運び、目にして触れて、更に興味を持ちその深さや面白さを追求しているわけです。そして、自分なりの解釈で自分の趣味の世界を作り上げていくのです。お金も時間もかかるけれど、そうして費やしたものは 決して無駄ではありません。むしろ そんな人こそ魅力を持った人だと思うのです。

その趣味に 興味を持ったきっかけを聞き出すところまで行くならば その人は 自分にとって縁のある人に なるかもしれませんね。そこまで聞きたくなる魅力にあふれているという事だと思うからです。

私は ほんとに多趣味ですが 夫婦の共通の趣味として “食器好き”というのがあります。食器というジャンルも多種多様様々ありすぎなので 何でもいいというわけではありません。知識を増やし、見聞を広めて、好きな食器と出会い、共に暮らしていくのです。いくらいいものでも 知らずに使っているのと 知って使うのでは 扱いにも大きな愛情の差が生じてきます。いいと思えるものを知り、大切に使っていくことは 夫婦間での共通する意識だから、この先も大事にしていきたい趣味になっているのです。

Photo

| | コメント (0)

わかっちゃいるけど・・・。

お正月ムードもすっかり落ちつき いそいそと慌ただしい日常が始まっています。皆さんは いかがお過ごしですか?インフルエンザ流行の兆しが出てきていますので お気をつけくださいね。

年末には 大掃除で綺麗に磨き上げたキッチンも 毎日の食事の支度で 汚れてくるのは 本当に仕方のない事です。せっかく綺麗にしたのだから まめに掃除が出来れば きれいをキープできるというものです。でも、あれこれと忙しい毎日・・・わかっちゃいるけど、ついつい・・・ということもあるのではないでしょうか。きっと誰かに とがめられるなら、疲れた体に鞭打ってでもするところを 自分のペースがあるわけだから できる時にやれれば何も問題ないと思います。それこそ、わかっちゃいるけどまた今度。自分なら そう思うはずです。

そんな時、やる気にさせてくれるお助けグッズがあれば 少しでも楽しくこなす事が出来るかもしれません。

チョコホリックの新商品は キッチングローブと巷で話題のワイプです。グローブは ロングタイプで ずり下がりにくいゴム入りです。ワイプは 吸水性に優れた素材でできており、食器を吹き上げたり、布巾にしたり、水垢をつけたくないシンクやお風呂の結露取りにも使える便利なものです。チョコホリックらしい可愛いプリントがキッチンを明るく元気な印象にしてくれる事でしょう。

ちゃちゃっとやって、ささっとお片づけ。口で言うのは簡単だけど、そんな台所仕事を楽しくさせてくれるもの・・・大事だと思います。

Photo

| | コメント (0)

普通の日。

昨日、今年の初売りを迎えました。初売りにお越しいただいた皆様ありがとうございました。そして、この場をお借りして ご挨拶申し上げます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

お正月休みは、個人的に連休は 久しぶりだったので とてもゆっくりできました。大晦日の夜は テレビで大笑いし、元旦の朝に初詣に出かけ、2日は家族で買い物に・・・除雪で起こされることも無く いいお正月でした。

ところが、年越しそばを食べ お雑煮を食べて 昼間からお酒をいただいて 駅伝を見て・・・お正月っぽいことが周りでは繰り広げられているにもかかわらず、気分は・・・昔感じたお正月とは ちょっと違うものになっています。お年玉がもらえなくなったから・・・帰省しなくなったから・・・単純に言えばそういう事なのかもしれないけれど・・・やはり 何かが変わりつつあるような気がしてなりません。

昔感じた お正月の風景や気持ちを自らが演出し、娘に伝えていこうと実践し始めた時に きっと 自分自身もお正月らしさを感じられるようになるのかもしれないと・・・ふと 思いました。

昨日は 一般的にも仕事始めという方が多かったと思います。でも、1日出て 週末の連休なので 正直、自分もまだまだ お正月気分が抜けきれません。

来週からは そんな気分も抜けて また日常が始まります。なんだか ワクワクする年越しもイベントも 終えてしまうと、楽しみも終わってしまった気になります。だけど、本当は 日常の普通の日にこそ きっと色んな楽しみや喜びが待っているのだと思います。そんな 何気ない普通の日を1日1日大切に過ごしていきたいと、年頭にあたり 思うのでありました。

追伸

ハッピーバッグもまだ若干ありますので お立ち寄りくださいませ。

Photo

| | コメント (2)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »