« わかっちゃいるけど・・・。 | トップページ | 本当の休日。 »

趣味。

お見合いの席で 初めての人と対面した時、その人がどんな人なのかを知る術として 相手の趣味を知りたいと思うものです。共通の話題になるかもしれないし その趣味とはどんなもので 何処にその面白さがあるのかを知ることは 相手の心根に触れる事の出来る話題だからです。

はたして もしも、そんな場面に出くわした時 自分ならなんていうんだろう・・・当たり障りの無いところでは 「映画鑑賞です。」とか「読書です。」とかかも知れないけど、そんなんじゃ 自分を知ってもらおうとする意味が無いから きっと避けるでしょう。相手がどんな映画が好きなんですか?とか 何処に感動されたんですか?とか 聞いてきたら きっと深い話も出来るのかもしれないけれど、知らない映画の事をペラペラしゃべっても おそらくは退屈な思いをさせるだけの事になってしまうから、一応は聞いては見たものの・・・的な空気になってしまうんでしょうね。もしかしたら、聞いてくれる相手が興味を持って聞いてくれたり、共感してくれたりすることが 気の合う人かそうでないかがわかるバロメーターなのかもしれませんね。

ただ、趣味というのは 人それぞれで、特に深~い趣味をお持ちの方は 一言では表せず 相手にはわかってもらえない・・・というジレンマがあったりするものです。そんなときは その話題を避けてしまうから 本当の自分を表現する事を自ら 避けてしまうんです。もしも自分なら・・・相手の人と付き合いたい!と第一印象で思ったら、きっとさらけ出すだろうな・・・と考えるでしょう。相手にとって 気になる人にならない事には 何も始まらないからです。とは言っても、大声で言えないような趣味の場合は 隠し通すべきですけれど・・・。

本当に趣味というのは 人それぞれ色んなものがあるようです。ただ、「素敵な趣味をお持ちだな・・・」と思うときは その事について色んな知識を持ち、長く続けられているな・・・と感じた時です。自分なりに本などで調べ、時に歴史をさかのぼり、実際に 色んなところに足を運び、目にして触れて、更に興味を持ちその深さや面白さを追求しているわけです。そして、自分なりの解釈で自分の趣味の世界を作り上げていくのです。お金も時間もかかるけれど、そうして費やしたものは 決して無駄ではありません。むしろ そんな人こそ魅力を持った人だと思うのです。

その趣味に 興味を持ったきっかけを聞き出すところまで行くならば その人は 自分にとって縁のある人に なるかもしれませんね。そこまで聞きたくなる魅力にあふれているという事だと思うからです。

私は ほんとに多趣味ですが 夫婦の共通の趣味として “食器好き”というのがあります。食器というジャンルも多種多様様々ありすぎなので 何でもいいというわけではありません。知識を増やし、見聞を広めて、好きな食器と出会い、共に暮らしていくのです。いくらいいものでも 知らずに使っているのと 知って使うのでは 扱いにも大きな愛情の差が生じてきます。いいと思えるものを知り、大切に使っていくことは 夫婦間での共通する意識だから、この先も大事にしていきたい趣味になっているのです。

Photo

|

« わかっちゃいるけど・・・。 | トップページ | 本当の休日。 »

食器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わかっちゃいるけど・・・。 | トップページ | 本当の休日。 »