« けっこう幸せ。 | トップページ | 想像し創造す。 »

読み取る力。

お店がまったりムード満点なので、いろんなことを考える時間がいっぱいあります。

「そうだ!大好きな曲を集めたCDを作ろう。」昔からの記憶を頼りに 一曲一曲書き出していきます。そして、曲のつながりを考えながら 並べていきます・・・CDをレンタルするのも大変だぞ・・・そんなことより レンタルショップにあるんだろうか・・・なにせ 古い楽曲が多く、流行歌だけではないもので、今時 無いだろうな・・・という曲ばかり。でも、何故その曲が好きなんだろう・・・外国語ばかりで 歌詞の意味も良くわかっていないのに・・・どうやら 端々の理解できる単語から連想して、曲調とダブらせる事によるイメージで好きななった一曲として 心に刻まれているようです。

歌詞も理解していないのに好きだ!なんて本当は言っちゃいけないのかもしれないけど これは もう感覚の問題。自分だけの世界。好きなものはずっと好きでいられます。

昔は 大好きな雑誌があって、欠かさず買い続けていました。ファッション・映画・アート・音楽・食・住まう事・・・などなど各号様々な特集で 随分勉強させてもらいました。好きな号もあれば 不得意な号もあり、でも 買い続けました。気に入った特集だけを買わなかった事は 思い返せばいいことだったと 今にして思います。何故なら、今もそのまま持っているからです。古い雑誌だからといって あなどれません。少なからず時代の流行は投影されていたとしても 古さを感じさせないからです。

でも、ある日。いつものようにその雑誌を中身も見ずに買って帰り、読み始めたところ いつもと何かが違うと感じたのです。何が違うんだろう・・・よくよく見ると 編集長が変わっていたのです。なるほど・・・編集長が変わったのか。そう認識して しばらくは買い続けました。でも、やっぱり以前のそれとは 違うのです。だから きっぱり買うのを止めました。ずっと買い続けていたけれど 何の未練もありませんでした。何が そうさせたのかというと・・・いくら雑誌といえども 読み物として興味を引かれるものでなければ 満足できなかったからです。買い始めた頃の ものの見方や文章表現が好きだったのに それが変わってしまう事は 同じタイトルの雑誌だとしても 全く違う雑誌に感じてしまったのです。

雑誌ですから 素敵な写真をぱらぱらとめくり読みした後は 惜しげもなく捨ててしまえるのかもしれないけれど、買い続けていた雑誌は それをさせませんでした。その編集長時代の表現したかったこと そのものに惹かれたのだと思います。

心に残る映画も そんな視点で選んでいる事が多いと思います。監督の表現したい事の あの手この手の一つ一つを読み取る事ができた時、その言いたい事が理解できた時、そして その問題に興味があった時、その映画も 一生ものの宝になります。

好きな写真も、絵も 何かを読み取る事ができた時、同じように 心に刻まれるのです。

そんな一つ一つの積み重ねが 自分という形を作っていくと思っています。正しい形かどうかは 別として、自分が納得できる自分を作っていくと思っています。

生きる喜びは そんな積み重ねの中から生まれるもののような気がしてならないのです。

もしかして 雑貨選びもそんなものなのかもしれないと思うのです。

Photo

|

« けっこう幸せ。 | トップページ | 想像し創造す。 »

思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« けっこう幸せ。 | トップページ | 想像し創造す。 »