« 洒落。 | トップページ | 最初で最後の・・・。 »

可愛さの不思議。

可愛いと感じる気持ちは 人それぞれです。万人が可愛いと感じるものこそ 稀な存在といえます。だから、いろんなアイドルがいて それぞれにちゃんとファンがいる訳です。

うちは雑貨屋なので 私たちが思う素敵なもの、可愛いものを選んで仕入れしています。例え 人が見れば 「渋~。」と思われるものであっても 実際に使ってみたときに感じる気持ち・・・その先にある 何かを想像して ご提案しているわけです。

日々、お店で難しいと感じるのは 可愛いと感じる気持ちが やっぱり人それぞれだと言うことであります。第一印象で 選ばれるものは良く売れるものだったりしますが なかなか見てもらえないものは 深く想像してもらわなければ その良さをご理解いただくことが出来ないものです。見ていただく方の 暮らし方、それまでの経験や考え方・・・そして その先を想像する 思いの深さ・・・さぁ~っと見ただけでは、自分に問いかける時間が得られないのは仕方の無いことです。日ごろ考えていることの 違いがあるのは当然のことですから。

そんな風に思っている私たちが ご紹介する可愛いものは こういうものであります。’70年代のダイニングチェアです。普段から よく古い椅子に色を塗ってリメイクしたものをご紹介していますが これは 最初から白くペイントされていました。座面のビニールレザーの色も なんとも言えず綺麗な色合いです。そして、特徴的な線の細い背もたれのデザインは 女性が座って似合う椅子として、そのバランスが とても可愛いと感じるのです。

うちのダイニングチェアは それぞればらばらの古い椅子を使っています。それもいいのですが この椅子を見て、かみさんと娘が並んで座っているところを想像した時・・・なおさら可愛く素敵に思えたのです。一見しただけではわからないところに 可愛さが潜んでいるわけですから 私には不思議に思えてならないのです。

Photo

|

« 洒落。 | トップページ | 最初で最後の・・・。 »

リメイク・古家具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 洒落。 | トップページ | 最初で最後の・・・。 »