« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

故きを温ね。

何かを作ろう!と思い立った時、まず初めに、デザインをどうしよう・・・という壁が立ちはだかります。デザイナーでもない一般の人たちは 資料や型紙をもとに 真似て作るしかその方法は無いのかもしれません。

デザインの勉強などしたことも無い私の場合は、過去の記憶の中にある 引き出しを総動員して やっとの思いで図面にしたりしています。

しかしながら、今この瞬間にも たくさんのデザインが生み出され、新しいものとして売り出されているのです。一流のデザイナーと呼ばれる人も、やっとの思いで生み出す人も 稀に見る天才で無い限り その苦労は 同じはずだと思っています。過去に触れたもの、見たものを自分の心のフィルターを透して、噛み砕き 取り込んで 苦しみの中で 生み出していくのです。新しいものを生み出すのは並大抵のことでは 出来ないと思うのです。

でも、私はやっぱり古いものが好きです。慣れ親しんだデザインにも感激するし、ましてや 見たことの無いものだとしたら 感じたことの無いような新鮮な刺激になるのです。それが 大好きな食器だとしたら 尚更なのです。

また、新たにアメリカからの荷物が到着しました。欲しくって、軽いめまいを覚えたほどです。今回は ファイヤーキングのマグがいっぱいです。

まずは 定番のDハンドルマグ。製造期間も長く、’50年代~’70年代にかけての刻印が付いています。アイボリーのマグは ’50年代製造のフラットボトムです。

Photo_5

カラーマグは スタッキングのCハンドル、橙色とレモンイエロー。リブボトムはグラデーションが綺麗です。背の高いフッテッドマグ(フェデラル製)は サンフランシスコのご当地マグ。

Photo_6

同じデザインマグに プリントが付いたタイプは ご存知マクドナルド、花のマグは デイブレイカー。反対側には黄色の花が付いています。青い鳥は ブルージェイ、裏側にはカーディナルのプリントです。

Photo_7

そして、マグ以外にも素敵なデザインの食器が・・・ボウルは ラージベリーボウル、バブルのデザインがかっこいい・・・シェルをかたどったデザインは アッシュトレイ。ミニキャセロールは 以前入荷したキャセロールとお揃いになりました。チリボウルは 使い勝手抜群の大きさです。

Photo_8

それから、それぞれの背景に写っているのは リネンやコットンのキッチンタオル(ティータオル)です。1959年と1970年のカレンダーティータオルもあるので 誕生年やメモリーイヤーに当たる方には 思い入れがあるかもしれません。刺繍入りのドイリーやテーブルクロスも 可愛いですよ。

古いものを眺めて そのデザインに酔いしれる時、こんな言葉が頭の中に浮かびます。故きを温ね 新しきを知る。過去の中に未来があったのかもしれない・・・デザインとはこんなに不思議なものなのかもしれません。

| | コメント (2)

偶然と言えるほど・・・。

日ごろから 大変お世話になっているお客様が 遊びに来てくださっていた時、あるご相談を受けました。「医療棚が欲しくって。昔からの夢だったんです。」とのお話でした。

古い家具を探し歩く時、常に頭の中の一番前にあるのが 医療棚であります。私も 20年ほど前、時々覗いていた アンティークショップで偶然出会い、この機会を逃したら もう買えないかもしれないと思い 即決しました。ぼろぼろでも高かったですけど。その医療棚は 自宅の一番いい場所で たくさんのミルクガラスを収納するのに 大活躍しています。昔から 人気のあった家具なので どうしても割高になってしまいますが、20年使い続け、この先 何十年も当たり前のように 使い続けるのですから、出会えて良かったという思いしかありません。

このお客様も 頭の中にある憧れの存在だったのでしょう。お話を伺っていたときは 「いつか出会えるかもしれないですね。いつも 頭にある家具なので いいのが見つかったら、お知らせしますね・・・。」という曖昧な お返事しかできずにいました。自分自身も 出会えないことのほうが多いだろうな・・・という感覚しか 正直、なかったのです。しかも、うちのように 夫婦揃って 古い家具に抵抗の無い ご家庭ばかりじゃないので、ぼろいのに こんなにするの?と思われても 困ってしまうものですし・・・。仮に、状態が良くても 医療棚というのは 病院などで使われていたものです。薬品の臭いが染み付いて取れなかったりすれば 自分は良くても家族が反対したりする気持ちも十分理解できます。しっかりそのデメリットさえも御理解いただかなければ、後悔させてしまいかねないものなのです。

そのお話があって、数日が経ったとき そんな背景を考慮されて、オーダーで作るとしたらどうですか?と しっかりしたイメージ図を持ってご来店されました。お客様の思いも伝わるイメージ図でした。本物を知っているだけに、どう作ればいいのか頭がいっぱいになりました。“オーダーで家具作ります。”とうたってはいても 出来ないこともあるものですから・・・形になっていればいいという問題ではないと思っていたりする気持ちも邪魔をして・・・正直、思い悩んでいた矢先の出来事であり、お客様が どうしても欲しい!と実際に行動を起こされた矢先でありました。

なんと!!出会ってしまったのです。今まで 一度も出会ったことが無いものに。まさに 医療棚でありました。しかも、数センチのサイズの違いがあるだけの、いただいたイメージ図とほぼ同じものだったのです。しかも、美容室で使われていたので 薬品の嫌な臭いながないという条件さえクリアーしていたのです。ただし、古いものゆえに塗装ははがれ、埃がたまり・・・決して いい状態とはいえませんでした。それをしっかり 美しくするのが私の仕事。ガラスをすべて取り外し、細かい埃もすべて取り除き、ガラスもぴかぴかに磨き上げます。扉の不具合も直したら・・・こんなに素敵によみがえりました。

Photo

お届けに伺うまでの間、店頭に置かせていただきましたが 何人の方に「いいですね~!」といわれたかわかりません。そういう流れで お客様に直接 お求めいただいたので 店頭にお出しすることなく お嫁に行ってしまうのですが、確かな記憶に残すために ブログでご紹介することにいたしました。

タイミングといい、サイズといい、すべてがお客様の頭の中にあったものが 実際のものとして巡り合えてしまったこと・・・簡単に偶然と言ってしまえるほど 安易なものではなかったと思います。こんなに素敵なものと出会わせてくれたお客様の想いに感謝しつつ、こんな偶然は もう無いだろう・・・と ここに記しておこうと思います。

| | コメント (2)

新しいのに。

チョコホリックの新商品が入荷しました。前回の入荷が ゴールデンウィークの関係で いつもより早い納品だったので 少し 間が空いてしまいました。

いつも思うのですが 入りたての新しいものなのに・・・どこか懐かしい感じがしてしまいます。それは きっと 幼い頃に 近所のファンシーショップで見かけたような気がするからなのだと思います。当時、女の子が好きそうな 「夢見るような・・・可憐なもの」がたくさん売っていました。男には 興味は無くとも、消しゴムを買うついでに ちら見をして 覚えているからです。蓋を開けると 鏡の上で くるくると回るバレリーナに合わせ、白鳥の湖のオルゴールが流れる宝石箱なんかは その代表で 男心にも訴えかけるものがありましたね。

登場したての 新商品に同じにおいを感じるのは 「夢見るような・・・可憐なもの」という感覚があるからなのかもしれません。

しばらく前に 登場し、すぐに完売してしまったオルゴールは 新作が加わりましたし、初登場の 扇子もこの夏 活躍しそうです。そして、キャンバスのトートバックは 表はドット柄で内側は ナイロンコーティングの可愛いプリントです。ありがちな色合いじゃないところが いいですね~。

新しいのに、懐かしい・・・その感覚がいいのです。

Photo

追伸

無事運動会も終了しましたので 日曜より通常営業にもどります。

| | コメント (0)

ぐいっ!と一杯。

連日、近所の学校の運動会の練習する音が聞こえてきます。この週末、各学校で運動会が開催されます。

毎年、見続けてきた娘の運動会も今年で最後となります。私もかみさんも 運動は得意なほうだったのですが 娘は 大の苦手・・・。親のDNAは どこへ行ってしまったのか・・・。でも、成長とともに 参加することに意義があると思っていた 徒競走の順位も少しずつ上がり始め 昨年は おしい!というところまで行きました。さて、今年はどうなることでしょう!

で、毎年のことなのですが お店は 午後3時からの開店とさせていただきます。(なお、雨天の場合は 翌日曜に順延となります。)どうやら 天候にも恵まれそうなので すっきりとその日が迎えられそうです。

今、頭の中では・・・・・天気にも恵まれ、徒競走は 最後の最後に 一等で駆け抜ける場面が浮かんでいます。帰ったら そんな話を肴に、何かと 理由をつけては 昼間っから ぐいっ!っと一杯やりたいところですが・・・そういえば・・・お店が待っているのでした。

こんな虹色のジョッキで 勝利の美酒に酔いしれる・・・・・そんな想像を胸に 運動会に行ってまいります。

Photo  

| | コメント (2)

なんか似てる。

ようやく気温も上がり始め お店の前の街路樹の桜も ピンク色に染まり始めました。今週末には きっと満開を迎えそうな勢いです。

本格的な春を告げる桜の開花は 待ちに待ったものです。これを期にいろんな草花が芽吹き始め、目を・・・いや、心を楽しませてくれるのですから。

天気が良くなると かみさんもソワソワし始めます。庭いじりをしたくてたまらなくなるからです。ちょうどこの時期、ある意味 お店よりも気になって仕方が無いのが 庭に芽吹き始めたバラや花たちのこと。お休みは ほとんど 日がな一日 庭の手入れをしているうようです。おかげで 私の仕事の合間の 息抜きのひと時を楽しませてくれているのです。

街路樹は 何もせずとも 成長し、咲いてくれるので 眺める私たちを楽しませてくれます。でも、庭造りは そうはいきません。どんな花を植えて、どんな庭にしていくのか・・・それは 何も無いところからのスタートで、趣味も様々・・・花も様々・・・個人で楽しむのに これだ!なんて答えもあるはずの無いものです。それに、生き物ですから こちらが思うように成長してくれるはずも無く、枯らしてしまったりするものです。あ~雲をつかむような話。でも、そこに楽しみや喜びが得られるのですから 春を待ちわびる気持ちも わかる!というものです。

どんな庭にしていきたいかのコンセプトがホワワ~んと浮かぶところから始めて、どんな花をどんな色合いで埋めていくか・・・それを考えるだけでも大変だけど、それが無ければ 思い描くような庭になることはありません。土を選び、雑草を取り、水をやり、肥料を与え・・・時には 虫と闘い、腰痛を抱えてまで 打ち込んで・・・その先に その気持ちに応えるかのように 咲いてくれるのです。お庭の無い ご家庭でも 観葉植物を育てたり、お花を生けるのは やはり、気持ちに安らぎを与えてくれるものだからです。植物を育て、暮らしを共にするということは 心にとって大切なものを感じさせてくれるのだと思います。

そんなことを考えていたら・・・お部屋作りも 同じじゃないか・・・と思えるのです。

この料理に合う食器・・・今日はどれにしよう。家事の合間の お茶の時間・・・今日の気分は このカップ。冷たい飲み物は・・・このグラスにしてみよう。そのときの気分に合わせて 選ぶ食器の楽しいこと・・・。好みの そんな小物たちを素敵に飾ってあげられたら・・・暮らしは もっと楽しく、安らぎを与えてくれるものになるはずです。

お部屋に お花を飾るように、お部屋の中の風景をお気に入りのもので飾ることが出来たら・・・時間をかけて、作っていくお庭と同じように 何かを感じさせてくれるかもしれません。いつか こんなお庭に・・・と思う気持ちと、なんか似ていると思うのです。

Photo

| | コメント (0)

お手本。

古いもの続きのご紹介で 恐縮ですが、今度もまた 大好きなものを見つけました。

昔々の書類棚であります。昔の扉に良くあるのですが 真ん中のつまみを上にちょっと上げて パカッと扉ごとはずして あけるタイプの書類棚です。引き出しの取っ手の飾りも美しく、なんとも素敵な風情です。

本来は 木調の塗装がしてあったはずですが この棚は 出会ったときからこの色でありました。薄いグレーにブルーが少し混ざったような シックな印象の色合いです。この色合いが また この風情をより強調していて・・・素敵です。

ペンキで塗られた 古い家具とは時々出会うのですが 昔は こんな中間色のペンキが売られていたんだろうか・・・と思うほど 素敵な色が多いです。勿論、年月が経ち ほこりが付くとともに こなれてきたというのもあるでしょう。精一杯きれいにしても 取れない汚れがあるものですから、年月を経たからこその この風情なのです。いくら真似て 塗装をしてもこの雰囲気を出すことは 不可能です。古っぽくしようと頑張っても、古いものにかなわないのは こういうものを見ていると 思い知らされるわけです。

でも、塗装された家具を眺めていると気付く事もたくさんあります。この棚を 持っていた人は 何かに合わせてこの色を選んだのだと思います。そして、木調の古臭い感じが嫌で 色を塗ったのだと思います。そして、綺麗に塗装されたこの棚に 大事な書類をしまう心地よさを楽しまれたのではないでしょうか・・・。

そんなことに気が付いたことが リメイクするとき、生かされるのです。塗装した後、あえて使い古したように 紙やすりをかけるのですが そのお手本が 昔にペンキで塗られたものの 風情だったりするのです。

昔の人は 塗ったものをわざと使い古したようにしようとは 絶対思わなかったはずです。最初は きれいだったものが 使い込んでいるうちに だんだんとこすれて 塗装が剥げてきてこのような雰囲気に なってきたのです。

時々出会える ペンキで塗装された古い家具。それが 私のリメイクする時の お手本になっているのです。

Photo

| | コメント (2)

しっくり来るのです。

若い時に 衝撃的な古いものとの出会いをした私は、時代が様々な流行を生み出しても 自分がいいな~と思ったものを嫌いになったり、疑うことは決してありませんでした。だから、どんどん深みにはまり・・・といえば 悪く聞こえるかもしれませんが 逆に、知れば知るほど楽しみが増えていくことを 昔よりも深く、ずーっと楽しんでいるのです。

これだけ いろんな場所で 様々なものを見てきてはいても、かつて出会ったことが無いものと ふいに出会ってしまうのは 人の暮らしは延々と続いてきているということを改めて知るということにつながっているのです。そんな物達の中から 見つけて選べることが楽しくてしょうがないのです。

いろんな場所で ばらばらに出会ったものを お店で組み合わせてみる・・・その作業はとても楽しく、古いものの持つ良さを少しでも知っていただければ・・・それでいいと思えるのです。

でも、古いものをそのままで お店に並べていても 生まれた時代が違えば 違和感がでてくるものです。だから、私が思う この先の時代もちゃんと超えていけるように イメージを変えてあげること、そして 不具合のあるものは きちんと直してあげることが大切だと思っているのです。それに、同じものは二つと無い家具は 気に入っていただけた方だけのもの。とても個性的なものなのです。それだけで 私自身は わくわくする気持ちを抑えきれません。そんなお店を続けさせていただいていることは ほんとに幸せなことだと思っているのです。

先日見つけた 素敵な椅子にぴったりの テーブルを店頭に入れました。小さなダイニングテーブルです。天板には お花のプリントがちりばめられ ちょっとロマンチックな雰囲気が漂います。茶色だった足を淡いグリーンにしたことで 天板のプリントがより引き立ち、椅子の綺麗なグリーンとの相性も良くなったと思います。

このタイプのテーブルは どちらかというと贅沢品。新婚さん向けに売られたもののような気がしてなりません。甘~い食卓を演出していて 家族が増えれば手狭になることがわかっている訳ですから。今の時代なら 子供が生まれることを想定して もう少し大きなテーブルを選ぶのではないでしょうか。ただし、いろんな暮らしがあるように ニーズも様々だとすると・・・ダイニングやテラス向きの 2つ目のテーブルとして選ばれたのかもしれません。そして、子供達も巣立ち 夫婦二人だけの暮らしになったときに 家族みんなで使っていたテーブルだと大きすぎるから・・・と選ばれたのかもしれません。

自分にも必ずそんなシチュエーションが巡ってくるので 用意しておきたい大きさのテーブルだったりします。きっとそんな時が訪れても 自分らしい古いものを見つけることでしょう。

Photo_2

なにせ、私の暮らしには古いものは欠かせないもので、こんなものにまで心が揺さぶられてしまいます。

アメリカから届いた荷物の中に ヴィンテージのガラス瓶が入っていました。それは 食べ物が入って売られていたものや 保存用に売られていた瓶だったりします。古い瓶なので 食べ物を保存することには 適していないかもしれませんが やはり古いガラスはいい雰囲気があります。その瓶を作ってるメーカーも ミルクガラスで有名な 会社だったりするので ひとしおです。でも、日本の古い瓶も 負けてはいません。左に写っている大き目の瓶は お菓子の入っていた瓶のようです。聞いたことの無い会社名が刻印されています。

時代も国境も越えて こうして、あえてときめくものを選べることがとても嬉しいし、自分には とても しっくりしっくり来るのです。

Photo_3

| | コメント (0)

曇りがち。

こんなに寒いゴールデンウィークは 初めての気がします。北海道の経済にも かなりの打撃になったことは 容易に想像できます。きっと 農家の方も お困りのことでしょう。

うちは 晴れても曇っても あまり関係ないのですが この連休中初めて、なぜか本日 たくさんのお客様にご来店いただき 久々の賑わいとなりました。「いつも通らない道で 偶然見つけました。」とお立ち寄りいただいたり、久々の お客様にもお会いできました。ありがとうございました。

実は 今日、新しい家具を入れました。で、レイアウトに追われていたのですが なかなか 「これ!」という形に収まらず・・・なんとか形になったのが 夕方・・・日も暮れる頃・・・店内の明るさが十分ではなく、なんだかピンボケの写真になってしまいました。

Photo

前の記事で 入荷のお知らせをした可愛いグラスも ちょっとピンボケ・・・チョコホリックに 似合うと思ってリメイクした コーナーシェルフも やはりピンボケです。

Photo_2

それに せっかく天板を張り替えて かっこよくしたコーヒーテーブルも いまいちの写り・・・明るさのせいにしましたが ほんとは おんぼろカメラのせい・・・いや、腕が悪いせい・・・天気と同じで、写真も どこか曇りがちです。

| | コメント (0)

思わず笑顔になりました。

なんだか肌寒いゴールデンウィークになってしまいましたね。外遊びには ちょっと厳しい寒さです。お花見も出来そうなことが言われていましたが まだまだ先になりそうですね。

ゴールデンウィーク後半を前にして、チョコホリックの新商品が入荷となりました。

写真で見てはいましたが 大好きなチョコホリックらしさあふれる商品に 「久しぶり!!」って 思わず言ってしまいました。

この夏大活躍しそうな 涼しげで ほんとに可愛いグラスの登場です。足つきのゴブレットとハンドルつきのサンデーグラス。そして、キラキラのアイスカップです。プリントのイラストがまさに “チョコホリック!”。そして、お花みたいな「アンブレラスタンド」。いわゆる傘立てです。6本まとめて立てることが出来ます。アイアン製なので しっかりしてます。それと、「プラスチックバスケット」は 工夫次第でいろんな使い道がありそうです。

写真でのご紹介は おいおいさせていただきますが お出かけの途中にでも 見にいらしてください。きっと ご期待通りの可愛さですよ。なんせ、男の自分でも 思わず笑顔になってしまうくらいですから。  

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »