« しっくり来るのです。 | トップページ | なんか似てる。 »

お手本。

古いもの続きのご紹介で 恐縮ですが、今度もまた 大好きなものを見つけました。

昔々の書類棚であります。昔の扉に良くあるのですが 真ん中のつまみを上にちょっと上げて パカッと扉ごとはずして あけるタイプの書類棚です。引き出しの取っ手の飾りも美しく、なんとも素敵な風情です。

本来は 木調の塗装がしてあったはずですが この棚は 出会ったときからこの色でありました。薄いグレーにブルーが少し混ざったような シックな印象の色合いです。この色合いが また この風情をより強調していて・・・素敵です。

ペンキで塗られた 古い家具とは時々出会うのですが 昔は こんな中間色のペンキが売られていたんだろうか・・・と思うほど 素敵な色が多いです。勿論、年月が経ち ほこりが付くとともに こなれてきたというのもあるでしょう。精一杯きれいにしても 取れない汚れがあるものですから、年月を経たからこその この風情なのです。いくら真似て 塗装をしてもこの雰囲気を出すことは 不可能です。古っぽくしようと頑張っても、古いものにかなわないのは こういうものを見ていると 思い知らされるわけです。

でも、塗装された家具を眺めていると気付く事もたくさんあります。この棚を 持っていた人は 何かに合わせてこの色を選んだのだと思います。そして、木調の古臭い感じが嫌で 色を塗ったのだと思います。そして、綺麗に塗装されたこの棚に 大事な書類をしまう心地よさを楽しまれたのではないでしょうか・・・。

そんなことに気が付いたことが リメイクするとき、生かされるのです。塗装した後、あえて使い古したように 紙やすりをかけるのですが そのお手本が 昔にペンキで塗られたものの 風情だったりするのです。

昔の人は 塗ったものをわざと使い古したようにしようとは 絶対思わなかったはずです。最初は きれいだったものが 使い込んでいるうちに だんだんとこすれて 塗装が剥げてきてこのような雰囲気に なってきたのです。

時々出会える ペンキで塗装された古い家具。それが 私のリメイクする時の お手本になっているのです。

Photo

|

« しっくり来るのです。 | トップページ | なんか似てる。 »

リメイク・古家具」カテゴリの記事

コメント

気温の低いゴールデンウィークでしたが、最近は天気も良くなってきていますね!
お花見が出来るのはもうすぐでしょうか♪

こんなタイプの書類棚は初めて見ました(´▽`)
古いものって良いですよね!
質感も、雰囲気も。素敵です(^-^)

投稿: 栗鼠 | 2013年5月 9日 (木) 20時36分

お店の窓の目の前にある桜も ようやくつぼみがつき始めてきました。3番通りは 店の前から札幌方面の両脇の街路樹は 桜なんですよ。あと10日もすれば きっと綺麗な景色が見られることでしょう。楽しみです。

今年は 暖かい中でのお花見が出来そうな感じです。遅い開花もいいのかもしれませんね。

                     パスティーユ

投稿: 栗鼠さんへ | 2013年5月10日 (金) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しっくり来るのです。 | トップページ | なんか似てる。 »