« ゆく夏を・・・。 | トップページ | 灯すように。 »

もの想う季節。

毎日あんなに暑い日が続いていたのに 急に涼しくなり・・・というか寒いくらいに感じるようになって来ました。

暑さの中では なにかとあわただしく、賑やかで弾けるような気分だったのが 秋の気配が感じられるようになると ぼーっとしていた頭も 冴えてきて、夏の出来事を思い浮かべて しんみりとしたり、物想いにふけるようになったりしてきます。常夏は 憧れだけど 四季を感じられるのは いいものだったんだな・・・と感じてしまいます。そのうち 秋の味覚が味わえる いい季節がやってきます。

夏の間は 外に気が向きがちでしたが 肌寒くなってくると 家の中に気が向き始めるのではないでしょうか。家で過ごす時間が長くなるこれからの季節、少しでも快適に 楽しく過ごすために 色んな発想も むくむくと湧いてきます。リビングのこのスペースが もしもこうだったら・・・家族との過ごし方がこうなるかも・・・・・立て続けに リメイクの机やご注文の棚をお届けにうかがった お客様のお宅を拝見して、少しずつ暮らしを作り上げていく楽しさを再認識させていただきました。

そして、さらにご注文いただいたのが このカウンターテーブルです。昔の学校の教室にあった机をイメージして作りました。小さなご姉妹が並んで座っていることを想像するだけで、リビングの景色が可愛くなるだろうな・・・と感じずにはいられませんでした。どんな絵本を読み、どんな絵を描いて、どんな夢を見るのでしょうね・・・。お気に入りに囲まれて 楽しむお茶も 素敵な味になりそうです。

Photo

大ぶりな家具でも 勿論小さな家具でも 新しい家具が部屋に入ると 見た目に新鮮ですし、暮らし方も少しばかり変わってきます。これまでの 暮らしの延長線上にあるものであれば より暮らしやすさが増しますが、これまでの暮らしを見直すきっかけになりそうな家具と もし出会ってしまったら・・・それもまた この先の暮らしが楽しくなる要素の一つだと思います。

ご紹介するのは すごくモダンな印象の 古いブックキャビネットです。普段なら 塗装を施し イメージチェンジしてご紹介するところですが 今回は 内側を塗装しただけで 外観はオリジナルのままにしました。模様の入った化粧板の柄と色合いがとてもモダンで、このままを気に入ってくださる方が いてくださることを願って あえてこの形でご紹介しようと思ったのです。でも、このキャビネット、とても印象的で 個性が強いので 「どんな部屋にも合います。」とは 言えません。個性的な洋服と同じように こだわりがないと使いこなすのは難しいでしょう。でも、それだけに 例えば・・・古着にこだわったりして 洋服ダンスの代わりにすれば・・・ディスプレーしながらの収納が楽しめそうです。それに、書斎が持てたとしたら・・・大切な 本やコレクションを素敵に演出できることでしょう。

そして、モダンなインテリアに囲まれた暮らしを目指すとすれば・・・傍らには カリモクの布張りソファがしっくりきそうです。そんな意味で 目指すインテリアのきっかけになると思うのです。誰にでも 受け入れられそうじゃないけれど そういうものも大切にご提案していきたいと思うのです。

長丁場で 行ってきました「夏のマルシェ」も いよいよ明日が最終日。過ごしやすくなった店内で 色んなヒントを見つけてみてください。

Cabinet 

|

« ゆく夏を・・・。 | トップページ | 灯すように。 »

パスティーユオリジナル」カテゴリの記事

リメイク・古家具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆく夏を・・・。 | トップページ | 灯すように。 »