« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

スイッチを押すたびに。

こだわりのある方には お解りいただけると思うのですが 探し物をしていても なかなか気に入ったものと巡り会えず、結局 「これでいいか・・・。」と納得させられてしまうことの多い事・・・。

実は そのもの自体は そんなにこだわっていないものだから それで良いと思えてしまうのですが、妥協できないものに関しては やはり見つかるまで 待ち続ける事となってしまいます。

私の自宅の机は 仕事をしたり 日記を書いたりして使っています。あまり日当たりのいい場所じゃないので 昼間でも スタンドを付けて作業します。で、問題は そのスタンドなのですが ナショナルの古いスタンドで お店に出すには ちょっとぼろすぎて・・・でも 色も好きだったもので 気に入って使っています。それに 「紅三四郎」という昔のアニメの シールが貼ってあって・・・どうしても これを剥がす事は 出来ないので、“かっこいい机”・・・というよりも “懐かしい机”になってしまっています。気に入ってはいるので それでも充分なんですが・・・昨日 すっごい好きなスタンドに出会ってしまい かなり心が揺れています。

もし、探していてこれに出会ってしまっていたら・・・迷うことなく このスタンドにしたことでしょう。薄い水色の爽やかさ・・・ロゴのカッコよさ・・・フォルムの美しさ・・・何処をとっても素敵だからです(個人的感想)。

スイッチを押すたびに 「かっこいい・・・」と心の中で いつまでもつぶやき続ける自分の姿が想像できて仕方がないのです。こだわるって 長く付き合うための大切な要素なんだと やっぱり思うのです。

Photo

| | コメント (0)

かみさんのイラスト。

ぽかん・・・と時間ができたので 久しぶりにオリジナルの小家具を作ってみました。

結構前に かみさんに、「作ってみて欲しいもの書き出しといて・・・」と言いっ放しにしていたイラストを見つけて作ったものです。その通り・・・・に作らないのが あまのじゃくな私の性格。でも、ポイントは しっかり抑えて作りました。

キッチンの小さなスペースにも掛けられるスリムなシェルフです。スパイスボトルやオイルボトルを並べても いいかもしれませんし、自由な発想で 飾ることができそうなシェルフです。

かみさんのイラストは 他にも色々描いてありました。また時間ができたら 作るからね。

そうそう!KEYボックスも作りましたので 見に来てくださいね。Photo

 

| | コメント (0)

シンプルな図面。

とてもシンプルな図面を持ってお客様が御来店されました。たて・横・高さのサイズが書かれただけのメモでありました。

お話を伺うと、ベットサイドに置く サイドテーブルの御注文で スタンドが置けて、引き出し付き。本が立てて置けるような棚が付いていれば・・・とのことでした。「細かいところは お任せします。」と言って下さってはいたものの・・・さて・・・どうしよう・・・。しばらく考えてからのスタートとなりました。

小さい家具ではありますが やはり、重要なのは 出来上がりのバランスだと思っていました。引き出しの深さや、棚の形状、柱の太さが出来上がりの印象を決めてしまうと考えていたからです。そして、考えて考えた末に出来上がったのが・・・・

Photo

こちらのサイドテーブルです。下部の棚をすのこにしたところがとてもよかったと思います。シンプルな図面から生まれた家具ですが 自分でもお気に入りのデザインとなりました。使い道も広そうなので 時間があればまた作りたいものとなりました。

| | コメント (0)

気分のいい時。

都会にあるデパートやショッピングモールにある雑貨屋さんなら、お買い物のついでに 「ちょっとのぞいて見る?」って気分にもなるのでしょうが うちのような ちっぽけで 周りに何も無いような場所で 営んでるお店は わざわざ足を運んで下さるお客様に 支えていただいていることを決して忘れることはできません。

だから、わざわざ足を運んでくださるお客様のために 都会の雑貨店では 出会えないような品物と“雰囲気”をご用意する必要があると思っています。ゆえに 古いものに興味の無い方には なかなかご理解いただくことが難しく、可愛い雑貨でさえも 見過ごされてしまうことも多いような気がしています。

一過性の流行を見据えた品揃えをすれば そういう方々にもお買い物いただけるかもしれませんが うちのお店を楽しみに来てくださるお客様には 逆に 見ていただけるものにはならないことでしょう。それに、初めから 私たちが言ってきた約束事を反古にしてしまうことは 出来かねるのです。経営を安定させることと やりたいことを貫くことは 今更ながら難しいと感じています。

それでも 雑貨店に魅力を感じるのは たった一つの雑貨が 少しだけ楽しく豊かな気分にさせてくれることを知っているからです。その積み重ねが 暮らしを形作ってくれることを実感できたら こんなに楽しいことは なかなか無いとさえ思えるのです。

何か良い出来事があって、気分のいい時・・・特に 探していて欲しいものは無いけれど・・・「何か いい出会いがあるかな~」と思ったときは 是非、お近くの雑貨店に 行ってみて下さい。きっと素敵なものが見つかりますよ。

Photo

チョコホリックの新商品は 昔懐かしい“ねじねじのスプーンとフォーク”。卓上カレンダーにもなる“2014年度版のダイアリー”も登場しました。ポーチとお財布も 可愛いですよ。きっと 「何か いい出会いあるかな~」に 応えてくれそうな雑貨たちが入荷しました。 

| | コメント (0)

ぼろは着てても。

江別という街に住み始めて はや15年。町の風景は 少しの変化はあっても、基本 住み始めた頃と 何にも変わっていません。人口は それなりに多いので スーパーマーケットやコンビ二は乱立してきましたが ただそれだけの事のような気がします。

越してきた当時、家の周りは 造成したてで ほとんどが空き地でした。冬の雪置き場にも困ることなく 捨て放題でした。でも それから数年間で どんどん家が建ち あっという間に囲まれるまでになってしまいました。それだけ 世帯が増えているのだから 町の人口も増えているのだと思います。でも、他の市町村でも言われているように 高齢化が進み、子供の数は減少し、クラスの数も減っている状況にあります。車さえあれば なに不自由なく 暮らせる街でも 何かが足りない・・・そんな気がしているのは 私だけじゃないと思うのですが・・・。魅力ある街には 人が集まります。その“魅力”って いったい何なのでしょうね・・・。いつまでも 変化を感じない街の空気を憂うばかりであります。

という話はさて置き、私の家の周りだけじゃなく 造成地には どんどん新しい住宅が建っています。面白いのは 色んなスタイルの住宅があることです。ハウスメーカーの家は勿論、デザイナーズ住宅や個性的な住宅が増えているのです。追い求める暮らしの形は人それぞれ・・・求められるのは 快適さや広さだけではないようです。

そんな家々を見て、どんな人が どんな暮らしをしているんだろう・・・想像すら出来ませんが きっと素敵な暮らしがあるのだろうと思います。デザイナーズ住宅であれば 家具もやはり シンプルでモダンな印象のもの・・・カントリー風な住宅であれば オールドパインの家具に囲まれて・・・といきたいところですが 残念ながらこの街で そういう嗜好品を探すのは不可能で、そういうものを求める人は 都会へと出かけて行くわけです。魅力あるところへ出かけるわけですね。

色んな家が建ち、色んな人が住んでいるこの街も いつの日か 楽しみや探し物が見つけられるような 魅力ある街になって欲しいな~とこいねがっているのですが・・・いかがなものでしょう。

しかしながら 自分は 自分の暮らし振りを見つけ、自分で探す事が出来ています。お店で 御提案している姿そのままなのですが、この姿が 自分らしいと思えています。おんぼろで、朽ちそうで、チープにさえ感じられるもの・・・。そんなものたちと 一生をかけて付き合っていくこと・・・それが 一番 自分らしく有れると思っているのです。「ぼろは着てても 心は・・・」と思っているのです。

Photo

| | コメント (0)

What a wonderfull world

どんな人でも 何かしら毎日 お買い物をしています。

「今日は なに食べようかな・・・」目的がある人も、目的がなくて 見ながら探そうと思っている人も スーパーで食材を選んで 買い物しています。

「少し肌寒くなってきたから 秋もののお洋服でも買おうかしら・・・」と思い立ち デパートやショッピングモールに出かけます。たくさんあるお店を隅々見て、お気に入りを探して買い物しています。

「燃費を考えると やっぱりエコカーがいいな。長く乗ることを考えれば 新車がいいんじゃないかと思うんだ。」 その気になったら カタログを集めたり、試乗してみたりしながら 好きな1台を選びます。そして、グレードはどうしよう・・・色は何色にしよう・・・オプションは・・・などと 一つ一つ決めながら 買い物します。

選択肢がなければ 買い物も楽です。何も 考える必要がないからです。

昔、「THE FLY」という映画を見ていて 関心したことがあります。主人公の科学者は いつも考え事をしていて 着るものにまで気を配る面倒から開放されるのに 同じスーツを5着、同じシャツとネクタイを5セット揃えて置くのだそうです。他人が見れば いつも同じスーツを着ていると思われていても 本人はいたって平気な顔をしています。ちゃんと 毎日着替えているからです。買う時に それなりに良いものを選んでいるのも 大切なポイント。ある意味、とても理にかなった お洒落な考え方だと 思ったものです。その主人公は 自分の考え方で 自分らしくあるために そう選択しました。いろんな選択肢があるからこその発想なのです。

毎日、何かしら買い物するとき・・・人それぞれの基準や考え方があります。“どこで”、“なにを”買うか・・・その時の 基準や考えかたって どんな風に決めているんでしょう・・・お店側としては 「それがわかれば苦労は無い」と誰しもが思うのでしょうが、興味の尽きないところではあります。お店としては 選んでいただけるものがわからない・・・というところに苦労があるものなのですが それは 誰にもわからない事なので、私達が良いと思うものを ただただ 繰り返し御提案していくしかないのです。

そこで、新しい御提案は・・・独りよがりと思われようとも この感覚だけは どうしても止められません。おもちゃまで巻き込んでの 御提案です。もはや 食器選びとはいえませんが 「なんて素敵な・・・」と心から思うのです。

Photo    

| | コメント (2)

感慨深いものです。

本当に月日のたつのは早いもので、気が付けば もうすぐ7周年を迎えることに 気が付きました。1年1年・・・いや、1日1日を精一杯 やってきて・・・7年になるのです。

感慨深いというのは 実はそのことではなく、長くお付き合いいただいているお客様に 数ヶ月前 赤ちゃんが生まれました。最初は お一人で お見えになっていらしたのに、ご結婚をされ、そして 赤ちゃんとも 会えることになるなんて・・・月日の重なりが 成せる技だと実感しているのです。そして・・・そのお客様から ままごとキッチンの製作のご依頼がありました。ちょっと 早めのご注文かな・・・と思いましたが 子供の成長も あっという間・・・きっときっと 楽しく遊んでくれると思います。

一生懸命 お料理をたくさん作って 遊んでくれることを思い描きながらの作業となりました。

なんだか とても感慨深いものですね。

Photo

| | コメント (0)

お色直し。

私は 古い家具が大好きです。お店でも 扱う家具のほとんどが古いものです。ただし、古い家具を古臭いままで 店頭に置くことは よほどのことが無い限りありません。きれいに 清掃し、その際に 不具合をチェックして、長くお使いいただくために 必要な補強や 場合によっては 部材を作り直して 店頭に出すようにしてきました。

それに、うちのお店は 古いものがお好きな方ばかりじゃないこともあり 塗装を施して、今の住宅環境でお使いいただいても 違和感の無い形でご提案してきました。だから、「塗装しちゃってもったいない!」なんて 古い物好きの方には お叱りを受けたのも一度や二度ではありませんでした。でも、私自身が 古い家具と付き合ってきた中で これからの時代にも ちゃんと使ってもらえて、古いものに興味の無かった方たちにも ご理解いただける一番いい答えだと確信しているので、何を言われようとかまわないと思っています。それに 何より、出会った家具をいつまでも活かしてあげることが大切なのです。その信念は この先も決して揺らぐことはありません。

ただ、ごく稀に 古い姿のままでご紹介したいものがあります。ずいぶん前に ご紹介した扉のモールが素敵なキャビネットです。デザインがモダンで 素敵だったもので、清掃し ワックスをかけるだけで 店頭に出しました。でも、お気に召していただける方が現れず・・・やはり うちらしくリメイクしてご提案することにしました。それが こちらです・・・

Photo_4

塗装をすることで 逆に扉のデザインが強調され より素敵になったと思います。それに、古いものとの相性だけではなく、チョコホリックや新しい雑貨との相性も良くなったと思います。やはり この感じがうちらしいな・・・とあらためて感じました。文字通り、お色直しをしての再登場です。

| | コメント (0)

いつもの景色。

ついこの間 新商品のご紹介をしたばかり・・・という感覚に、月日は 流れているんだな・・・と実感させられています。

ともすれば、毎日 同じ時間に家をでて 同じ時間に店を開け、時間が来れば店を閉め、夕食をとり、眠りに付く・・・その繰り返しの日々は 時間の経過をとても早く感じさせます。

お店には 新しい空気・・・つまり、新鮮な商品が必要です。長く愛される 定番品も重要ですが 私たち自身も 新鮮さが感じられる品物が必要不可欠なのです。その品物によってレイアウトが変わり、今まで目に付きにくかったものにもスポットが当たります。それは 良く来てくださるお客様にも 再発見していただけることになり、もう一度見直していただけるものに変わったりするのです。テイストが同じであれば 新旧は もはや関係なくなるのです。

それは きっとお客様のお宅でも同じで、昔から使っているものに テイストが合うから 新しく手にしたお気に入りも 違和感無く使えたり、飾ったりできるのですから。

毎日立つキッチンも 使い勝手良く整理された中にも、ちょっとした新しいものが加わると すごく新鮮に感じるのではないでしょうか。ずっと以前にもご紹介し 大人気だった カップウォッシャーが再登場しました。それに、ドットが可愛い プラスチックのカップも いいですね~。

Photo

チョコホリックは バックも人気アイテムですが デイパックとウエストポーチが新登場です。スターバーストというヴィンテージな柄と 女性らしいローズ柄の2種類。ポンチョと組み合わせれば 雨の日も いつもと違う景色が見られそうです。

いつもの景色に ちょっと一工夫すれば なにやら新しい 新鮮な空気が感じられるかもしれません。

Photo_3

| | コメント (0)

灯すように。

ロングランで開催していました 「夏のマルシェ」も終了しました。イベントといっても うちの場合、お客様が込み合って・・・なんてことは ありませんが 初めてのお客様との出会いもあり、いいイベントになったと思っています。メンバーズカードの発行枚数が進んだので お店としては 今後 少しドキドキする場面も出てきそうですが 次のお買い物をお得にしていただける事は お客様に喜んでいただけるのではないかと思っています。期間中、お越しいただいた皆様 心から御礼申し上げます。ありがとうございました。

うちのお店は 長くお付き合いいただいているお客様のおかげで 続けていられると思っています。オープン当初から お伝えしたかった事・・・それは 自分が思い描く暮らしかたを見つめ、そこに ゆっくり時間をかけて近づいていくこと・・・何かを見つけようと たびたび足をお運びいただき 新しい発見や探していたものと出会い 積み重ねていく楽しさや喜びを感じていただける事・・・それを 誰かにしてもらうのではなく 自らの目で確かめながらお求めいただく事・・・方向性の見えなかった暮らしかたに、一つ一つ灯りを灯していくように 答えを見つけていってくださる方々・・・そんな皆様のおかげなのです。

これからも そんな皆さんに 素敵な出会いを重ねていただけるように 地道に頑張っていこうと思いました。そして、今後も末永く お付き合いいただけますように・・・。

Photo  

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »