« 大切にするということ。 | トップページ | 下ごしらえ。 »

しつらえ。

日本語には 日本人でありながらその意味や使い方をしらない言葉がたくさん存在します。

「しつらえ」という言葉もその一つ。なんとなくは 知っていても使う機会の無い言葉は 風化していくしかないようです。辞書を引くと 用意するとか準備するという意味のようです。ところが それだけ?と思っても なにやらもっと深い意味があるような気がしてならなくなります。日本語が難しいのは そういうところです。

「お客様を迎えるために 部屋をしつらえる。」旅館やホテルなどで使われそうな言葉ですが いったいなにをする事なんでしょう・・・。綺麗に掃除して ベットメイキングも完璧に。辞書の解釈によれば そういうことかもしれません。でも、あえて「しつらえ」という言葉を使うには それだけでは 何か足りない気になります。季節の花をさりげなく飾り、万年同じカーテンやベットカバーではなく 季節感を感じられる色合いにしてみる・・・そんな事が出来て 初めて使う言葉のような気がするのです。料亭や老舗旅館などのサービス業界では 日常的に使われる言葉なのかもしれないけれど、日常の私達の暮らしで そんな事を考えたり 実践する必要性のない昨今、使われない言葉となって行くのは 仕方のないことで、その意味さえも知らずにいる事を 少し寂しく感じるのは 大事な何かを忘れてしまう事と同じような気がします。

自分の家だからどうしようと勝手です。でも、自分の暮らし振りをしつらえられるのは 誰がやってくれるわけでもなく 自分がするしかないのです。思い付きではなく じっくりと熟考し、一つ一つ答えを積み重ねていくことでしか そこにはたどり着けないと解ったとき、何を見て 何を感じて どう実践していくのか・・・それを自分に問い続けるのです。そこにこそ 本当の楽しさや喜びがあるような気がしてならないのです。

「しつらえ。」というこの短い言葉がどれだけ深く そして、素敵な言葉なのか実感できたいい機会になりました。

さて、先日 いつもお世話になっているお客様から お子さん用の絵本棚の製作の御注文がありました。小さい時から知っている可愛い姉妹です。御注文主のお客様には 古いジャズの話や音楽の事で 楽しくお話させていただいておりました。だから、「ゆくゆくは レコード棚としても使いたい。」と御要望があったことは 私自身とても嬉しく感じました。御姉妹が絵本から卒業された後の使い道がはっきりとしていたからです。長くお使いいただくために 思いを深くお持ちいただいた表れだと感じたからです。思い切った せっかくのオーダーですから とても大切な事です。そのために 少し工夫を凝らしました。お使いいただければ なるほど・・・と思っていただけるはずです。

暮らしのしつらえにお役立ていただけますように・・・思いを込めてお作りしました。

Photo

|

« 大切にするということ。 | トップページ | 下ごしらえ。 »

パスティーユオリジナル」カテゴリの記事

思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大切にするということ。 | トップページ | 下ごしらえ。 »