« Le 7 anniversaire! | トップページ | 肝心なこと。 »

行き着くところ・・・。

7周年のイベントが始まり、たくさんの客様に 嬉しいお言葉を掛けていただき 心からの幸せをかみしめて過ごしております。それと同時に、このブログでも折にふれ 雑貨を通じて 暮らすこと、生きることをどう考えるべきか・・・自分なりに思うことを書き綴ってきたことが 決して 絵空事や理想ではなく、お客様ご自信が考え 実践していらっしゃる姿を見せて下さることは 雑貨屋ふぜいが語り続けることも 案外間違いではなかった・・・と 思い知り、この先も変わらず 言い続け、書き続けていこうと静かな闘志が湧いてきました。そして、自らの心も 向かうべきところへ向かわなければならないと、身の引き締まる思いもしています。伝わりにくいことを伝えたいと思う気持ちは 自分に厳しくなければできないことだと思っているからです。店頭では 語れないことは この場を借りてやっていきますので 良ければ お付き合いいただきたいと思います。

そんな話はさて置き。男心をぐぐっとくすぐる出会いがありました。それをまとめたのが お店の一番奥にある小さな部屋であります。少し薄暗く、見る人が見れば 古臭いものを集めただけのスペースと思われるかもしれません。でも、自分にとっては かつてないほど充実した空間になっています。

モダンで美しい模様のキャビネットは 実際の部屋にあれば その部屋の印象を決めるほどの存在感があり、当然 中には 大切な本がジャンル別に きれいに整頓されています(空想)。その上には 大切な手紙や 思い出の品を入れておく小引き出しがあり、その脇には ちょっと珍しい小物のコレクションを並べます。妙に大人びた おもちゃのブリキの金庫(マルサン製)があり、銀行の銘のある 木でできた家の形の貯金箱があり、昔の商店で目にした事のある 小銭を入れておく、おつりマシーンがあり・・・どれも懐かしく個性的。このスペースがもう少し広ければ オーディオセットを置くのが理想ですが そのスペースがないので テーブルと椅子の正面に オーディオセットがあると頭の中で想像して・・・音楽を聴きながらゆったりとお茶を飲み、その部屋へ招いた人と 色んな話をする・・・好きな音楽のこと、好きなファッションのこと、季節の食べ物のこと、恋愛のこと、仕事のこと、そして 生きること・・・・・この空間に身をおくから話せること・・・・・誰にも訪れる 人生が終わるときのこと。暗い話に終始するのではない 前向きな終わりの話。そんな 話ができる部屋を思い浮かべると こういうスタイルに 私は 行き着くのです。インテリアありき・・・ではなく 人がいて どう暮らすか・・・の先に ある形だと思うのです。

行き着くところ、どんな話ができるのか・・・その人の暮らしの背景は きっとこんな感じだと私は思っています。見えないオーディオセットからは キャノンボール・アダレイのアルバムに参加したマイルス・デービスが主役をも凌駕してしまった名曲「枯葉」がしっかりと 心に届く音量で流れているのが聞こえてきます。

Photo

|

« Le 7 anniversaire! | トップページ | 肝心なこと。 »

懐かしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Le 7 anniversaire! | トップページ | 肝心なこと。 »