« そもそも。 | トップページ | 日々の器。 »

おだやかな・・・。

前話で 詩について書いたところ お客様から ある詩集をご紹介いただきました。好きな詩は 個人のものなので詳しく触れることはいたしませんが 早速その詩を読ませていただきました。短い文章の中に 散りばめられた作者の思い・・・心の強さと弱さ、感情を弄ぶものの正体と向き合うことを避けずに 見つめ合い乗り越えていく過程を感じることができました。詩を奏でる人の 心は繊細なものだと思いました。ご紹介いただきありがとうございました。

私も 少なからず、詩に触れる機会もあるのですが 一番身近なのは やっぱり歌です。昔聞いたことのある歌でも 心に残っているのは やはりその詩に感銘を受けたものだからです。

思い出すと それは遠い昔のことなのですが 学生の時、友達から「来生たかお」のレコードを借りました。その中には 映画の主題歌になった歌が入っており、よく耳にした歌でした。でも、よく聴いていると 「なんて素敵な歌なんだ・・・」と感動した曲が入っておりました。「おだやかな構図」という曲なのですが 作詞は 来生たかおのお姉さん、来生えつこさんで 作曲はもちろんご本人。女性目線で書かれたその詩は 穏やかに流れる夜の一場面を切り取った詩なのですが・・・「将来、こんなふうに暮らしたい・・・」と思わせてくれるものでした。

先日、日本の歌で 何かいいものないかな~と探していたところ、遠い昔に心の中に埋もれていたこの曲が こそっと顔を出したのです。改めて聴いて、今もなお 心に響く音楽だと気づくことができました。

当時の私は 相手と過ごすおだやかな時間を思い描いていました。でも今は その暮らしの背景もはっきりと見ることができています。この歌には 2人の時間が描かれていますが その二人が暮らす背景には いったいどんな景色が広がっているのでしょう・・・ソファーに座り、お茶を飲みながら本を読む・・・その景色の背景には どんなものを あなたなら思い浮かべますか?大切なのは 人の暮らしですが それを描く暮らしのキャンバスは きっと同じくらい大切なのかもしれないと思うのです。

「おだやかな構図」の背景に あなたならどんな絵を描くのでしょうね。

Photo

|

« そもそも。 | トップページ | 日々の器。 »

思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そもそも。 | トップページ | 日々の器。 »