« 黙る。 | トップページ | おしゃまさん。 »

仕事。

夏が急にやってきました。暑いです。個人的には 暑いのは大歓迎です。

汗水流して働くほうが 凍えながら仕事するよりずっといいからです。外で過ごす楽しみも多いから 暑いの大好きです。

暑い日の一番のお楽しみは 一仕事終えてからの キンキンに冷えたビールをぐっと喉に流し込む瞬間です。これほどうまいものは無い。「この一杯のために生きているな!」と大袈裟な事をいう人もいるけれど、確かにそう思えるくらいうまいものです。

ただし、精一杯仕事して 明日も頑張るぞ!!と思えるから でてくる台詞なのかもしれないと思います。

どんな仕事も その人にとって 決して手放しで楽しめるものではないと思います。苦労して、努力して、辛い思いもしながら その代価を得る・・・仕事とはたいていそういうものです。でも、人間は そんな辛い仕事に身を置いていても やりがいや喜びや楽しみを見出せるものです。そうでなければ 生き生きと生きる事など出来ないからです。

食べるため、暮らしを守るため、余暇を楽しむため・・・ある意味、そう割り切って仕事する人も多いかもしれません。でも、そんな方たちも 仕事を続けられるのはきっと・・・「喜んでくれる誰かのため・・・」という思いが根底にあるからだと 私は思っています。辛い事も頑張れるのは きっと誰かのためになるからなのです。

昔、今のような暮らしをおくれるようになった遥か昔・・・線路を引き続けるという重労働に従事した人たちがたくさんいました。それこそ 血のにじむような思いをしながら朝早くから夜遅くまで 働き続けたのです。そんな労働者達のおかげで 今の暮らしがあります。日々の労働は 厳しいものだったでしょう。でも、きっと誇り高い思いも持ちながらの作業だったのではないでしょうか・・・。人々は歌を歌いながら その厳しさを紛らわし 辛い日々を乗り越えたのです。

このビールジョッキには 「線路は続くよどこまでも」の歌が刻まれています。日本では 希望あふれた歌詞が付けられましたが アメリカでは まさにレールを引き続ける労働者の歌なのでした。

一日の終わりに 明日も頑張ろう!と仲間達とグラスを合わせました。誰かのために・・・そう思いながら飲めるビールは やはり格別なものだと思うのです。

Photo  

|

« 黙る。 | トップページ | おしゃまさん。 »

食器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黙る。 | トップページ | おしゃまさん。 »