« 使い道。 | トップページ | 仕事。 »

黙る。

うちのお店、懐かしいものがたくさんあります。だから、「懐かしい~」とか「こんなのあった~」と言われることが多いのは仕方のないことだと思って 日々を過ごしています。

懐かしいものを目の前にして、「懐かしい~」と言ってしまうのは当然の事だと思います。でも、そうおっしゃる方のほとんどは 「懐かしい~こんなのあった~」と言うだけのことで終わってしまわれます。きっと 興味の対象ではないのだと理解するしかないのです。

私は 自分の心に ふと蘇る場面や感情に 引っかかってくる懐かしいものを目の当たりにすると むしろ黙ってしまいます。それは その懐かしいものが ある日のある時の感情を引き出してくれて 何ともいえない気持ちにさせてくれるからです。

小さな頃・・・お使いを頼まれて 道すがら小銭を雪の中に落としてしまい、掘れども掘れども小銭は見つからず、「どうしよう・・・」という気持ちにさいなまれ、手が冷たくなるほど探し続けた時の記憶だったり・・・・・

何かがきっかけとなって蘇る気持ちは かみさんにもあえて話すようなことじゃなかったりするし、その時 どんな気持ちだったのかは どうにも説明が難しい。だから 自分の心の中だけに 仕舞ってあるわけです。

そんな気持ちを引き出してくれる懐かしいもの・・・そっと仕舞っておきたいものだから あえて安易に言葉にすることなく 私は黙ってしまうのです。だから そういうものに出会ってしまったら・・・ただ一言、・・・「これ下さい。」というのみです。

Photo

|

« 使い道。 | トップページ | 仕事。 »

懐かしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 使い道。 | トップページ | 仕事。 »