« リメイクは面白い。 | トップページ | 妥協なし。 »

この夏の思い出。

お盆を過ぎて 北海道は夏の終わりを感じるようになってきました。朝晩の気温が低くなり 雨なんか降ると 半袖じゃ涼しすぎるくらいです。それでも 日中は晴れると 暑くて、まだまだ夏は続いてるぞ!と思いたい気分になります。

ところが現実には トンボがつがいで飛び始め、夜には 虫の音が聞こえてくるのですから、心のどこかで 夏の終わりか・・・なんてセンチな気分になってしまいます。

うちの静かな恒例イベント「夏のマルシェ」も中盤を迎えました。この夏の 思い出になりそうなものと出会っていただけたでしょうか。うちのお店にあるものは 季節問わずお使いいただけるものが中心ですが 「あの夏に出会えて良かった~」と感じていただける 印象に残るものはたくさんあると思います。この夏の思い出が積み重なっていくように、思い出に残る雑貨との出会いも重ねていただければと思います。

Photo

私事ですが この夏、いい出会いがありました。幼い頃、お爺ちゃんちの屋根裏部屋でこっそり聞いていた 懐かしいレコードを見つけたのです。同じ曲なら 既に持っているレコードで聞くことはできていたのですが 当時の記憶にあるそのままのレコードをようやく見つけることができたのです。1966年発売ですから テレビ放送が始まって 発売されたものに間違いありません。私が まだ二歳の時なので、リアルタイムで見ていた記憶はありませんが 人気が出て第2弾が放送され そこから見始めた記憶なので、レコードを聴きながら 何故か「懐かしい。」と感じながら聞いていた気がします。そのレコードとは 「ウルトラマン」です。「胸に付けてるマークは流星~」で始まるカッコイイ歌です。やはり本物はいいものです。

そして、先日も少し触れましたが 「内藤ルネ」さんが表紙を描き始めた頃の「ジュニアそれいゆ」も手に入れることができました。パラパラとめくるとルネさんのイラストが所々に載っていて、それはそれは見所満載です。でも、興味はそれだけではなく その雑誌の中身にあります。「十代のひとの美しい心と暮らしを育てる」がテーマの雑誌なので 素敵な女性になるために 十代のうちに触れておきたい小説や詩、お芝居や映画が紹介され、その月のテーマに沿って 各作家陣が深く掘り下げてわかりやすく諭していく文章は 今でこそ読んでもらいたい内容となっています。この号のテーマは「憩い」です。憩う事の重要性をわかりやすく伝えようとしています。この雑誌は1960年6月号ですが 戦後しばらくして生まれた雑誌だということを知り、中原淳一さんの残したものの偉大さに 驚くばかりであります。この本に出会えて 大事なことをまた一つ学んだような気がします。

この夏、ほんとにいいものに出会えました。間違いなく思い出に残る夏となりました。

Photo_2

|

« リメイクは面白い。 | トップページ | 妥協なし。 »

懐かしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リメイクは面白い。 | トップページ | 妥協なし。 »