« 拠り所。 | トップページ | SWEET. »

詩を書ける人になる。

最近 自分が人として何をすべきか考えさせられる出来事が多いと感じられます。歳をとったせいでしょうか。それとも 大事なことを見過ごすまいと思っているからでしょうか。いいことも楽しいことも昔のようにただ無邪気にしていられず、良くないことがあっても ただ悲観する訳にはいかないと思っていたりします。

特別な出来事が起こらなくても 日々を生きていれば人との関わりあいの中で いろんな感情が生まれます。自分と人とを比べて 自分の行動や言動は間違っていないのか・・・正しいと思えることをできているのか・・・

どんなに小さなコミュニティでも社会と言えます。小さな集まりが大きな社会全体を作り上げています。いろんな考えがあって人だから 助け合うこともでき、衝突することもあるわけです。でも、誰もが日々を豊かに充実したものにしたいと思っていても その思いの矛先の違いで いろんな出来事が起こります。自分が大切なのは当然だけど、それだけではきっとダメです。我を通していい時と、相手の気持ちを汲み取ることのできる心の持ちように大切な何かがひそんでいると思うのです。

普通に生きて、日々お店を営み、何も特別なことのない暮らしの中で 物思う事だけが増えていきます。その中でいつか、誰に見せるでもない詩を自分なりに書いてみたいと思います。誰か目にするとしたら 大人になった娘だけでしょうか。それでも 大事なことは伝えられるような・・・そんな気がしているのです。

かっこ悪くても、何かが伝えられるような詩を書ける人になりたいと 私は思っているのです。

Photo

|

« 拠り所。 | トップページ | SWEET. »

リメイク・古家具」カテゴリの記事

思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 拠り所。 | トップページ | SWEET. »