« 最終便。 | トップページ | 2015 first arrival »

規則正しく。

新しい時計・・・いや もとい、すごく古いけど新しい柱時計に出会いました。

こういう時計は そのほとんどがそのままで動く事はありません。たいていのものは 調整とメンテナンスが必要となります。買う時には 最低限の確認はしますが 何をしてもだめなものもあるわけです。部品交換などの技術はないので ダメだったものは諦めるしかないのが現状です。

お店で調整する時は 「どうか・・・動いてくれ!」と願いながら 振り子を振り出します。「大丈夫か・・・」と様子を見ていると ほとんどは必ず 止まってしまいます。内部を見るまでは 直るかどうかわからないのですが 部品に不備が無ければ 何とか調整できるようになりました。動く仕組みと 特性を理解できれば 何とかなるのです。

当然のことながら お店に出す以上は きちんと動くものでなければなりません。古いものであるがゆえに 今の時計のような正確さを求める事は出来ませんが 「3時のお茶にしよう。」とわかるように 暮らしに生かされなければ ただの飾りになってしまうからです。ただの飾りでいいから 安く手に入れて・・・そういう気持ちは 私にはありません。使えるからこそ “暮らし方”に生かされるのですから。

でも、こういう古いものと暮らすには ある意味、面倒なことと仲良くする覚悟が必要です。見た目がいいとか、雰囲気がいいからという さらっとした理由だけでは 必ず 飽きる・・・というか、持て余す・・・というか・・・逆に 物のほうから離れていくのです。つまり ただの置物になったり 壊れたりして、見限られてしまうのです。

うちは 新しい雑貨もたくさんありますが やはり、古いものがあってのパスティーユです。懐かしさの先にある新しい発見・・・自分の暮らしかたを見つけられることの楽しみ・・・そんな自分に出会えた喜び・・・古いものとの付き合いは 自分自身と語り合うきっかけとなるのです。言葉が足りないけど、私は そう思っています。「へ~懐かしい。」と簡単に言ってしまえる人には きっと理解してはもらえないことなのです。

先日、うちは 8周年を迎えました。このブログでも 店頭でも、伝えにくいことを伝えたいと、日々 努力してきました。その思いに賛同してくださる方々のおかげで 続ける事が出来ています。決して 誰にでも理解できる事ではないし、それは仕方のないことも重々わかっています。でも、うちの存在価値は その思い無くして続けられるものではないので、この先も 変わらぬ御提案を続けてまいります。

今日のような一日中降り続ける大雪でも、「きっと誰も出歩かないよな・・・」という天候でも 8年間、規則正しく シャッターを上げてきました。そんな日々を積み重ね、今年も暮れようとしています。年の瀬にあたり、足繁く通って下さったお客様、今年も大変お世話になりました。来る 新しい年も穏やかで素敵な年となりますよう ご祈念申し上げます。

この2台の柱時計も 規則正しくリズムを刻み始めました。気に入ってくださる方の 暮らしを見守り、そしてかけがえの無い 穏やかな時間を共に過ごしていってくれることでしょう。

Seiko

Photo

P.S

何か特別な事が無い限り、今年のブログはこれにて・・・となりそうです。お時間のある方は バックナンバーをお楽しみ下さい。800話を越えたので 少しずつ・・・

年末年始のお休みは 12月31日(水)~1月3日(土)です。

初売りは 1月4日(日)9:30~ チョコホリックのハッピーパック(数量限定)を御用意してお待ちしております。

|

« 最終便。 | トップページ | 2015 first arrival »

懐かしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最終便。 | トップページ | 2015 first arrival »