« 真似は出来ません。 | トップページ | 小さなお手伝いさん。 »

俳優にたとえて。

我が家では 古い家具のない暮らしは考えられません。好きで集めている食器も 若い頃から収集しているおもちゃも 古いものばかり・・・。飾って楽しむことも考えると 新しい家具で いくら素敵な飾り棚や食器棚があっても 違和感があり、折角集めたものの個性を引き立てることができないからです。

自分が集めているものは 高尚なアンティークと呼ぶにはふさわしくないものばかりなので、それを収納する家具も、猫脚のアンティーク家具よりも もっと素朴な感覚のものばかりです。背伸びすることなく 自分らしい暮らしの形ができているのです。

古い家具の良さは・・・例えるなら、ベテランの個性派俳優のような存在だと思っています。同じものと出会うことは全くと言っていい程無く、個性的であること。そして、その家具が長い年月使われてきたことによる 深い味わいを持っていることです。イケメンでもなければ たくさんの人に好かれる人気者でもない 個性派俳優は 不思議な魅力で人を惹きつけます。古い家具もまた、飽きることない魅力を持ち続けられる存在なのです。

シンプルだけどとても素敵な和家具に出会いました。ガラス戸が引き戸なので やはり和風です。洋間に和家具は不釣り合いなので 思い切った色にすることにしました。日本製の古い食器を飾りたかったからです。白い食器が目立つように・・・花柄もモダン柄も なんだかいい感じ・・・。雰囲気もぴったりです。

こんな色の家具は 他にはないので 難しそう・・・と思われるかもしれません。でも、古い家具に囲まれた暮らしであれば きっと大丈夫。時に 主役の引き立て役に・・・その個性で 暮らしという作品にいい味わいを与えてくれることでしょう。ブリキの駄菓子ケースもいい味出してます。

Photo

|

« 真似は出来ません。 | トップページ | 小さなお手伝いさん。 »

リメイク・古家具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真似は出来ません。 | トップページ | 小さなお手伝いさん。 »