« 将来を見据えて。 | トップページ | ちょうどいい。 »

こだわりの先に。

こだわることって すごく大切なことだと私は思っています。

「好きだと言えるものを持っている自分になる。」

誰しもが 好きなものくらいあるに決まってる!と言うでしょう。あそこのケーキは甘さ控えめにも関わらず 濃厚な味わいで最高!・・・・そういう好きなものであれば 誰でもあるに決まっています。だけど、ここでいう「好きだと言えるもの。」には “こだわり”がなければ・・・というお話です。

受験進学シーズンなので 勉強する学生に例えると・・・何故 人は勉強するんでしょう。少しでもいい学校に入るため。将来 いい仕事について、人生を謳歌するため。いろんな理由があります。寝る間も惜しんで 眠い目をこすりながら、勉強に励む。どうして そんなに辛いことができるのでしょう。勉強が嫌いだった私が言えることじゃないかもしれませんが 勉学に勤しむ学生は きっと勉強が好きなのです。色んなことに興味が有り、知識を深めたいという思いが、他人から見れば 辛そうに見えることに向かっていく力として湧き出てきて、辛いという感覚よりも 楽しいという思いに突き動かされるのだと思うのです。

確かに “知る”ということは どんな年齢になっても必要だし、また 楽しいものです。この欲求は あらゆる人の人生において 忘れてはならない大切なことだと思います。

ただ、何に興味を持っているのかわからないという、勉強以前の事からスタートするとすれば、それを見つける努力をすることです。それをしないのは 実にもったいないことだと 私は思うのです。

何かのきっかけを見過ごすことのないように、自分と向き合うことで それが必ず見つかるはず・・・とそう思うのです。

人が生きるためには “衣・食・住”が必要です。裸で過ごす人はいませんから 着るものは大事です。食べずには生きられませんから 料理はできないと。暮らせる場所がなければ 明日を生きることは難しいので 雨風をしのげる環境は欠かせません。でも、最低限必要なものがあれば それで良し。と言い切れないのが この世の常です。

いいものを着て、うまいものを食べ、いいところに住みたい。人の欲求というのは そういうものです。でも、こういうことは 考えなくても 経済的に豊かであれば 誰にでもできることです。こだわりがなくても できてしまうことなのです。

そんな状況で こだわりを持って 「好きだと思えるものを持っている自分」になれれば・・・もしかしたら それが 漠然と感じている 「素敵な生き方をしたい」という気持ちを具体的に実践できる入口なのかもしれないと思うのです。

生涯をかけて 好きな分野の研究を続けたいと願う学生さんが ただ漠然と そう思っているだけでは 到底 いつまでたっても 目指す研究者になれないように、目指すからには 勉強し行動し、思い続ける強い気持ちが大切です。でもそれは 決して辛く面倒なことではありません。

勉強しなくなって久しい この私にも 生きていく上では 全く同じ事が言えると思っています。何事にも 興味を持ち、好きだと思えるものについて徹底的に調べて 自分のものにしていく・・・好きなものを知るのに 辛さや面倒くささは全く感じません。知らなくても生きていけるけど 知ることで この先の生き方に光を当ててくれる・・・私は そう思っているのです。

大型家具店を覗けば 人が暮らしていくのに必要なものばかりが 大量に置かれています。どの家具を選ぶのも自由です。家がモダンな造りだから モダンな家具を選びます。でも、自分らしいのか・・・と考える人は あまりいないような気がします。暮らすのに必要だから買わないと・・・そう考える人が多いのではないでしょうか。

モダンな感覚が好きだから モダンな部屋を選び、モダンな家具を揃える。余分なものを捨てることを考えるよりも 理にかなった考え方だと思います。そんな暮らしに似合う服はどんな服?食事をとる食器は モダンでなくて大丈夫かなぁ?

そんなことは 個人の自由です。誰に見せるものでもありませんから。自分が良ければそれでいいのです。

でも、こだわりを持ちながら 「好きだと言えるものを持っている自分になる。」ことを念頭に いろんなことに興味を持ち学び始めれば この上ない楽しみや喜びを見出すことに つながっていきます。実に魅力的だと思うのです。

好きなものはどんなものですか?それをずっと好きでいられますか?そう聞かれれば 「勿論!」と言える自分でいたいと思うのです。

Photo

|

« 将来を見据えて。 | トップページ | ちょうどいい。 »

思うこと」カテゴリの記事

食器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 将来を見据えて。 | トップページ | ちょうどいい。 »