« 想像は創造。 | トップページ | 新鮮な空気。 »

おもてなし。

私が小学校から中学校にかけての時代、近所の文房具店や雑貨店は それは賑やかなものでした。女の子向けの 雑貨や文房具は “可愛い”で溢れていたからです。

当時は、よく行っていたお店といえば 昆虫のバッジが景品だったくじ引きに熱中したり、スパイごっこのおもちゃに憧れたり、10円のガムを買えるような駄菓子のお店でした。そういうお店には 女の子は滅多に来ません。ところが 鉛筆を買いにいく文具店には 同年代の女の子がたくさん来ていました。文房具をはじめ たくさんのかわいい雑貨も一緒に売っていたからです。

陶器でできた人形や部屋を飾る置物・・・アクセサリーやコスメグッズ・・・お出かけ用のハンドバッグや手芸用品・・・女の子のワクワクするものがたくさんありました。男の自分には興味のないものばかり。でも どこかで自分でも意識していたように感じるのですが 女の子って自分よりずっと大人なのかも・・・という思いがありました。

だって、虫捕りに駆けずり回る自分と 女の子の興味は全く異次元のものだったからです。汚すことを前提にした格好と 学校から帰り わざわざ着替えて出かけてくる女の子との意識の差と言ったら・・・余りにもかけ離れたものがあった訳ですからね。プリントのワンピースに お花の髪飾り・・・勿論 そんな子ばかりではなかったけれど、どんなものに囲まれて暮らしているかの 想像はなんとなくついていた気がします。

女の子が女の子らしかった時代・・・その当時を知らない人には 誤解をされるかもしれないけど、清楚で可憐な女の子は 同い年でも確かに大人に見えたものなのです。今の時代、大人っぽく見えることはあっても 昔のそれとは 大きく違うような気がします。

懐かしい食器と出会いました。当時、ファンシーショップのコーナーで見かけたことのあるものです。身だしなみに気を使う女の子は 友達を招くとき、家で普段使うような食器でお菓子など振る舞いません。ファッションや身の回りのものにこだわりがあるから 食器にだってこだわります。細身の白のタートルネックのニットにタータンチェックのスカートといういでたちに合わせ、クッキーと紅茶で ゆったりとおもてなし。話題は 感動した映画や好きな音楽やファッションの話・・・キラキラした時間はこうして過ぎていくのかな・・・そんな風に思うのです。

時代は変われど、興味のあることにキラキラと目を輝かせることのできる好奇心や 知ることの喜びを感じることのできる心・・・それだけは この先も 同じものを持ち続けられる時代であって欲しいと思うのです。

Photo

ちなみに、ルネさんの表紙のジュニアそれいゆを一緒に写しましたが この食器のトマトはルネさんデザインではありません。ルネさんデザインの人気にあやかってデザインされたなんちゃって商品です。でも、当時の女の子のキラキラした時間を演出したものとして とても素敵だと思うのです。

|

« 想像は創造。 | トップページ | 新鮮な空気。 »

懐かしいもの」カテゴリの記事

食器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 想像は創造。 | トップページ | 新鮮な空気。 »