« トイレもお部屋。 | トップページ | 雑貨の効能。 »

隠れ家。

お店を見渡すと どこか間の抜けたような感じがしていました。それは、机はあれど椅子がない。テーブルはあれど椅子がない。ここのところ いい椅子との出会いが 無かったのです。

やっと先日、オールドカリモクと言われる ちょっと古めのカリモクのダイニングチェアに出会えました。一見、シンプルなビニールレザー張りの椅子ですが そこは やはりカリモク。背もたれのデザインがちょっとモダンで いい雰囲気です。

いい椅子との出会いとは 座れれば何でもいいという発想からは生まれてきません。合わせる家具の雰囲気・デザイン・・・または どんな場所で、どんな風に使うかによって 変わってくるものだと思います。

ミシン脚のテーブルに合わせるなら 例えば・・・スツールがイメージの場合と背もたれのある座り心地のいいウィンザーチェアなどがいい場合があります。カウンター替わりにするなら前者がいいでしょうし、長時間作業をするなら後者がいいでしょう。利用目的に合わせた椅子のチョイスは やはり大切なのです。

Photo_2

実は この椅子。前者でも後者でもありません。このデザインなら また違った解釈をすることができます。それは 後で お話するとして・・・

色違いをもう一つご紹介しますが、外国の公共施設で使われていたスチールの椅子に塗装を施した 雑貨メーカーが扱う椅子なのです。つまり ヴィンテージのリメイクの椅子なのですね。お値段もお手頃で ジャンクな雰囲気がすごくいい感じです。

Photo_3

こちらが色違い。ペールグリーンがうちのリメイクの机の色とぴったりです。

こういう椅子を合わせると、元は公共施設で使われていたものだけに 慣れ親しんだ自分の机というよりも 人影もまばらな図書館の机を借りている・・・という雰囲気。まるで人が来ないものだから 机いっぱいに資料を広げて何やら 調べ物・・・っていう感じです。そんな場所って 誰も知らない隠れ家みたいなものです。でも、この場合 自宅でも隠れ家的雰囲気が楽しめるってことだと思いませんか?私には そう見えるんですよね。

椅子一つで こんなイメージを広げられるんですから いい椅子との出会い もっと重ねたいですね。

|

« トイレもお部屋。 | トップページ | 雑貨の効能。 »

リメイク・古家具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トイレもお部屋。 | トップページ | 雑貨の効能。 »