« それじゃぁ、また。 | トップページ | 収穫を楽しむ。 »

流行り歌は聞きません。

私、最近の歌・・・CDを買う もしくは ダウンロードして聞くことは 全くありません。

自分自身が 年をとって 若い人の歌についていけなくなっている自覚はあります。仕事場では 常にラジオを聴いているので 最新の曲も もしかしたら すごく聞いている方だと思うけれど 買ってまで聴く・・・という行為には 結びつかないのです。

わざわざ CDショップに行かなくても 道端で音楽が買える時代・・・むしろ その手軽さが嫌なのです。ボタン一つで 買えるものは ボタン一つで消えていく・・・データとしての音楽は なんだか儚く感じます。手に入れる喜びが 薄いと思うのです。

CDというのも何かが違います。レコードを知っている私としては やはりレコードがいいのです。いい音で聴きたいと思うほど 凝ることができる。手軽じゃないところが 聞くものを選ぶ行為につながるわけです。

ポケットに入れるお手軽さもなく、部屋の一部を使ってまで聞くという行為・・・そこに 音楽に親しむ気持ちの重さがあると思うのです。

それに、音楽は 個人で楽しむもの。好きなものが見つかったなら それは 一生ものです。いつまでも大切にしたいものです。そんな時、大切にできる形というものがあると思います。やはり 形あるものです。データでは それを感じることができないのです。

なんとも離れがたく、心揺れるものと出会いました。昔の レコードを収納する小さなキャビネットです。上にはプレーヤーを置いて・・・音楽を楽しむ人のための 珍しい家具です。ガラス扉には LP盤を 小さな扉にシングル盤を入れれるようになっています。たくさんは入らないので お気に入りをチョイスして・・・昔の人の 音楽を楽しむ気持ちに溢れた家具だと思います。

ただ、思うのは・・・この持ち主だった人も 本当に 一生聴き続けられる音楽には出会えなかったのかもしれないと・・・時代が変わり 音楽の聞き方も変わり 音楽そのものが変わってしまう・・・そんな中で もし、本当に好きなものと出会えていたら、時代がどう変わろうが 好きなものを聴き続けられる環境を大切にしたはずです。勝手な想像だけど きっと流行り歌に 興味のあった人だったかもしれません。流行りが廃れれば、次の新しいものに取って代わり・・・の繰り返しですからね。

だから私は 流行り歌よりも 心に響く音楽をわざわざ探し歩くのです。ずっと付き合っていくものを。

Photo

|

« それじゃぁ、また。 | トップページ | 収穫を楽しむ。 »

リメイク・古家具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それじゃぁ、また。 | トップページ | 収穫を楽しむ。 »