« 一緒に作っている感じ。 | トップページ | ため息。 »

淡く微かに。

食器好きな私たち夫婦・・・今までどれほどの食器と出会ってきたのでしょう。出会っては別れてを日々繰り返してきました。

それでも その殆どは 好きで選んできたものばかりなので たったの一度しか出会えなかったものでも 記憶の片隅に残っているものです。派手だから印象にあり、シンプルで何てことないから忘れてしまう・・・という単純なことではありません。食器に興味のない人には わからないかもしれませんが 選ばれるには理由があり、その理由の一つ一つが記憶に残る鍵となっているのです。

そしてまた、きっと忘れることのできない食器と出会いました。オールドデュラレックスは 幾度となくこの場でも ご紹介してきましたが 私たちも見たことのないものでした。

デュラレックスは 今も人気のあるフランスの老舗食器メーカーですが かつて日本に輸入されたものの中には 良くあるクリアーガラスではなく、クリアーガラスに塗装が施されたカラーデュラレックスがありました。白・グリーン・オレンジ・イエローで わりとポップな色合いが特徴です。同じ時期、パイレックスにも同じようなカラーものがあり カラフルに彩られた食卓が目に浮かぶようです。たまに出会うのは このポップな印象のカラーデュラレックスだったのですが 今回出会ったのは それはそれは 淡くかすかに色づいたプレートでした。

写真ではうまく表現できませんでしたが 白は従来の白。イエローは 淡いレモン色。そして グリーンは 淡い青りんごの色。他の色もあったと思われますが 今回はこの3色。少し深さがあるので パスタ料理には ぴったりです。

シンプルで どこといって特徴のないプレートですが 淡く ほんのり甘い記憶を呼び起こしてくれそうで・・・・・忘れることのできないものとなりそうです。

Photo

|

« 一緒に作っている感じ。 | トップページ | ため息。 »

食器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一緒に作っている感じ。 | トップページ | ため息。 »