« 出会い、再び。 | トップページ | 甘いひと時。 »

広く深く。

多種多様なのが趣味の世界です。中でも モノを集める趣味というのは 誰しも一度は経験したことのある趣味だと思います。

「今は特に集めていません。」という人でも 思い返せば 子供の頃に 消しゴムやシールや 何でこんなものを・・・というものを集めた経験は 必ずあるはずです。その人にしかわからない価値観で モノを集める楽しさを感じていたのではないでしょうか。

子供の頃であれば なんの脈絡もなく集めていたけれど、大人のモノ集めには しっかりとした理由みたいなものがあることと思います。

うちは 夫婦揃って食器好きなので たくさんの食器に囲まれて暮らしています。職業柄 自然とそうなっているのかもしれませんが お客様にもたくさんの食器好きの方がいらして 同じように楽しんで下さっています。

おすすめする時、取っかかりとして インテリアに合わせた食器を選んで欲しいとお話します。シックなお部屋にポップな食器は ちぐはぐな感じがするからです。食器はインテリアと違い 「これで決まり!」と揃えてしまえばいいというものではありません。こんな食事の時には・・・お祝いの場面では・・・ホームパーティをするときは・・・お客様や友達が来た時は・・・と それぞれの場面や気持ちを表現できるものですから なんでもいいとは言いにくいわけです。だけど 色んな場面においても インテリアに合わせたテーマがあれば それに合わせた色んな食器を見つけることができるのです。一貫性があり きっと素敵な食卓になることでしょう。

でも、気分はその日によって変わったりして 違う傾向のものがよく思えたりすることもあります。本当なら 狭く深くと考える方が モノ集めは より玄人的なものになると思いますが、不意に出会った インテリアには似合いそうじゃないもの・・・それでも気になってしょうがない・・・それが気分というものです。想像すれば インテリアにあった食器がずらっと並ぶ食器棚が理想です。長い時間をかけて いずれそうなっている。そう思えることが理想です。

でもね。特にうちなんかは 好きなものがどんどん集まってくるので ある意味 一貫性はないように見えてしまうかもしれません。その理由がこちらです。

Photo

日本のモダンな古い食器です。夜のお酒を楽しむ雰囲気が大好きです。で、一方・・・

Photo_2

正反対の印象があるポップな食器も大好きです。シックに楽しみたい時もあれば 思いっきり賑やかにしたい時もあるわけです。

だから うちでは違う食器棚に収納しています。それぞれの印象に似合う食器棚です。本当なら 狭く深く集めたい・・・と思いたいところですが 広く浅くではなくて、広く深くと思いながらこれからも集めていくことになると思います。食器とは そういうものだと思っているからです。

|

« 出会い、再び。 | トップページ | 甘いひと時。 »

食器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出会い、再び。 | トップページ | 甘いひと時。 »