« イベントの終わりに。 | トップページ | 自分にお疲れ様。 »

重いけど大切な話。

温故知新・・・古きを訪ね 新しきを知る という言葉です。ほんとにそうだな~と心から思います。

でも、古いものばかりに気を取られ、新しいものを排除する・・・などと考えてはいません。ただ、私も 決して若くはなく 人生の半分を過ぎ、様々な経験をしてきた中で 生きることをどう考えるべきか・・・答えのない 旅を続けている最中にあります。一人の人として、何をし、何を伝え、何を残すことができるのか・・・その答えを探し求める中で、過去の尊敬するべき人の言葉や 残したものから 心に響くものを受け取ることが多く、本当に学ぶべきものは 本物を追求し続けてきた 先人の生き方の中にあると思うのです。

いい年をして 惑い、まだまだ いたらぬ自分は若輩だと思い知る。だから 知りたいと願い、探し続けるしかありません。もしも、生きる答えが見つけられるとしたら・・・そんなに素晴らしいことはない・・・と思います。誰しもに その答えは必ずあります。見つける努力をした人には 必ず見つかります。自分が生まれた理由が これだったのかとわかった時、それを知ることになる気がするのです。

お店には 古い家具を置いています。今まで よくぞ残っててくれました!と言えるような それは古い古い家具たちです。

什器替わりに使っているので、興味のない人には 目に入ることはありません。いいものなのに・・・と思っていても、嗜好は人それぞれ・・・興味のない人に おすすめする気はありません。でもね、そういうものと暮らすことで 「どんなものが見えてくるのか・・・」ってことには 興味を持って欲しいという気持ちはあります。

つまり、「可愛くて、珍しくて、いい家具なのでおすすめです。」ではないのです。こういう家具のある暮らしに身を置いた時に 感じること、思うこと、話すこと、行うこと、学ぶこと・・・様々なことに及ぶ気持ちが 一人ひとり違いはあっても 普通では見つけられないものを感じてもらえると思っているが故に、知ってほしいのです。

明日は どんな日になるだろう・・・そんな身近なことに気をもむ毎日だけど こういう古いものと関わる環境は 心の深いところに 目を向けるきっかけとなっているのです。

Photo_2 Photo_3

Photo_4

この場をお借りして、9周年感謝祭プレゼント抽選会の当選者を発表いたします。

江別市大麻 Nさま 会員番号186

札幌市白石区 Hさま 会員番号463

江別市 Nさま 会員番号489  以上3名の皆様です。当選おめでとうございます!

当選された方には ハガキでお知らせいたします。どうぞお楽しみに!!

|

« イベントの終わりに。 | トップページ | 自分にお疲れ様。 »

リメイク・古家具」カテゴリの記事

思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イベントの終わりに。 | トップページ | 自分にお疲れ様。 »