« 目の覚めるような。 | トップページ | 準備も楽しや。 »

日々の先にある未来。

毎日、お店の中を眺めていて こう思います。

「きっといつか、こんな暮らしをしよう。」

お店の中のディスプレーは ある意味、自分が思い描く暮らしの姿を映しているからです。

若い時より 味わいのある古いものに魅了され、家具や小物を含め これまで大切に ともに過ごしてきました。今まで 出会って手にしてきたものは 何にも代え難い宝物です。

でも、それらのもの達は 自分の中では 「きっといつか こんな暮らしをしよう。」と 若い時に思い始めてから 今に至るまで、まだまだ その過程にすぎないと思っています。じゃあ いつ実現しようとしているのか 自分に問いただしてみることにしてみました。

欲しいと思っていた家具や調度品が手に入った時。もう部屋に入りきらなくなってしまった時。「もう何もいらない。」って思えた時・・・が、実現する時とは 考えたこともありません。

昔も今も 思い描く同じ光景は・・・かみさんと たった2人での暮らしになった時のことです。

味わいのある家具に囲まれ、好きな食器を使いながら飾り、花のある暮らしをする。好きな音楽を聴き、好きな映画を見て、旬のものを肴に ゆっくりと夜を過ごす。時々は いい洋服を着て 出かけては 素敵な場所で いいお酒と音楽と雰囲気を満喫し、必要なものを探し続ける・・・。そして、時々 娘のことを思いやる・・・。

ごく普通の熟年夫婦の暮らしを送るために・・・今は あくまでその過程に過ぎないのです。いい家具と出会うことも、素敵な食器と出会うことも、いい音楽を買い集めるのも、いい本と巡り合うのも、庭の花を手入れするのも・・・全ては その時のためなのです。

完成などありえません。ずっとずっと 思い描くものに近づくために 私は 求め続けるのです。当然のことながら、今はまだ その時ではありません。日々を頑張って、頑張って過ごすのみです。いつか 必ずやってくる 穏やかな日々が訪れるまで・・・。

Photo  

|

« 目の覚めるような。 | トップページ | 準備も楽しや。 »

リメイク・古家具」カテゴリの記事

雑貨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目の覚めるような。 | トップページ | 準備も楽しや。 »