« 運動会。 | トップページ | ムードがなけりゃ・・・。 »

白黒の時代。

私の幼少の頃の写真は 白黒写真でした。だから 着ていた服の色や持っていたおもちゃの色を今となっては 知る由もありません。

テレビも白黒でしたから、出てくるスターの衣装やセットの華やかさは 想像することしかできませんでした。でも、何故かキラキラとして見えたのは 頭の中で 知らず知らずのうちに色をつけて 夢心地で見ていたからに違いないと思うのです。

今のテレビやカメラのように 色合いや鮮明さを追及したものには 驚かされますが、昔のように 想像や妄想させてくれたものを経験できて、良かったな~と思う自分がいます。見たままを写し、残すことも大事だけど 想像し、思いを馳せることができるってことも 大切なことのような気がします。

そんな白黒の時代のものには 色がなかったのか?・・・っていうと そんなことはありません。カラー時代の到来といわれたころは 原色に近いはっきりとした色合いのものが出てきたように思います。では その前の白黒の時代の色合いはというと・・・淡い色合いが多かったのかも・・・と気づくことができます。

この電気スタンドのような グリーンやピンクの淡い色合い。

白黒写真であれば 原色はより濃くなるので 黒っぽく写ったはずです。でも、こういう淡い色合いであれば 白でもなく黒でもない、淡い色合いに写ったのではないでしょうか。そういう色が 白黒の色のない時代に 柔らかく色を添えてくれたに違いないと 思うのです。

Photo

|

« 運動会。 | トップページ | ムードがなけりゃ・・・。 »

懐かしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運動会。 | トップページ | ムードがなけりゃ・・・。 »